Monumento

田丸神社由来

monumento

2014/05/21

タグ: 原忠三郎 東京都 墨田区

案内板

auto-translate Tamaru shrine-derived
Also visited there, following his wife who passed away 0/1905 winter words ask lands as a heritage treasure, some of the things my father did earlier, where old narrate that EI does not even care おい茂り in the trees, in the Central pond was a desolate land.
Time's best year so far were to leave the noodles too badly perforated hard throw lifts is auspicious, and bought old earth Prime pond landfill became lush green. In the shade of trees of this land Windchimes, brushed off the dust cleanse all sides, and your shrine and from the heart and vowed to propose 奉り. Deathbed became main God Saki tochiazuma of the Inari-God is compatible their that night, in a quiet voice ', I thou good we teach way of storage assets, and thanks to the he will cleanse me, Yasui.
And paddy fields in the northern half, no, ask for the land.
Open land there many people here that asked for, or for the family also became the bliss of happiness you will be ' the phantom like disappeared into the darkness, heartbroken words. According to my eyes and ears the bottom until the appearance of the voice and erimo, tatami-mat sliding sound, I dream up all night with no sleep that night instead of dreams.
Next year in 39, its said as of now God Saki tochiazuma and shrine goes so far is set in today's much better.
The land is in this present site.
Since then escape from 9/1/1923 earthquake and war damage, Saki tochiazuma God said according to in the land held the prestigious houses goes day by day prosperity cannot be grateful that divine.
From the Hara, s.: international Since then and until today the goods builds up is revered as a 'to escape' tamaru shrine accumulate in seafood.

auto-translate Tamaru 靖国神社派生
此外参观了在那里,跟着他的妻子去世了 0/1905年冬天的话问土地作为遗产宝库,一些我父亲做的早些时候,在旧的东西叙述那 EI 并不在乎在树上,おい茂り 在池塘中央是一片荒芜。
到目前为止的时间的最好的一年是离开面条太严重穿孔硬扔升降机是吉祥的和买旧地球首相池塘垃圾填埋场变成了郁郁葱葱的绿色。
在树荫下树的这土地 Windchimes,拂去灰尘清理所有两侧和你的神社发自内心的发誓要提出奉り。临终前成为了主神崎 Inari 神的 tochiazuma 是兼容他们那夜,在一个安静的声音 ',我你很好,我们教的方式存储资产,和感谢,他会叫我,Yasui 洁净。稻田中北半部,不,索要土地。
开放的土地那里很多在这里人,想要的或为家庭也成为了极乐的幸福你会 ' 幽灵般消失在黑暗中,伤心欲绝的话。
根据我的眼睛和耳朵的外观的声音和 erimo,榻榻米垫子上滑动的声音,直到底部我做梦整晚没有睡觉的那天晚上而不是梦想。明年在 39,它说,现在神崎 tochiazuma 和靖国神社的去到目前为止设置今天要好很多。
土地是在这本站点中。
然后逃出 1923/9/1 地震和战争破坏,崎 tochiazuma 自神说: 根据在举行的著名的房子的土地去一天比一天繁荣不能感激那神圣。
从奥哈拉先生,美国: 国际
从那以后,直到今天货物建立受尊崇作为 '逃避' tamaru 靖国神社积聚在海产品。

田丸神社由来
明治三十八年冬他界した妻の言葉で「父が以前行った事のある所に宝財として土地を求めよ」に従いそこを訪れたところ昔はその栄を物語るも手入れもされず、樹木でおい茂り、中央に池がある荒れ果てた土地があった。
あまりにもひどくあきめんとしたが去るには地相が如何にも捨て難く、購入し地盛り古い池の埋立をしたところ、年を越したころには緑が茂るようになった。
この土地の北隅の樹木の小陰に所があり、塵埃をはらい四辺を清め、心からのお祠りをし永世の奉りを誓った。その夜枕辺に稲荷の主神咲栃の神がおたちになり、静かな声で「忠よ汝は善く我安居を清めてくれました、その厚き志に感謝し貯財の道を教えましょう。北半里を出ない中に水田があり土地を求めなさい。
そこの地を開けば多くの人がここに居を求め人の為、又家族の為にもなり無上の幸福があなたに訪れるでしょう」の言葉を言い残し幻の如く闇に消えました。
その声、裳の姿、畳障子の音までも私の目、耳底にのこり夢と思うも夢でなくその夜は眠ることもできずに夜を明かした。翌年三十九年にそのお告げの通り今の地に咲栃の神をお祠りしたところ多くの方が今日居をかまえられた。
その土地こそが、現在のこの地である。
それ以来大正十二年九月一日の大震災又戦災も逃れ、咲栃の神の言に従って開かれた土地は栄え家々は日に日に盛運に進みその神徳に感謝してもしきれないものである。
原忠三郎 謹書より
以後、今にいたるまで「財のたまる」「幸のたまる」「難を逃れる」田丸神社としてあがめられている。

テキスト化

monumento
2014-07-30 17:00 (643)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/05/21)
タグ: 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2016/03/28)
タグ: 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2016/03/28)
タグ: 東京都 墨田区
monumento (2014/05/21)
タグ: 東京スカイツリー 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
タグ: 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
タグ: 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
タグ: 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
タグ: 東京都 墨田区
kawa_sanpo (2015/02/27)
タグ: 東京都 墨田区