Monumento

織間本陣跡

kawa_sanpo

2015/08/09

タグ: 小林一茶 織間本陣 鶴田弥太夫 古賀侗庵 蒼松幹 板倉甘雨亭 群馬県 伊勢崎市

案内板

auto-translate Between the base mark Example our Kaido, Sakai 織間 Honjin at Isezaki domain Tsuruta, chanter's House moved to 0/1662 (1662). Built thatched schedule and the cantilevered and leave the old architecture, the 1.3.026 gate, was a former border town town designated as Honjin.
Between large earthen (daidoko) and executive head of the had a wicket Gate building of the daimyō and climb the large entrance 9 rooms are arranged. Edo predominated, Piney stunning courtyard view from Theravada scholars, Koga moriyamathe Iori 織間 Honjin named blue pine tree trunk.
Also praise it when letters of famous annaka Castle itakura sweet rain House signs are here your small 休sa was praised on the writing gave the blue pine stem hotels above,. Honjin daimyos down to our use cases, and especially every April from Kyoto to downward example our use or court noble monzeki United break.
Tag breaks when called on deck, hung on the front of the gate.
Because it could not meet in the Office visited the poet dedicated car 0/1791 (1791) 4/12, Issa Kobayashi from the Edo period to Shinshu, landlord of the 織間 base on the way
-Just when the bird body rain?-

Of the clause 1 of the crowd that is noted 1 homecoming diary. Isesaki-Shi

auto-translate 基马克之间

示例我们的街渡,Sakai 織間本阵在伊势崎域鹤田,风笛的房子搬到 0/1662年 (1662)。 建茅草的时间表和悬臂和离开旧的体系结构,1.3.026 门,被前边界城镇被指定为本阵。 大土 (daidoko) 和行政首长之间有 daimyō 和攀登大入口 9 房间布置的 wicket 门建筑。
江户占主导地位,令人惊叹的庭院景观从上座部佛教学者,古贺 moriyamathe 京都織間本阵命名蓝色松树树干的派尼。 也当字母的著名安钠咖城堡板仓甜雨小屋的招牌在这里您小的休さ 赞扬在写作上的表扬给了蓝松干酒店以上。
本阵 daimyos 我们的用例,和特别是每年四月从京都到下降的例子我们使用或法院的崇高 monzeki 美国打破。 标记符在甲板上,挂在门口打电话时。
因为它不能满足在办公室参观了诗人专用车 0/1791年 (1791 年) 4/12,伊萨小林从江户时代到信州,房东的織間基地的路上
-只是当鸟体雨吗?
子句的是人群中的 1 指出 1 返校节日记。

伊势崎市

織間本陣跡

 旧例弊使街道、境宿織間本陣 は寛文二年(一六六二年)に伊勢崎藩士鶴田弥太夫 氏の家を当地に移築したものである。茅葺平家建ての主家と片袖付門構えは古い建築様式をそのまま残しており、本陣として旧境町の町指定史跡であった。本陣跡の建物は門をくぐり大玄関を上ると九部屋を配し、広い土間(ダイドコ)や貴賓の上座の間を有した。
 上座の間から見る中庭には見事な松樹があり来遊した江戸の学者、古賀侗庵 は織間本陣を蒼松幹 と命名した。また文学の名をもって有名な安中城主板倉甘雨亭 候はここに御小休されたときこれをほめ讃えて蒼松幹の軒記を書き与えたのである。
 本陣は例弊使街道を上下する諸大名をはじめ、とくに毎年四月京都より下向する例弊使や公卿門跡衆の休憩を主とした。そのとき関札と呼ばれた休憩時の札が下賜され、門前に掲げられた。
 寛政三年(一七九一年)四月十二日、小林一茶 は江戸から信州へ行く途中、織間本陣の家主である俳人専車を訪ねたが不在で会うことができなかったので
  - 時鳥我が身ばかりに降雨か -
の一句を残して立ち去ったことが一茶の帰郷日記に書きとめられている。

伊勢崎市

テキスト化

yuraichan
2015-11-13 11:00 (495)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/08/09)
タグ: 道路元標 道路法 群馬県 伊勢崎市
kawa_sanpo (2015/08/09)
タグ: 群馬県 伊勢崎市
kawa_sanpo (2015/08/09)
タグ: 萩原諏訪神社 例弊使道まちづくり会議 群馬県 伊勢崎市
kawa_sanpo (2015/08/09)
タグ: 群馬県 伊勢崎市
kawa_sanpo (2015/08/09)
タグ: 八坂神社 八坂の神 群馬県 太田市
kawa_sanpo (2015/08/09)
タグ: 指定重要文化財 長楽寺三仏道及び 太鼓門 太田市教育委員会 群馬県 太田市
kawa_sanpo (2015/08/09)
タグ: 群馬県 太田市
hanacoco (2015/12/30)
タグ: 佐波郡東村教育委員会 群馬県 伊勢崎市
hanacoco (2015/12/30)
タグ: 古墳 鶴巻古墳 佐波郡東村教育委員会 群馬県 伊勢崎市