Monumento

江戸・東京の農業 品川ネギとカブ

hanacoco

2015/05/29

タグ: 江戸東京の農業 品川ネギとカブ 品川カブ 東京都 品川区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Detached, Tokyo agriculture Shinagawa leeks and turnips Facing Edo Bay, Shinagawa, agriculture and fisheries and support the town flourished as a port town since the middle ages, the town was thriving.
-Non-intensive agriculture spread especially Meguro River, River trading low drained zone with EBARA plateau upland rice for making mainly wheat and millet was done most quickly in the EBARA County vegetables, developed as a producer.
Mioya Edo into Leek's (1573-92) to spread the cultivation of Onion is beginning from the Osaka area by settlers cultivated in St (now Koto-ku) is the same as the Shinagawa, brought settlers from Shinagawa-Juku area Shinagawa Leek as the region has.
Also orig 0/1804 (1804) to "illustrated guide to forming" is marked by long turnips were grown as a winter Pickles "Shinagawa turnip", according to the Tokaido road-Juku village usually book 0/1843 (1843) and Oi Shinagawa leeks, carrots, togoshi shoots is described as a specialty.
Then shipping city in the Edo vegetable production was moved to center the Osaki area Edo urban development.
Heisei 9 JA Tokyo group

Agricultural cooperative law enforcement 50 anniversary
*** Edo Tokyo of agriculture

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 分离,东京农业品川韭菜和萝卜
面对江户湾、 品川、 农业和渔业和镇繁荣起来,成为一个港口小镇自中世纪以来的支持,该城蓬勃发展。 -非-集约农业传播特别是目河、 河贸易低排水的带荏原高原旱稻为荏原县蔬菜,使主要是小麦和小米进行最快速开发作为一个制作人。
三祖江户到韭菜的 (1573年-92) 对传播的洋葱种植开始从大阪地区定居者在 St (现在江东) 栽培是品川区,带来移居者从品川补习地区品川韭菜,由于该区域具有相同。
此外 orig 0/1804年 (1804)"至形成图解指南"标记由长萝卜都作为冬季泡菜"品川萝卜"长大了,根据东海路补习村庄通常预订 0/1843年 (1843) 和 Oi 品川韭菜,胡萝卜,户越芽被描述作为一个专业。
然后在江户蔬菜生产发货城市移到中心大崎地区江户城市发展。
平成 9 JA 东京组
农业合作社法执法 50 周年

***
江户东京的农业

江戸・東京の農業 品川ネギとカブ
品川は江戸湾に面し、中世以来の港町、宿場町として栄え、町を支える漁業や農業も盛んでした。とくに目黒川、立会川流域の低湿田地帯と荏原台地に広がった畑地で、年貢のための稲作を中心に麦や雑穀を作る粗放的農業がおこなわれていましたが、野菜は荏原郡のなかでも最も早く産地として発展しました。
 江戸にネギが入ったのは天正年間(1573~92)に大阪方面から入植者によって、砂村(現在の江東区)で栽培されたのが始まりですが、品川も同じで入植者が持ち込んだネギの栽培は品川宿の周辺から広がり「品川ネギ」として産地化しました。
 また、文化元年(1804)に著された「成形図説「には越冬用漬物として栽培された長カブ「品川カブ」が記され、天保14年(1843)の「東海道宿村大概帳」によると、品川ネギ、大井ニンジン、戸越のタケノコが名産として記されています。
 その後、江戸市中へ出荷する野菜の生産地は江戸市街地の発展により、多い、大崎地区を中心に移っていきました。
平成9年度JA東京グループ
農業協同組合法施行五十周年記念事業

***
江戸東京の農業

テキスト化

hanacoco
2016-10-21 18:44 (480)
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/05/29)
タグ: ocr-generated 東京都 品川区
itog (2015/01/01)
タグ: 徳川家光 品川区教育委員会 品川宿 嶋田長太郎 東京都 品川区
itog (2015/01/01)
タグ: 品川区教育委員会 1872 品川神社 1583 天王祭 太太神楽 東京都 品川区
itog (2015/01/01)
タグ: 徳川家光 品川区教育委員会 堀田正盛 亀岡政重 後藤光利 東京都 品川区