Monumento

延命地蔵堂の石造物群

kawa_sanpo

2015/07/12

タグ: 豊島区教育委員会 王子電気軌道 都電荒川線 東京都 豊島区

案内板

auto-translate Stone of temple life Had the horse went fell in sugamo town near to the Edo period nakasendō sugamo koshinzuka near the cemetery. Enmei jizo statues erected as the grave.
Since then, various stupas gathered. Once these figures are current Tokyo toden-kōshinzuka station location was 0/1911 (1911), were transferred by OJI electric tramway (now toden Arakawa line) station building.
After that position again and move a shrine and Chapel built in Taisho era. 0/1945 (1945) by 4/13 RAID enmei jizo Hall all the stonework were damaged. After the war, the land of enmei jizo jizo is believed to restore order, said 35-year established by the hosankai by local residents, August 24, the memorial service is held every year.

0/2012 (2 012), Toshima-Ku, registering tangible folk cultural properties and importance as of November, indicating the folk religion of the region is evaluated.
Tokumoto vow Tower (tokuhonn myougo, at last) (bunsei period 11 years rebuilt) Tokumoto's priest was creation of the countries 巡錫, called Tak this prayer and throughout the nembutsu lecture.

Vow by a peculiar handwriting tokumoto nameplate and kaou is inscribed on four sides.
Subject Tower (daimokutou) In the middle 'Namu Myoho renge Kyo", on both sides of large grinding rights supporting respect heaven" Hokushin myoken Mahabodhi "takes the triad form to place.

In front of the tower "Kaetsu features Lady" "for safety on the road" who has come the nakasen-do as a route connecting Japan and Edo from the Aru that was built in.
Enmei jizo (peas by evil spirits zoutou) That life-prolonging jizo Hall of jizo. Andesite of the cylinder type with the right hand, scepter, left hand in gem exhibition statue jizo is relief.

Estimated and can't know, rearing, is now heavily damaged form of the temple, from the early Edo period among States.
Jizo statue koshin Tower (Shusei airport was!) About koshin Tower there Monday at the top and in the Center there are records of the three wise monkeys had been painted on jizo bosatsu statue, and under the Meiji era.

It jizo statues, according to "come more koishikawa and chest of drawers town, Michi", left "former 12 year dog tiger 4/16 various prayer accomplishment" of there were.
Hayagriva Tower (batoukannnonn thank you) Pedestal front is a partial loss had "bato Kannon" and is based on observed.
On the side "sugamo", was built by residents of sugamo "prior horse mouth Wisteria and in.
3/2014 Toshima City Board of education

auto-translate 寺庙生活的石头
过这匹马就落在巢鸭镇附近江户时期 nakasendō 巢鸭 koshinzuka 墓地附近。 Enmei 菩萨雕像如阴间之残忍。 自那时以来,各类佛塔聚集。
一旦这些数字是当前东京电荒 kōshinzuka 站地点是 0/1911年 (1911 年),被转移的王子电动缆车 (现在都电荒川线) 站建设。 在那之后再定位和移动神社和教堂建于大正时代。
0/1945年 (1945 年) 由 4/13 RAID enmei 菩萨大厅所有石雕被损坏。 战争,enmei 地藏菩萨的土地被认为恢复秩序,说的 35 年设立的当地居民,8 月 24 日,由 hosankai 后每年举行纪念仪式。 0/2012年 (2 012),丰岛区注册有形民俗文化财产,到 11 月,重要指示计算该区域的民间宗教。

辉誓言塔 (tokuhonn myougo,最后) (文生期间 11 年重建)
辉的牧师被创造的国家巡錫,称为启德这个祷告和整个念阿弥陀佛讲座。 由一种奇特的手写辉铭牌和 kaou 的誓言刻在四个边。

主题塔 (daimokutou)
在中间 ' 娜姆 Myoho 螺见长",双方大磨权利支持尊重天堂"北辰妙见大菩提"形式是黑社会放置。 塔前"加悦特性夫人""为安全的道路上"作为一条路线从 Aru 连接日本和江户前来中仙做,建于。

