Monumento

ocr-generated 南側用水路の由来。

kawa_sanpo

2015/05/23

タグ: ocr-generated 埼玉県 杉戸町

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 南側用水路の由来。
南側用水路は、江戸時代初期の万治3年(1660年)、
利根川筋・本川俣村に葛西用水の取水口が作
られた際に、その支流として当時の幸手領南
側一帯(幸手市から杉戸町を経て春日部市まで)
に農業用水を供給するために設けられました。
杉戸町を9.5kmに渡り流れる南側用水路は、
大切な農業用水路としての役割を果たすとと
もに、清らかな水に魚が泳ぎ、沿線の人々の
生活に深く係わりながら、身近な水辺として
親しまれてきました。
しかしながら、農業用水のパイプライン化
により、昭和63年3月に300年あまりに渡る用。
「水路としての役割を終えました。
3. 南側用水路の跡地は杉戸町の貴重な都怖空
一間であり、町民共通の財産でもあります。
この遊歩道は、貴康な南側屈水路の跡地を
町民の皆さんにより親しんで頂けるように、
遊歩道として整備したものです。。
和60年頃のようす
平成の在り戸
完畿のようす

テキスト化

monumento
2018-03-28 13:21 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/05/23)
タグ: 杉戸町教育委員会 埼玉県 杉戸町
kawa_sanpo (2015/05/23)
タグ: 杉戸町教育委員会 郡区町村編成法 埼玉県 杉戸町
kawa_sanpo (2015/05/23)
タグ: ocr-generated 埼玉県 杉戸町
kawa_sanpo (2015/05/23)
タグ: 松尾芭蕉 奥の細道 埼玉県 杉戸町