Monumento

ocr-generated たいしょうえん

kawa_sanpo

2015/05/10

タグ: ocr-generated 静岡県 沼津市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated たいしょうえん
そぼうけ
すえひでらんけい
かいほせいりょう
か き めいぼく
「まるやま は
帯笑園 沼津市原字御殿場
帯笑園は、東海道原宿の素封家であった植松家の私園でした。
その名称は、六代当主興右衛門季英(蘭渓)の請いにより、江戸
の漢学者海保青陵が命名しました。
戦国時代末ころに作庭されたとも伝えられますが、江戸時代
後期の蘭渓の代にほぼ庭園の全体の姿ができあがり、その後も
代々の当主が花井銘木の収集や園内の整備に努めてきました。
「幕末から明治期には街道一の名園と讃えられ、東海道を往来
する大名、公家、文人などが訪れ、植松家で収集した京都円山派
などの書画とともに鑑賞されました。
江戸参府の際に訪れたオランダ商館のドイツ人医師で博物学
者のシーボルトは、その紀行文の中で「私がこれまでにこの国
で見たもののうちでいちばん美しく、観賞植物も非常に豊富で
ある。」と絶賛しています。
東海道に南面して建てられていた居宅の奥が、土蔵や離れ、
育成畑などに囲まれた庭園となっていました。
庭園は、延べ段の通る狭い庭を境に前庭と奥庭に分かれてお
り、奥庭は築山や枯山水の滝組などのある伝統的な庭園を主体
とし、牡丹や芍薬の花壇、藤棚が設けられていました。前庭に
ぼたん
さくらそうまつばらん
せっこく
は温室が付属し、名のある松や蘇鉄などの盆栽、桜草、松葉蘭
や石触などの当時流行した珍しい品種や舶来の花卉類の鉢植え
が並べられていました。
その後、時代の変遷とともに、敷地は半分ほどに縮小し、貴
重な植物も多くは失われてしまいました。
沼津市では、この庭園が東海道原宿に芽生えた花卉園芸文化
の盛隆を伝えるものとして、顕彰し、その継承と活用を図るた
め、景観を復元する整備を進めています。

テキスト化

monumento
2018-03-28 13:24 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/05/10)
タグ: 東海道原宿 東海道 auto-translate 静岡県 沼津市
osawagase (2014/09/15)
kawa_sanpo (2015/05/10)
タグ: 東海道 東海道原宿 静岡県 沼津市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 一里塚 静岡県 沼津市