Monumento

石神井城の中心内郭跡

kawa_sanpo

2015/06/13

タグ: 太田道灌 石神井城 豊島泰経 小机城 東京都 練馬区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Shinjukui castle in the center of Kamii castle is located in the present Taito Ward, Bunkyo Ward, Toshima Ward, Kitaki Ward, Arakawa Ward, Itabashi Ward, Adachi Ward, Nerima Ward and others in the late Heian period and the Muromachi period It is one of Mr. Toshima&39;s residences who had power in the area. The castle of the castle was thought to be the latter part of the Kamakura period, fell castle by Ota Orihi on April 28th civilization (1477) and became abandoned castle. According to "Ota Wataru Ichiba", the last castle owner Takeshima Yasunaga lost to Hiratsuka Castle (Nishi-ku Nishigahara) after Shingakui castle castle, and on January 25th the following year, I&39;m running to the desk (Yokohama city). Afterwards Taisyun&39;s footsteps are not left in the literature as records. It is estimated that the castle was built on the plateau sandwiched between the Shakujii River and Sanbu Terao Pond and it was around 9 hectares in total. At that time, the castle built a place (Guo) where the land was divided into rectangles with the base and pit and made it a defensive facility. For example, it is thought that the east side of the castle was partitioned by a pit of about 7 meters wide at about 100 meters from here, while the west side is about a width of about 9 meters in the place about 22 m from here It was demarcated by the pit and the soil base. Also, the north side and the south side were defended using the natural terrain called Samboji - ji and Shakujii river. This place is the Guo who is the center of the main castle, the ground and the pit are well left. In the excavation survey of Showa 42, it turned out that it is the Guo of the scale as follows. Pit top width 1, 6 meters bottom width 3 meters depth 6, 1 meter Base base width 12, 3 meters Present height 2, 3 meters (Estimated height at the time of the castle 4, 5 meters) Also, It is flat and it is thought that there were some buildings, such as pottery pieces, softwood pottery, iron nails etc. were excavated. This area is an important place where the pit and base are well left like the right. I hope for your cooperation so that this condition can be left for a long time. Tokyo

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 在平安时代晚期和室町时期的现在的台东区,文京区,丰岛区,Kitaki区,荒川区,板桥区,足立区,练马区等,位于神冈城中心的新竹奎城这是在该地区拥有权力的丰岛先生的住宅之一。城堡被认为是镰仓时代的后半部,并且在4月28日的文化(1477)的大田土井上掉下来,变成废弃的城堡。根据“大田I一郎”,最后的城堡所有者竹岛康安在新城水城堡之后失去了平冢城(西区西原),并且次年1月25日,我正在跑到办公桌(横滨市)。之后,Ta un云的脚步并没有留在文献中作为记录。据估计,这座城堡是建在石River河与三埠寺之间的高原上,共有9公顷左右。那个时候,这个城堡建了一个地方(郭),那里的土地和基地和坑分成了长方形,使之成为防御性的设施。例如,可以认为城堡的东面被距这里约100米的约7米宽的坑划分,西面约22米宽约9米的宽度这是由坑和土壤基地划定。此外,北侧和南侧使用三宝寺和石神井等天然地形进行防御。这个地方是主城堡的中心郭,地面和坑都很好。在昭和42的挖掘调查中,原来是以下的规模的郭。坑顶宽1,6米底宽3米深6米1米底座宽12米3米现有高度2,3米(城堡4,5米时的估计高度)此外,它是平坦的,被认为有一些建筑物,如陶片,软木陶器,铁钉等被挖掘出来。这个地方是一个重要的地方,坑和基地很好地留在右边。我希望你的合作,使这种情况可以长期存在。东京

石神井城の中心内郭跡

 石神井城 は、平安時代末期から室町時代中期まで、現在の台東区、文京区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、足立区、練馬区などやその周辺地域に勢力を持っていた豊島氏の居城の一つです。
 城の築城は、鎌倉時代後期と考えられ、文明九年(1477)四月二十八日に太田道灌 に攻められ落城し、廃城になりました。「太田道灌状」によれば、最後の城主豊島泰経 は、石神井城落城の後、平塚城(北区西ヶ原)に敗走し、その翌年の一月二十五日、再び道灌に攻められ小机城(横浜市)に逃げています。その後の泰経の足どりは、記録として文献には残っていません。
 城は、石神井川と三宝寺池に挟まれた台地に築かれており、全体では九ヘクタール前後の規模であったと推定されています。当時の城は、土塁と壕で土地を四角形に区画した場所(郭)をいくつか築き、防御施設としていました。例えば、城の東側は、ここより約一〇〇メートル程の場所に幅七メートル程の壕で区画されていたと考えられ、西側は、ここより約二二〇メートル程の場所に幅九メートル程の壕と土塁で区画されていました。また、北側と南側は、三宝寺池と石神井川という自然の地形を利用して防御されていました。
 この場所は、本城の中心となる郭で、土塁と壕が良く残っています。昭和四十二年の発掘調査では、次のような規模の郭であることがわかりました。
 空壕 上幅 一一、六メートル
底幅 三メートル
深さ 六、一メートル
土塁 基底幅 一二、三メートル
現在高 二、三メートル
(築城当時の高さ推定四、五メートル)
 また、内部は平坦であり、陶磁器片、かわらけ(素焼土器)、鉄釘なども出土しており、何らかの建物があったと考えられます。
 この地域は、右のように壕と土塁が良く残っている大切な場所です。少しでも永くこの状態が残せる様、皆様のご協力をお願い致します。
東京都

テキスト化

tenma
2017-12-27 14:11 (785)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 天然記念物 三宝寺池沼沢植物群落 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 太田道灌 練馬区教育委員会 石神井城 豊島泰経 上杉顕定 長尾景春 1477 照姫 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 東京都 練馬区