Enmei 菩萨 (豌豆的邪灵 zoutou)
那延长生命菩萨厅菩萨。 安山岩的右手、 权杖、 宝石展雕像菩萨左手缸型是救济。 估计并不能知道,饲养,现在严重损坏殿那里,从早期的江户时代,国家间的形式。

菩萨雕像 koshin 塔 (秋声机场了!)
关于 koshin 塔那里星期一顶部和在中心有记录的三个智慧猴油漆过了 bosatsu 藏菩萨上, 和下的明治时代。 它菩萨雕像,根据"来更多的 koishikawa 和抽屉的小镇,米奇",留下"前 12 年的狗老虎 4/16 各种祈祷成就"的那里了。

明王塔 (batoukannnonn 谢谢)
底座正面是部分损失了"bato 观音",基于观测。 上侧"巢鸭",由居民的巢鸭"事先马嘴紫藤和中。
3/2014 年
丰岛市教委

延命地蔵堂の石造物群
 江戸時代の中山道巣鴨庚申塚付近には、巣鴨町近辺で行き倒れた人馬の共同墓地があった。その墓標として延命地蔵が建立された。以来、さまざまな供養塔が集まった。
 かつてこれらの像は、現在の都電庚申塚駅の場所にあったが、明治四十四年(一九一一)、王子電気軌道(現都電荒川線)の停車場建設により移転された。その後、現位置に再移動し、大正期に参道と堂が整備された。
 昭和二十年(一九四五)四月十三日の空襲により、延命地蔵堂のすべての石造物が大きな被害をうけた。終戦後、土地の守り地蔵尊として信仰されている延命地蔵を再興するため、同三十五年に地元住民による奉賛会が発足し、毎年八月二十四日に法要が行われている。平成二十四年(ニ〇一二)十一月、地域の民間信仰を示すものとしての重要性が評価され、豊島区登録有形民俗文化財となった。

徳本名号塔(とくほんみょうごうとう)(文政十一年再建)
 徳本は諸国を巡錫して各地に徳本念仏と呼ばれる念仏講を創成した僧である。独特な筆跡による名号と、徳本銘・花押が四面に刻まれている。

題目塔(だいもくとう)
 中央に「南無妙法蓮華経」、その左右に「大摩利支尊天」「北辰妙見大菩薩」を配置する三尊形式をとっている。塔の正面に「加越能佳人」「為道中安全」とあることから、北陸と江戸を結ぶ街道として中山道を往来した者が建立したのであろう。

延命地蔵塔(えんめいじぞうとう)
 延命地蔵堂の中心となる地蔵尊である。角柱型の安山岩に、右手に錫杖、左手に宝珠を持つ半跏座像の地蔵が浮彫されている。現在は傷みが激しく、建立年代等を知ることはできないが、地蔵堂の形式などから、江戸時代初期のものであろうと推定される。

地蔵像庚申塔(じぞうぞうこうしんとう)
 この庚申塔については、かっては上部に日月があり、中央に地蔵菩薩立像、その下に三猿が描かれていたという明治期の記録がある。それによると、地蔵像の右に「是より小石川おたんす町之ミち」、左に「元禄拾一年戌寅四月十六日 諸願成就」の銘があった。

馬頭観音塔(ばとうかんのんとう)
 台座前面の銘は一部欠損しているが、もとは「馬頭観世音」とあったとみられる。側面には「巣鴨」「願主 馬口 藤三郎」とあり、巣鴨の住民が建立したものである。
平成二十六年三月
豊島区教育委員会

テキスト化

tenma
2015-09-23 22:30 (963)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/04/26)
タグ: 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/07/12)
タグ: 猿田彦大神 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/07/12)
タグ: 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/07/12)
タグ: 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/07/12)
タグ: 東京都 豊島区
kawa_sanpo (2015/07/12)
タグ: 玉川上水 北区教育委員会 暗渠 東京都 北区
hanacoco (2016/04/26)
タグ: 登録有形文化財 auto-translate 門 東京都 豊島区
hanacoco (2016/02/04)
タグ: auto-translate 廃校校舎 東京都 豊島区
hanacoco (2016/02/04)
タグ: 東京都 豊島区