Monumento

ocr-generated 国府台天満宮と述切り行事・

kawa_sanpo

2015/04/26

タグ: ocr-generated 千葉県 市川市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 国府台天満宮と述切り行事・
この天満宮は文明十一年(一四七九)、当地の鎮守として、太田道灌
持責が建立したと伝えています。もと法皇塚の頂部に祀られてい
ましたが、明治八年(一八七五)大学校設立の用地として、周辺地域が
買い上げられたとき農家と共に現在地に移されました。
この地域では古くから獅子舞・辻切りといった民俗行事が行われ
てきました。「辻切り」とは人に危害を与える悪霊や悪疫が部落に
侵入するのを防ぐため、部落の出入口にあたる 四隅の辻を、霊カに
よって遮断してしまうことから起こった名称です。
遮断の方法には注連縄を作って道に張るとか、大蛇を作ってその
カによって侵入してくる悪霊を追い払うというような方法がとら
れていますが、千葉県では南部の地方では注連縄を張る部落が多く、
北部の地方では大蛇を作る部落が多かったようです。
市川市でも昔は国府台、国分にかけた地域で盛んに行われた行事
でしたが、太平洋戦争後は世相の移り変わりとともに次第に廃れ、
今では昔の姿を伝えているのは、この国府台の辻切りだけどなって
しまいました。
辻切り行事は毎年一月一七日、この天満宮境内で行われ、ワラで
ニメートルほどの大蛇を四体作り、
御神酒を飲ませ魂入れをして、町
の四隅にある樹に頭を外に向けて
結び付けます。こうして大蛇は一
年間風雨にさらされながら、町内
安全のため目を光らせているので
樹にかけられる大蛇
|
す。
獅子舞については、その継承者
が各々の家の相続者に限られてい
たことと、社会情勢の変化等から、
昭和十三年を最後に継承が絶えて
しまいました。
に並べられた四体の大蛇 >
平成五年三月
東西南北の四つのは「当時)に響の大統を配
市川市教育委員会

テキスト化

monumento
2018-03-28 13:29 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/04/26)
タグ: ocr-generated 千葉県 市川市
kawa_sanpo (2015/04/26)
タグ: 北条氏政 徳川家康 市川市教育委員会 徳川家綱 小笠原政信 国府台合戦 千葉県 市川市
kawa_sanpo (2015/04/26)
タグ: 里見義弘 里見広次 正木内膳 石井辰五郎 千葉県 市川市
hanacoco (2015/01/27)
タグ: 江戸名所図会 長谷川雪旦 羅漢の井 雪堤 千葉県 市川市