Monumento

右近橘(うこんのたちばな) Citrus tachibana Tanaka

kochizufan

2015/05/16

タグ: 興福寺 桓武天皇 右近橘 ヤマトタチバナ 京都御所 紫宸殿 auto-translate 樹木 奈良県 奈良市

案内板

auto-translate Ukon Tachibana (ukonnnotachibana) Citrus tachibana Tanaka Evergreen shrubs of the rutaceae. Native to the area near the sea of Japan in the Japan Islands from Taiwan. The only citrus in Japan since ancient times the wild, also known as Yamato Tachibana said. Erect and thick branches are 4 meters length 3-and narrow-ovate, thin serrated leaves with 5 mm of length 5 cm, fleshy thin green leaf color is medium, flowers are single positive terminal or axillary, Calyx in green v crack and, petal is white five photos, half of in. Flower diameter 2 cm, the pistil is one the Stamen in about 20 books, flowering in May - June. Fruit has a flavor similar to both inside and outside the yuzu 6 grams, diameter 3 cm, ripen to yellow flat, peeling skin is easy. Bag number is 8 and outside the soft yellow flesh is much soup with the sour highly edible suitable. In large poly embryonic seeds, green is the color of the embryo. The tree upright and the garden trees. And the Kyoto Imperial Palace shishin "hidariticaz" as well as "左近no桜", improved species of wild Tachibana said.
Beginning Emperor kanmu planted Sakura and Tachibana on either side of the floor of the shishinden, left (East) left imperial guards (s.Konoe) Prefecture, right (West) right guard and was so called because it was stuffed with Government and security officials who tell.

Fuji planted instead of the cherry blossoms in the Kofuku-ji in the family Temple of the Fujiwara clan, said "hidariticaz", "Sakon Wisteria".
--- Trees

auto-translate Ukon 花美 (ukonnnotachibana) 柑橘橘田中
芸香科植物的常绿灌木。 原产于日本群岛日本海附近从台湾。 日本自古野外只柑橘,也被称为大和橘说。 直立和厚厚的分支是 4 米 3 和窄卵形,薄长度的锯齿状的叶片,以 5 毫米长度 5 厘米,肉质,薄薄的绿色叶片的颜色是媒介、 花是单一的正极端子或腋生,花萼绿色 v 裂纹和花瓣是白色的 5 张照片,在上半年。 花直径 2 厘米,雌蕊是雄蕊约 20 的书,在 5 月-6 月开花。 水果的味道类似于内外柚子 6 克,直径 3 厘米,成熟到黄色的公寓,剥落的皮肤很容易。 包数是 8,外面软黄色果肉是酸多汤高度食用合适。 在大型聚胚胎种子,绿色是胚胎的颜色。 这棵树直立和园林树木。 并改进的物种的野生立花美京都皇宫希申"hidariticaz",以及在"左近no桜"时,说。 开始天皇种植樱花和立花美两边的 shishinden,地板左 (东) 左羽林军 (sakonoe) 地区,右 (西) 右后卫,这样称呼是因为它塞满了政府和安全官员告诉。
富士种植的樱花在兴福寺家庙的藤原氏族,却说"hidariticaz","左近紫藤"。

---
树木

右近橘(うこんのたちばな) Citrus tachibana Tanaka
 ミカン科の常緑低木。台湾から日本列島の暖地の海に近い地方に自生する。日本に古くから野生した唯一の柑橘で、別名ヤマトタチバナ ともいう。直立性で高さ4メートル枝は密生し、長さ3~5ミリの刺をもつ、葉は狭卵形で細い鋸歯があり、長さ5センチ、葉肉は薄く、葉色の緑は中位、花は頂生または葉腋に単正する、萼は緑色で五裂し、花弁は白色で五枚、半開性である。花径2センチ、雌しべは一本、雄しべは約20本で、5-6月に開花する。果実は扁平で直径3センチ、黄色に熟し、6グラム内外、ユズに似た香りがあり、剥皮は容易である。袋数は8内外、果肉は淡黄色で柔らかく多汁であるが、酸味が強く食用には向かない。種子は大きく多胚性で、胚の色は緑色である。直立性の樹姿は美しく、庭園樹とされる。京都御所 紫宸殿 の「右近の橘」は「左近の桜」とともに名高く、野生のタチバナの改良種であるといわれている。桓武天皇 が紫宸殿の階(きざはし)の左右にサクラとタチバナを植えたのに始まり、左(東)は左近衛(さこのえ)府、右(西)は右近衛府と警護の官人が詰めていたので、そうよばれるようになったと伝える。
 藤原氏の氏寺である興福寺 ではサクラの代わりにフジが植えられ、「右近の橘」「左近の藤」と言われています。

---
樹木

テキスト化

hanacoco
2016-02-03 23:33 (6)
hanacoco
tenma
2015-09-05 09:20 (577)
tenma

コメント・周辺画像

kochizufan kochizufan 1年以上

右近の橘

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kochizufan (2015/05/16)
タグ: 鎌倉時代 813 藤原冬嗣 1741 auto-translate 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/16)
タグ: 賓頭盧 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/16)
タグ: 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/16)
タグ: 興福寺 藤原冬嗣 水野石見守忠貞 水野忠貞 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/23)
タグ: 猿沢池 采女神社 采女 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/08/30)
タグ: 采女 謡曲史跡保存会 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/08/30)
タグ: 采女まつり 猿沢池 采女神社 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/05/16)
タグ: 奈良県 奈良市
kochizufan (2015/08/30)
タグ: 奈良坊目拙解 手力雄神社 奈良県 奈良市