Monumento

ocr-generated 国指定史跡

kawa_sanpo

2015/08/08

タグ: ocr-generated 栃木県 下野市

案内板

この内容はOCR(光学式文字認識)によって文字起こしされたものです。校正にご協力ください。

ocr-generated 国指定史跡
がね
いちり
小金井一里塚
大正十一年三月八日排定
この二つの塚の間を通っている道が江戸時代の五街道の一つ、
日光街道です。江戸幕府が五街道の整備に着手したのは慶長九年
(一六〇四年)で、栃木県令三島通庸が今の国道四号を作ったのが
明治十七年(一八八四年)ですから、この日光街道は約二八年も
の間、東北地方への主要道路として使われていたのです。
一里塚は、江戸の日本橋を基点として一里(約三・九二七キロメート
ル)ごとに築かれました。小金井一里塚はその二十二番目の塚で、
江戸から二十二里(約八六・四キロメートル)の地点であることを
示しています。(実際の距離は九〇キロメートル以上あります)
塚は五間(約九・「メートル)四方の四角形に築かれ、種が植え
られましたが、今ではすっかり変形して丸塚となり、何代目かの
板と、いつの時代に生えたのか、視と株の巨木が同居しています
一里塚は、荷物や人を運ぶ賃金の標準となり、旅人にとっては
道のりの目安になって、たいへん便利でした。また、現代の私た
ちにとっては町の歴史のシンボルであり、過去と未来を結ぶ文化
財です。大切に保存しましょう。
平成二年(一九九o)建立

テキスト化

monumento
2018-03-28 13:10 (0)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/08/08)
タグ: ocr-generated 栃木県 下野市
kawa_sanpo (2015/07/19)
タグ: ocr-generated 栃木県 下野市
kawa_sanpo (2015/08/08)
タグ: ocr-generated 栃木県 下野市
kawa_sanpo (2015/08/08)
タグ: 栃木県 下野市