Monumento

ocr-generated などの高放則受ルラ

kawa_sanpo

2015/04/29

タグ: ocr-generated 埼玉県 草加市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated などの高放則受ルラ
こ造物に刻まれた「不」の記は弱治(八六)年、内窓えだ授等が
イギリスの測技師の指導のもと、同年八月から一年間かけて
家族・ 闇の水準測とえ施したとき彫られたものです。
記号は「高低測元(き)」といい、現在の水準にあたります。
この石造物は神明宮のかっての鳥居の巻(礎どで、当時、記号を
表示する標には主に既存のぶ造物を利用していました。
この水準点の標高は、四・五「やーメートルでした。
その後、明治十七年に測堂部門は、ドイツの彦当然謀本部副局
に吸収され、内務省の測結果は使われませんでした。
しかし、このようた標石の存在は測堂上の貴金な感史資料といえます。

テキスト化

monumento
2018-03-28 13:28 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 埼玉県 草加市
kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 埼玉県 草加市
kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 埼玉県 草加市
kawa_sanpo (2015/04/29)
タグ: ocr-generated 埼玉県 草加市