Monumento

瀧泉寺(目黒不動尊)

hanacoco

2015/05/20

タグ: 慈覚大師 五色不動 瀧泉寺 目黒不動尊 江戸の三富 前不動堂 勢至堂 青木昆陽の墓 目黒区教育委員会 東京都 目黒区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Ryusenji Temple (Meguro fudoson Temple)

Infraorder black 3-20-26
Tian Tai Hiei 山瀧 is said to have founded 0/808 (808) jikaku-Daishi Temple is the deity Acala, and commonly known as "Meguro fudoson" familiar call. Construction of towers made by devotees of the third Shogun Tokugawa Iemitsu in Edo period and thereafter received a thick protection of the shogunate. Also widely gathered the people of faith as the Goshiki-steadfast (Meguro, mejiro, eyes red and yellow eyes, blue eyes), became a famous resort in the Edo suburbs with the town was much.
In addition to the Edo period made with the lottery, along with yushima Tenjin and Yanaka, induction, Temple was referred to as "Edo santome area".
The old precinct building, was destroyed by a war that most escaped disaster before fudo-do (capital designated cultural asset) and the ikioiita Dang (-designated cultural asset) is today, an invaluable glimpse of Buddhist architecture in the Edo period.
Other precincts, pedestrian Office image of bronze, "bronze Vairocana statue" (both district-designated cultural asset) and Deva left pond close to the enshrined deity Ebisu "Yamanote gods" one single.

Back Hills region is confirmed remains until the age of Yayoi from the Jomon period, tombs of the cemetery is also known as sweet potato Professor Aoki Kunyang (national historic site).
3/2009 Meguro City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Ryusenji 寺 (目黑南寺)
里黑 26/3/20

田泰比睿山瀧,据说已成立 0/808 (808) 慈觉大师寺是阿卡拉,神和俗称"目黑南"熟悉的怪叫。
塔建设在江户时代由三幕府将军德川德川家光信徒,此后收到幕府的厚厚的保护。 此外广泛收集到的五色坚定 (目,mejiro,眼睛红色和黄色的眼睛,蓝色的眼睛),作为信仰的人们成为江户郊区以城著名的度假胜地很多。 除了彩票,以及汤岛天神与矢中,感应,取得于日本江户时期寺被称为"江户桑托梅区"。
建设、 旧区毁于一场战争大部分逃脱灾难前不动做 (资本指定文化资产) 和 ikioiita 荡 (-指定文化资产) 今天,佛教建筑在江户时代宝贵一瞥。
其他专用区,行人办公形象的青铜器,"铜像佛殿"(这两个区指定的文化资产) 和德瓦离开了池塘附近的供奉的神惠比寿"山神"一单。
背山地区是确认的遗体直到弥生从绳纹时代的墓地墓葬的年龄也被称为是甘薯教授青木昆阳 (国家历史遗址)。

2009 年 3 月
目黑市教委

瀧泉寺目黒不動尊
    下目黒3-20-26

 天台宗泰叡山瀧泉寺は、大同3年(808)に慈覚大師 が開創したといわれ、不動明王を本尊とし、通称「目黒不動尊」と呼び親しまれています。
 江戸時代には3代将軍徳川家光の帰依により堂塔伽藍の造営が行われ、それ以後幕府の厚い保護を受けました。また、五色不動(目黒・目白・目赤・目黄・目青)の一つとして広く人々の信仰を集め、江戸近郊における有名な行楽地になり、門前町とともに大いに賑わいました。さらに江戸時代後期には富くじが行われるようになり、湯島天神と谷中の感応寺と並んで「江戸の三富」と称されました。
 境内の古い建物は、戦災でその大半が焼失しましたが、「前不動堂」(都指定文化財)と「勢至堂」(区指定文化財)は厄災を免れ、江戸時代の仏堂建築の貴重な姿を今日に伝えています。
 その他、境内には「銅造役の行者倚像」、「銅造大日如来坐像」(ともに区指定文化財)があり、仁王門左手の池近くには「山手七福神」の一つの恵比寿神が祀られています。
 裏山一帯は、縄文時代から弥生時代までの遺跡が確認され、墓地には甘藷先生として知られる青木昆陽の墓(国指定史跡)があります。

 平成21年3月
 目黒区教育委員会

テキスト化

yuraichan
2015-05-21 21:09 (527)
yuraichan
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/05/20)
タグ: 白井権八 小紫 後追い心中 東京都 目黒区
hanacoco (2015/05/20)
タグ: 慈覚大師 円仁 東京都 目黒区
hanacoco (2015/05/20)
タグ: 目黒区教育委員会 1796 東京都 目黒区
gotosheng (2016/10/17)
タグ: 坂 東京都 目黒区