Monumento

ocr-generated 巣鴨猿田彦大神庚申堂 由来記

kawa_sanpo

2015/07/12

タグ: ocr-generated 東京都 豊島区

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 巣鴨猿田彦大神庚申堂 由来記
江戸時代に書がれた紀行文の「遊歴雑記」に当庚申塚を次のように書いている。
武州豊島郡巣鴨庚申塚は江戸より板橋の駅に入る立易さつ「囲いの茶店あり団子栄屋
と称す。
石碑を見るに明歴二年と彫られ、又 古老からいれいさとして文亀二年(一五〇二年)に
塔を建立高さ八尺なり然るに明歴二年正月世にいう振袖火事の大火おこり江戸市中九分通り
を焼き払う、復興置材をひくものひきもきらず、たまたま当庚申塔に立懸けたる竹木倒れ
石碑四つ五つに砕けたり、故に村中組ぶし丈を縮めて今の塔を再建し、文亀二年の構を嫁の
下に埋めたりと言い伝えを物語る、されは実庚申塚というは文十二年(遊歴雑記発行年)
に至りて三百十四年に及ぶ、故に我々の宮」と語ガイている。
又、長谷川雪目の描いた江戸とその気のいい地誌「江戸名所図会」にはこのは 自身に
中山道の立場があり旅人が茶屋で休息している様子が描かれている。
広重の浮世絵にも当地の描写があり、付近の願いが見られる
庚申様を神として祭ったいナーつの頃か判然としないけれ) 神社としては伊勢皇大神宮
の先導により開かれたこ
の一角に大きな区画を占めて猿田彦神社があり
い つである。神道によるままにも
称されている。このへんが一息月ゆう
田急大神伊中学」もその対びて
相当の歴をもってけれて平らで三
あろう。
前述のように文亀二年(一五〇二年)に建てた日中合流板碑」は被相し明
(六五三年)に作り直したものが現在御本殿に祭る「庚申地」である。
て 大、その為この石碑の文字も
戦前は町会事務所はとも合墓され
大 切なものとして豊島区の
判し


Hir
エ3
」という集まりが行われ、使
ところ (1件-
中の日の夜でしてませの幸福を願ってエに祈り過負を持ち寄ってやかに過す、という
誤りか流し、まったれたけれども、引用業にもその名残りがはれる。
成 三年には山門も形を・ス
昭和四十六年に本を再建し、以後四十
は っている。
荘厳さを
りた山えている。

¥ 1寿 道
集鴨猿田彦大神庚申堂 奉賛会
印成四年六月吉日

テキスト化

monumento
2018-03-28 13:11 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/07/12)
タグ: ocr-generated 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/07/12)
タグ: 猿田彦大神 東京都 豊島区
wawa (2017/10/14)
タグ: 旧中仙道 巣鴨 庚申塚 東京都 豊島区
wawa (2017/10/14)
タグ: 旧中山道 東京都 豊島区