Monumento

水辺観察園へようこそ

kawa_sanpo

2015/06/13

タグ: 東京都 練馬区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Welcome to the Edge Observing Garden ○ History of the Waterside Observing Park This was once a fishing poth here, but closed around 1987, it was acquired as a park site. It was said that Sanbuji Teraike was a paradise for dragonfly, but the environment was getting worse due to depletion of spring water and so on. For this reason, the Tokyo Metropolitan Government worked on restoring nature, aiming to create an environment where dragonflies could live, and repeated discussions with residents&39; groups from the planning stage, and in June 1989 the waterside observation park was completed. It consists of waterways, wetlands, ponds, forests and grasslands, and the water source is about 500 m 2 / day well. The total area is approximately 4,200 m². The temple Tokyo has set the purpose of maintenance of the waterside observation park as follows. "In order to raise the landscape of the waterfront, old pond water, flora and fauna that the former Sanbu-ji Temple would have had, and to encourage visitors to recognize the value, to increase the momentum of protection and natural recovery of Sanbu-ji Temple ○ Maintenance and management work Many of the plants seen in this waterside observation park are precious plants native to Musashino native plants and now native to the Nerima Ward and now they are less valuable. In this waterside observation park, we were able to confirm 405 species of wild plants of the grass and woody plants (38 of the designated important species in Tokyo). (Number of species is 2006, "Survey record of" Wild birds and nature association in Shakujii Park "survey record) Maintenance management work is conducted by Tokyo Metropolitan Government Park Association, a designated management organization in Tokyo that manages this park, and volunteer organizations "Shakujii Park wild bird and nature association" is carrying out work area sharing. ○ Flowers commonly seen at waterside observation garden (spring) Ninnimori, Mitsugashiwa, Murasakikeman, Kusanoowa, Okinawa, Koujon, Asaza, Shiga (summer) Hangeho, Muzihozuki, Firefly brush, Noh shrimp, Futui, Hime gum, Ubayiri, Nokanzou, Sennen saw, Miso Haki (Fall) Please observe the following to protect precious wild plants Requests to visitors: Fox flea market, Shiroyomena, Shirobana sakuratade, Kurobana, Mizuhiki, Kinmizuki, Sakuratade, Misozobasa, Suzuki, Pleurotus otter, Oriental garden ○ Please observe the following. ① To protect plants and soil, do not enter the fence. ② Do not collect organisms such as plants, insects and fish. Collection of living things is prohibited by the Tokyo ordinance. ③ To keep the ecology of the waterside observation garden well, (Do not introduce living things from other species (of alien species, horticulture species). March 2011 Shakujii Park Service Center

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 欢迎来到观赏园○水边观测公园的历史这里曾经是一个钓鱼场,但在1987年左右关闭,被作为公园用地。据说三步寺是蜻蜓的天堂,但因泉水枯竭等原因,环境日益恶化。为此,东京都政府致力于恢复自然,旨在营造蜻蜓生存的环境,并在规划阶段与居民团体反复讨论,并于1989年6月完成了水边观测园。它由水路,湿地,池塘,森林和草原组成,水源约500m2 /天。总面积约为4200平方米。寺院东京设定了水边观察公园的维修的目的如下。 “为了提高原桑巴寺池塘所拥有的滨水,古池水,动植物的景观,让游客认识到其价值,加强三宝寺保护,恢复自然恢复○保养和管理工作在这个水边观察公园看到的许多植物是原产于武藏野本地植物的珍贵植物,现在在练马区,原本是价值较低的植物。在这个水边观察公园,我们能够确认405种草本和木本植物的野生植物(在东京指定的38种重要物种)。 (物种数量是2006年)“石神公园的”野鸟与自然学会“的调查记录)监视和维护工作由东京都指定的管理机构东京都公园协会管理的志愿者组织“石神公园野鸟与自然协会”正在开展工作区分享。 ○在水边观察花园(春天)常见的鲜花宁乃森,三之光,木垣造人,草楠,冲绳,小田,朝鲜,滋贺(夏天)Hangeho,木子鹤,萤火虫,Noh虾,Futui,Hime口香糖,Ubara百合, (秋季)为了保护珍贵的野生植物,请注意以下几点:狐狸跳蚤市场,Shiroyomena,Shiroyana樱花,Kurobana,Mizuhiki,Kinmizuki,Sakuratade,Misozoba,铃木,Kitashita,猫头鹰。 ①为了保护植物和土壤,不要进入围栏。 ②不要收集植物,昆虫和鱼类等生物。东京法令禁止收集生物。 ③为保持水边观测园的生态,(不要引入其他物种(外来物种,园艺物种)的生物)。 2011年3月石神公园服务中心

水辺観察園へようこそ

○水辺観察園開園の経緯について
 ここは、かつて釣堀となっていましたが、1987年頃釣堀が閉鎖、公園用地として買収されました。以前三宝寺池はトンボの楽園といわれましたが、湧水の枯渇などにより環境が悪化していました。そのため、東京都は、自然の復元に取り組み、「トンボの住める環境づくり」めざし、住民団体と計画段階から協議を重ね、1989年(平成元年)6月、水辺観察園が完成しました。水路・湿地・池・樹林・草地から構成され、水源は約500㎡/日の井戸です。総面積は約4,200㎡です。
 当寺東京都は水辺観察園の整備目的を次のように定めました。
 「かつての三宝寺池が有していたであろう水辺の景観、澄んだ池水、動植物をよみがえらせ、その価値を来園者に認識してもらい、三宝寺池の保護と自然回復の機運を高めるための基盤とする。」

○維持管理作業について
 この水辺観察園で見られる植物のおおくは、武蔵野に自生し今は少なくなった植物や練馬区に自生し今は少なくなった貴重な植物です。この水辺観察園では、405種の草本・木本の野生植物(うち東京都の指定重要種38種)が確認できました。(種数は2006年、「石神井公園野鳥と自然の会」調査記録)
 維持管理作業は、当公園を管理する東京都の指定管理団体である「公益財団法人東京都公園協会」とボランティア団体の「石神井公園野鳥と自然の会」が作業区域を分担しておこなっています。

○水辺観察園でよく見られる草花
(春)ニリンソウ、ミツガシワ、ムラサキケマン、クサノオウ、カキツバタ、コウホネ、アサザ、シャガ
(夏)ハンゲショウ、ミゾホオズキ、ホタルブクロ、ノハナショウブ、フトイ、ヒメガマ、ウバユリ、ノカンゾウ、センニンソウ、ミソハギ
(秋)キツネノマゴ、シロヨメナ、シロバナサクラタデ、ツリフネソウ、ミズヒキ、キンミズヒキ、サクラタデ、ミゾソバ、ススキ、キチジョウソウ、アワコガネギク

○来園者へのお願い
 貴重な野生植物を保護するため、次のことをお守りください。
①植物や土壌を保護するため、柵内には立ち入らないこと。
②植物・昆虫・魚類等生物の採取はしないこと。生物の採取は都条例で禁止されています。
③水辺観察園の生態系を良好に保つため、(外来種・園芸種はもちろん)他から生物を持ち込まないこと。
2011年3月
石神井公園サービスセンター

テキスト化

tenma
2017-12-27 14:09 (981)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 太田道灌 石神井城 豊島泰経 小机城 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 天然記念物 三宝寺池沼沢植物群落 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 太田道灌 練馬区教育委員会 石神井城 豊島泰経 上杉顕定 長尾景春 1477 照姫 東京都 練馬区