Monumento

菩提院大御堂(通称、十三鐘)

kochizufan

2015-05-06

タグ: 興福寺 梵鐘 玄昉僧正 阿弥陀如来坐像 児観音立像 鐘楼 1436 十三鐘 春日神鹿 近松門左衛門 奈良県 奈良市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Providing hospital fudasho (aka, 13 bells) Hospital is usually the high priest g. 昉 Bishop of the Nara era (? -746) the one was built as a unicameral reportedly have been founded, but actually mourn the Bodhi chrysomelidae and g. 昉.
Amida Nyorai Buddha's (Kamakura era and an important cultural asset) in another child statue will rest.
Bell hangs in the belfry casting 0/1436 (1436), once night at 12 (2 hours is temporary for now) in addition, in the morning ritual: (between dawn 七 two and six) struck Bell was from the 13 bells known as well known hospital. There is suffused, Midosuji Grand vestibule, accidentally wounded deer of Kasuga God boy 3 made of 石子詰 with traditional mounds.
Famous in the Genroku era, covering this legendary Chikamatsu Monzaemon, Joruri 13 Bell 草shita. Hosso sect Dai kohfukuji Temple

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 提供医院 fudasho (aka,13 钟声)
医院通常是大祭司 g.昉主教的奈良时代 (? -746) 一建为一院制据报已经成立,但实际上悼念菩提叶甲科和 g.昉。 如来阿弥陀佛的 (镰仓时代和重要的文化资产) 在另一个儿童雕像会休息。
钟悬挂在钟楼铸造 0/1436年 (1436),一旦晚上在 12 (2 小时是临时现在) 此外,在早上的仪式: (之间黎明七两和六) 被触击的贝尔是从已知以及已知的医院 13 响铃。
泛,御堂筋大前庭、 意外受伤的鹿的春日神男孩 3 由石子詰与传统的土墩。 著名覆盖这传奇的物语 Monzaemon,净 13 钟草shita 元时期。
Hosso 教派岱庙 kohfukuji

菩提院大御堂(通称、十三鐘)
 本院はふつう、奈良時代の高僧玄昉僧正(?〜七四六)の創建と伝えられるが、実際はむしと、玄昉の菩提を弔う一院として造営されたものであろう。本尊は阿弥陀如来坐像(鎌倉時代、重要文化財)で別に児観音立像 が安置される。
 鐘楼 に掛かる梵鐘 は永享八年(1436)の鋳造で、かつて昼夜十二時(一時は今の二時間)に加えて、早朝勤行時(明けの七ツと六ツの間)にも打鐘されたところから、当院は「十三鐘」の通称でも親しまれている。
 なお、大御堂前庭には、春日神鹿 を誤って殺傷した少年三作を石子詰の刑に処したと伝承される塚がある。元禄時代、近松門左衛門 がこの伝説に取材して、浄瑠璃「十三鐘」を草したことは有名である。
法相宗大本山 興福寺

テキスト化

ogaworks
2015-05-18 09:40 (336)
ogaworks

コメント・周辺画像

kochizufan kochizufan 約7年

菩提院大御堂(通称、十三鐘)

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kochizufan (2015/05/16)
タグ: ocr-generated 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/12/28)
タグ: ocr-generated 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/16)
タグ: ocr-generated 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/06)
タグ: 未完 御神木 松 樹木 マツ 奈良県 奈良市