Monumento

ocr-generated 、はしたわけのみこと くにとこたちのみこと

kawa_sanpo

2015/04/29

タグ: ocr-generated 東京都 足立区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 、はしたわけのみこと くにとこたちのみこと
よん ほう
神社
当社は日本武尊、誉田別命、国常立命の三柱を祭神
とし、末社に三峯社、客殿等がある。
古代に日本武尊が海岸線の近くにあったこの場所
に着いたので、浮島明神として祭祀し、文保二年(一
三八) 武蔵国足立郡 島根村の鎮守として中興され、
大鷲神社と唱えたという。島根村は現在の島根・梅
島・中央本町・平野・ニッ家などを含む大村であった。
村内に七祠が点在し、元禄の頃、このうち八幡社 誉田
別命、明神社国常立命の二柱の神を合祀し、三社明神
の社として社名を鷲神社に定めたという
「この地域はもと風光に優れ、徳川吉宗の鷹場の故事
に関わり、地元教育にも尽力した吉田順庵家塾や画の
市祭祀等の伝えが知られている。
社殿は氏子中の寄進により、昭和三十二年九月再建
され、境内の整備も行われた。祭礼時に神楽殿で奉納
される島根ばやしは昭和五十七年十二月に、島根神代
鷲神社の南に古代の海岸
象といわれる所があり、島
の根の様なこの微高地は一
度も洪水にあわず、周囲が
田坂の時代は、水面に緑が
足立区指定第7号
保存樹林
たかは
よしだしゅんあんかじゃくとり
形代 納
神楽は同六十三年十一月に、それぞれ足立区登録無形
民俗文化財となった。また、境内にある享和二年(一
八O)在銘の明神型石造鳥居は、千住四丁目の石
エ・保永助七の手によるもので昭和六十年十二月、足立
区登録有形文化財(建造物)となった。
平成二十四年三月
足立区教育委員会

テキスト化

monumento
2018-03-28 13:29 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 東京都 足立区
kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 東京都 足立区
kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 東京都 足立区
kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 東京都 足立区