Monumento

西東京市指定文化財第四十号 奉納絵馬群(ほうのうえまぐん)

kawa_sanpo

2015/06/27

タグ: 西東京市教育委員会 頗梨采女 少彦名命 東京都 西東京市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tokyo City designated cultural property no. 40 votive EMA Group (ほunou Emma limp) Awa wZ shrine is the 0/1752 (175 d) co was as 粟嶋 shrine (Temple/Takara, a hospital document). This shrine with a clear Foundation annual Edo's 0/1724 (17 d 4) from Musashino Nitta Corporation was enshrined as a tutelary god over Hoya Nitta one.
粟嶋 Myojin notation Awa State shrine to after the Meiji era is substituted, but remains the shrine. 粟嶋 shrine and Pohang province of Kii (Wakayama) Kada awashima shrine to Soja, Japan mythology, named after the goddess Po pears uneme (harisaijo) and setaria Italica = pale at name life is enshrined (scooped a plane of Mikoto) failed. Kuyo's girth, Goshiki awashima shrine enshrined Edo-Asakusa sensoji Temple in Edo period popular women, faith that on Hoya Nitta 粟嶋 also in front of the Bell (clean) go down to cut customs and women and dispose of them chicks were made.
And EMA 21-designated cultural property was out, pray for the only child, safe delivery, women's disease recovery, and "husband and wife worship", four pieces, folksy motifs are "Carpenter" the autumn "Festival", and possibly horses in 1730, probably on Hoya village has become a valuable and decorative horse on the road in the city run out and tell the manners and customs of the various aspects of the faith mind and, at the time.
Thus Awa wZ shrine has a side feature of goddess and worshiped, while independent although Nitta village tutelary god from the ritual as a shrine at name of Yutaka, God, prays for the fertility of the crops of the village all events of the year.
3/1995 Nishi Tokyo City Board of education

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 东京市指定的文化财产号 40 还愿 EMA 组 (艾玛一瘸一拐的 hounou)
阿波 wZ 神社是 0/1752年 (175 d) co 作为粟嶋圣地 (寺/宝、 医院文档)。 这座神殿与明确基金会年度江户的 0/1724 (17 d 4) 从武藏野新田公司在霍亚新田一被奉为守护神。 粟嶋明神符号阿波状态祠向后明治时代代替,但仍然是靖国神社。
粟嶋神社和浦项纪伊省 (和歌山) Kada 淡岛神社到大豆,日本神话中,女神宝梨采女 (harisaijo) 和命名狗尾草谷子 = 所载名称生活色变 (舀一架飞机的命) 失败。 Kuyo 的周长,五色淡岛神社所载江户浅草浅草寺江户时期流行的女性,信仰在霍亚新田粟嶋还在贝尔 (干净) 去削减海关和妇女和处置这些小鸡了。 EMA 21 指定的文化财产,祈祷为唯一的孩子,安全分娩、 妇女的疾病的恢复和"夫妻对拜",四块,平易近人的图案是"木匠""中秋节",并可能在 1730 年,大概是对霍亚村庄马已成为一个有价值的在城市道路上的装饰马跑出去并且告诉各个方面的信仰心态,和当时的风俗习惯。
因此阿波 wZ 神社已方的女神的功能和崇拜,而独立虽然新田村庄守护神从神殿的丰神,名称作为仪式祈求生育力的村庄的庄稼一年的所有事件。
3/1995
西东京市教委

西東京市指定文化財第四十号 奉納絵馬群(ほうのうえまぐん)
 阿波洲神社は宝暦二年(一七五ニ)粟嶋明神として勧請されました(別当寺『寶晃院文書』)。江戸時代中期の明確な創建年次を持つこの神社は、享保九年(一七ニ四)から開発が始まる武蔵野新田の一つ、上保谷新田の鎮守神として祀られました。粟嶋明神が表記を阿波洲神社にに代えたのは明治以降ですが、祭神に変更はありません。
 粟嶋明神は紀伊の国(和歌山)加太浦の淡島明神を総社としており、祭神は女神の頗梨采女(はりさいじょ)と粟=淡にちなんで日本神話に登場する少彦名命(すくなひこなのみこと)でした。江戸時代江戸浅草の浅草寺境内に祀られた淡島明神が女性の人気を呼んで信仰されたように、上保谷新田の粟嶋も、拝殿前の鈴(れい)に下がる五色の紐を切って安産の腹帯にする習俗や、女性たちの針供養・捨雛が行われていました。指定文化財となった二十一枚の絵馬のうちには、子さずけや安産、婦人病平癒などを祈願したとみられる「夫婦拝み」など四枚があり、庶民的な図柄では「大工職人」、秋の「祭礼」、おそらく上保谷村如意輪寺の馬駈け市に出かける道中の「飾り馬」などがあって、信仰心意の種々相と、当時の習俗を伝える貴重な資料となっています。
 こうして阿波洲神社は、女神の特徴や庶民信仰の側面を持ちながらも、新田とはいえ独立した一村の鎮守神であったことから、その年中行事は豊耕神の少彦名を祀る神社として、全て村の農作の豊饒を祈念する儀礼でした。
平成七年三月
西東京市教育委員会

テキスト化

tenma
2015-09-14 11:05 (647)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

cyberwonk (2014/11/22)
タグ: ジェットエンジンのふる里 IHI田無工場 東京都 西東京市
kawa_sanpo (2014/09/17)
タグ: 玉川上水 淀橋浄水場 水道局 水衛所 水番所 水番人 境水衛所 東京都 武蔵野市
kawa_sanpo (2014/09/17)
タグ: 東京都 武蔵野市
kawa_sanpo (2015/06/27)
タグ: 国木田独歩 桜橋 千葉胤明 東京都 武蔵野市