Monumento

発句也松尾桃青宿の春

monumento

2014-05-20

タグ: 松尾芭蕉 小沢太郎兵衛 下里知足 東京都 中央区

案内板

auto-translate Spring hatsc Shinya Matsuo Momo 青宿 Matsuo Basho, 0/1672 ( 1672 ) 29 at the hometown Iga Ueno in Edo came out. After 0/1680 ( 1680 ) 37 for 8 years, Ozawa taro hamamol here Odawara town ( present Muromachi itchome ) ( tell Street primary, Basho's disciple, haiku title isometric ) of known by the poet addresses wrote the headman of the Owari narumi shimosato chisoku have lived in the rented house. Basho at that time was called the peach blue hardened Geal in the haiku world while Japan Nihonbashi fish market live in the downtown area, close the independent as a haiku he 0/1678. But as ( 0/1679 ) next year new year's day, he raised and to swell the spirit of new year's in clause of this monument.

Character of the monument was inscribed Mo from shimosato chisoku autograph. Japan bridge crossed to the North East in the fish market. Asked rowing boat full of fish on the banks of the lively early in the morning by dashing shouts. Odawara town street on the right side of this picture that is North II lay the lived of Basho, fish lined up there.
In Basho's lived while ear hustle and bustle of the fish market.
Tokaido meisho no way Fall-side island by

auto-translate 春 hatsc Shinya 松尾沫沫青宿
松尾芭蕉 1672年) 0/1672年 29 在江户的 Iga 上野家乡出来了。后 0/1680年 1680年) 37 待了 8 年,小泽芋头 hamamol 在这里小田原城目前室町丁目) 告诉街小学、 芭蕉的弟子,俳句标题等距) 已知的诗人地址写了尾张鸣下乡 chisoku 有住在租来的房子里的头目。芭蕉在当时被称为桃蓝硬化的 Geal 俳句世界同时日本日本桥鱼市场活在市中心地区,关闭作为一首俳句独立他 0/1678年。但作为 0/1679年) 下一年新的一年的一天,他举起和膨胀精神的新的一年的这座纪念碑的子句中。纪念碑的字符被刻莫从下乡 chisoku 的亲笔签名。

日本桥横渡到北东在鱼市场。清晨由潇洒的叫喊声问划船装满鱼的生动活泼的银行。小田原镇街道是北 II 此图片的右侧躺居住的芭蕉,鱼那里排队。在芭蕉的生活而耳喧嚣和热闹的鱼市场。
东海道名所没有的方法
由秋天侧岛

発句也松尾桃青宿の春
 松尾芭蕉 は、寛文十二年(一六七二)二十九歳の時、故郷伊賀上野から江戸に出た。以後延宝八年(一六八〇)三十七歳までの八年間、ここ小田原町(現室町一丁目)の小沢太郎兵衛(大舟町名主、芭蕉門人、俳号ト尺)の借家に住んだことが、尾張鳴海の庄屋下里知足 の書いた俳人住所録によって知られる。当時「桃青」と称していた芭蕉は、日本橋魚市場にまぢかな繁華の地に住みつつ俳壇における地歩を固め、延宝六年には俳諧宗匠として独立した。その翌年(延宝七年)正月、宗匠として迎春の心意気を高らかに詠み上げたのがこの碑の句である。碑面の文字は、下里知足の自筆から模刻した。

 日本橋を北に渡った東側に魚市場があった。河岸には魚を満載した舟が漕ぎ寄せられ、早朝から威勢のいい掛け声で賑わった。この絵の右側すなわち北側二筋目の通りが、芭蕉の住んでいた小田原町で、そこにも魚屋が並んでいた。芭蕉は魚市場の喧騒を耳にしながら暮らしていたのである。
東海道名所図絵
秋里籬島著

テキスト化

monumento
2014-07-30 17:05 (431)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/01/20)
タグ: 三越 ライオン像 1914 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 古河市兵衛 足尾銅山 auto-translate 発祥の地 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/24)
タグ: 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 徳川家康 太田道灌 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 徳川家康 日本橋 ペリー 天下普請 五街道 浮世小路 百川 福徳神社 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: クスノキ auto-translate 中山道 福徳神社 御神木 日光街道 樹木 東京都 中央区
o_nagayoshi (2014/03/27)
タグ: 日本橋 江戸橋 魚河岸 関東大震災 東京都 中央区
monumento (2014/05/21)
タグ: 日本橋 江戸幕府 徳川慶喜 重要文化財 道路元標 ルネサンス 佐藤栄作 auto-translate 東京都 中央区
hanacoco (2016/01/29)
タグ: 東京都 中央区