Monumento

東京砲兵工廠銃包製造所のボイラー(部品)と鋼製耐震煙突銘板

kawa_sanpo

2015/08/16

タグ: 日露戦争 1905 東京都北区教育委員会 東京都 北区

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tokyo artillery arsenal gun packaging mill boilers (parts) and steel shear chimney plate 0/1905 (1905), current article 10 units 1-Chome area was established "Tokyo artillery arsenal gun packaging plant". Russo-Japanese war that requires production of Ammo (gun packages) to koishikawa district (present Korakuen garden area) than here moved and expanded the are. Many premises to produce guns wrapped brick factory building was built. As a machine gun packaging mills, needed to produce power, United Kingdom Babcock & Wilcox company virus made of WIF type steam boilers were introduced, to boiler chimneys, Tokyo Shiba Shibaura seisakusho made of steel shear chimney was used.
This chimney is seismic, winding around the brick chimney plate. Parts are on display here, and part of boiler drum water plate steel door and steel shear chimney, jujo SDF facilities construction replacement of when dismantling and storing what is.
Contains 0/1905 September completes hit gun packaging mills opened in the nameplate's, these are as Japan's modern industrial heritage materials such precious gun packaging mills history with. 3/2015, Tokyo, Kita-ku, Education Committee.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 东京炮兵阿森纳枪包装厂锅炉 (部分) 和钢剪烟囱板
0/1905年 (1905 年),当前第 10 条单位 1 丁目地区是成立"东京炮兵阿森纳枪包装厂"。 要求生产的弹药 (枪包装) 到 koishikawa 区 (目前后乐园花园面积) 比这里的日俄战争移动和膨化。 很多处所交出枪包的砖厂房建成。 包装厂,生产的电力,所需的机枪介绍了联合王国巴布科克 & 威尔科克斯公司病毒制造的 WIF 式蒸汽锅炉,锅炉烟囱、 东京芝芝浦制作所制成的钢抗剪烟囱被使用。 这个烟囱是地震,绕砖烟囱板。
部分是显示在这里和锅炉汽包水板钢门和钢抗剪烟囱,十条的一部分自卫队设施建设置换的拆解和存储什么时。 包含 0/1905年 9 月完成命中的枪包装厂在铭牌的开设,这些都是作为日本的近代工业遗产材料这种珍贵的枪包装厂的历史。
3/到 2015 年,东京,北町教育委员会。

東京砲兵工廠銃包製造所のボイラー(部品)と鋼製耐震煙突銘板
 明治38年(1905)、現在の十条台1丁目一帯に「東京砲兵工廠銃包製造所」が開設されました。日露戦争 を機に弾薬(銃包)の増産が必要となったことから、小石川地区(現後楽園周辺)より当地に移転・拡張されたものです。敷地内には銃包を製造するための煉瓦造の工場棟が多数建設されました。銃包製造所では、製造に必要な工作機械の動力として、英国バブコック&ウイルコックス社製のWIF型蒸気ボイラーが導入され、ボイラーの煙突には、東京芝浦製作所製の鋼製耐震煙突が使われました。この煙突は、煉瓦造の煙突の周りに鉄板を巻き、耐震性を高めたものです。
 ここに展示されている部品は、ボイラーのドラム・水管の一部・鉄製の扉、および、鋼製耐震煙突の銘板で、十条の自衛隊の施設建替の際に解体・保存したものです。銘板には銃包製造所開設年にあたる「明治三十八年九月竣工」の年代が入っており、これらは、銃包製造所の歴史を伝えるとともに、日本の近代産業遺産としても貴重な資料です。
平成27年3月 
東京都北区教育委員会

テキスト化

tenma
2015-09-14 11:01 (473)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 新編武蔵風土記稿 江戸名所図会 弘法大師 北区教育委員会 源頼朝 名所江戸百景 東都名所 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 鎌倉幕府 源頼朝 東京都北区教育委員会 源義朝 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 北区教育委員会 河東碧梧桐 寺野守水老 小林鶯里 東京都 北区