Monumento

東京都指定史跡 石神井城跡

kawa_sanpo

2015/06/13

タグ: 太田道灌 東京都教育委員会 石神井城 豊島泰経 長尾景春 長尾景春の乱 東京都 練馬区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Kyoto Designated Historic Site Location Shakujii Castle Ruins Location Nerima-ku Ishikujii Tadashi no.1990 Two designated Heisei 13 June 1996 Shakujii Castle is a family of Mr. Chichibui, the current Tokyo district, centered on Shakujii River Basin It was a castle of Mr. Toshima who had power in the area in the northern part from the late Heian period until the middle Muromachi period. Located on a tongue plateau about 4 m in height sandwiched between Shakujii River and Sanbu Terrane Pond, it is relatively simple, consisting of a main cage and an outline of about 300 meters East and 50 meters, about 300 meters North and South It is the medieval castle pavilion of the structure. Ceramics belonging from the twelfth century to the first half of the 16th century have been excavated from the main lord and the soil foundation by numerous excavation surveys since 1956. During the turbulence of Nagao Shingen in the eighth year of civilization (1476), the castle owner Taisyoshi Yasunaga of that time gave it to the Kanchun, so it will be attacked by Mr. Uesugi Odori&39;s housekeeping Ota Hijiri, the following year, Shingakui Castle fell castle . After the falling castle, Taisyun rides on Hakuba and deeply sinks to Mikaji Temple Pond, and Terahime Terao also enters after entering behind, a legend related to falling castle has been passed down. Heisei 24 Construction Tokyo Metropolitan Board of Education --- - Nagao Haruharu

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 京都指定古迹位置石神城遗址位置练马区石库寺忠志1990年2岁指定平成人1996年6月13日石神城是以石神井流域为中心的现在的东京地区赤井先生的家族在平安后期至室町时代中期的北部地区,曾经是丰岛先生的城堡。位于石炭河与三釜地P之间高约4米的舌高原上,较为简单,由一个主笼组成,外形约为东300米,南约300米,南北约300米它是结构的中世纪城堡亭子。十九世纪至十六世纪上半叶的陶瓷,自一九五六年以来经过数次挖掘勘察,一直从主土和地基土开凿出来。在文化八年(1476年)的长雄信玄动荡期间,当时的城堡所有者安藤泰诚先生把它交给了春春,所以它将会遭到上杉大杉先生的家务大H义枝袭击,次年, 。坠落的城堡后,Taisyun乘坐白马,深深地沉入Mikaji寺庙池塘,Terahime Terao也进入后面进入,一个有关下降城堡的传说已经传下去。平成24年建设东京都教育委员会 - - 长尾春治

東京都指定史跡 石神井城跡
所在地 練馬区石神井台一の一九〇〇の二
指定 平成二三年六月九日

 石神井城 は、秩父平氏の一族で、石神井川流域を中心とする現在の東京都区部北側の地域に平安時代末期から室町時代中期頃まで勢力を持っていた、豊島氏の居城でした。石神井川と三宝寺池に挟まれた標高約四九メートルの舌状台地上に所在し、東西約三五〇メートル、南北約三五〇メートルの規模の主郭と外郭からなる、比較的単純な構造の中世城館です。昭和三一年(1956)以降の数次の発掘調査によって、主郭や土塁築土から一二世紀から一六世紀前半までに属する陶磁器が出土しています。
 文明八年(1476)の長尾景春の乱 の際、当時の城主豊島泰経 は景春に与したので、扇谷上杉氏の家宰太田道灌 に攻められることとなり、翌年、石神井城は落城しました。落城後、泰経が白馬に乗って三宝寺池に深く沈み、長女照姫も後を追って入水したなど、落城にまつわる伝説が伝えられています。
平成二四年三月 建設
東京都教育委員会
---
長尾景春

テキスト化

tenma
2017-12-27 14:10 (445)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 練馬区教育委員会 堀 石神井城 土塁 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 太田道灌 練馬区教育委員会 石神井城 豊島泰経 上杉顕定 長尾景春 1477 照姫 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 天然記念物 三宝寺池沼沢植物群落 東京都 練馬区
kawa_sanpo (2015/06/13)
タグ: 太田道灌 石神井城 豊島泰経 小机城 東京都 練馬区