Monumento

昭和復興

kochizufan

2015/08/16

タグ: 三ツ山ひな型 兵庫県 姫路市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Japanese recovery
Of the greater East Asia war 7/1945 Foundation than * * midnight blitz to Roh, the shrine is shaden following treasures and monuments will return to ashes and turned into the burnt ground in
Precincts are bulldozed and Yi quickly embarked on the reconstruction, provisional DW's head office is built
Reconstruction hosankai association formed and 0/1948 parishioners from banshu Yen is far votive offerings of worshippers across the country, started his headquarters shrine as no. 1 during this period Harima province total temple's case, other rebuilt several setsumatsusha and Portable Shrine hall belfry, etc. and completion of Millennium Festival 4/1953 21 years of "three-mountain Festival" SHINSAIBASHI line to be
Followed by as construction work of phase 2 to 0/1956 hundred formed man who lectures, EMI liquor company, your kando yaegaki gate construction has been successively rebuilt and completed in the fall of 0/1957, since setsumatsusha also, finished 16-Yu all shrine reconstruction
3 construction combines the essence of modern architecture 0/1965 fall of Hokusai mitsuyama Festival to till it fully here although sojya royally constructed in reinforced concrete second floor office rituals, followed to 0/1966 complete precinct located in developing country designated important folklore materials mitsuyama model repository is and the better than ago the war, 0/1973 spring in war 2 second.
0/1970 the last Office Penglai Palace annex and in the big business of the Showa restoration 0/1975 with newly-built warehouse and Fittness tianchi renovation done
At present 50 years of Emperor enthronement commemorative year hit posterity shogunate guest memory, 30 years and erected a monument of participants thanking its achievements chuan Park shall Showa 50 years November Priest Araki, Masahiko, documenting

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 日本经济复苏
大东亚战争 7/1945年基础比 * * 午夜突击到卢武铉,靖国神社是社田继珍宝和古迹将重返灰烬,变成了烧焦的地面在
专用区被夷为平地和彝族迅速着手重建、 建立临时 DW 总公司
重建 hosankai 协会形成和 0/1948年教区居民从兵日元是远 votive 产品遍布全国各地的信徒,他总部神社作为号 1 开始在此期间播磨省总庙的案件期间,其他重建几个 setsumatsusha 和便携式神社大厅钟楼等和完成的千年节日 4/1953年 21 年的"三山节"心斋桥线要
其次是作为建筑工作阶段 2 到 0/1956 年百年形成的人的讲座,EMI 酒业公司,你小森 yaegaki 闸施工已经先后重建和 0/1957 年秋天完成,是因为 setsumatsusha 也,完成 16 余所有祠重建
3 建设相结合的现代建筑的葛饰北斋满山,直到它完全在这里虽然 sojya 皇家建造在钢筋混凝土二楼的办公室习俗,跟 0/1966年完整分局位于发展中国家国家指定重要民俗材料满山模型库和更好的节日 0/1965年秋天的本质比年前这场战争,0/1973年春在战争 2 秒。
0/1970 最后的办公室蓬莱宫附件和昭和恢复 0/1975年与大企业新建仓库和送配水天池改造完成
目前五十年的皇帝登基纪念年击中后人幕府访客内存,30 年来,竖立纪念碑与会者感谢其成就川公园应昭和 50 年 11 月
教士荒木,Masahiko 记录

昭和復興
 大東亜戦争の末期 昭和二十年七月**の夜半より払暁にかけての大空襲に罹災した当神社は 御社殿以下建造物 御神宝類悉く烏有に歸し焦土と化したのである
 逸速く復興に着手して 境内は次々と整地され 御本社仮社殿も建築された
 昭和二十三年には 復興奉賛会が結成され氏子は元より播州一円 遠くは全国の崇敬者等の浄財が寄せられ 第一期工事として御本社本殿を始め 播磨国総神殿 十二社合殿他数社の摂末社と神輿殿 鐘楼等が再建され 昭和二十八年四月に竣工奉祝祭と二十一年目毎の 「三ッ山大祭」を盛大に斎行す
 次いで 第二期工事として 昭和三十一年に百萬人講が結成され 恵美酒社殿 御神門八重垣門等の建設がなされ 昭和三十二年秋に完成し 以後残る摂末社も順次再建され 御神殿十六宇総ての復興事業を終えた
 第三期工事は昭和四十年秋 近代建築の粋を結集したる鉄筋コンクリート二階建の社務所 儀式殿が立派に竣工し 続いて昭和四十一年には 国指定重要民俗資料「三ツ山ひな型」収蔵庫が建ち 境内地の整備も完了して 戦前にも勝る惣社の偉容がここに整った これを奉祝して昭和四十八年春戦後二度目に迎えた「三ツ山大祭」を斎行
 最後に 昭和四十五年 社務所蓬莱殿の増築と 昭和五十年 倉庫の新築と辨天池改修を以って昭和復興の大事業を完全に成し遂げたのである
 時恰も 天皇陛下御即位五十年の記念すべき年に当り 之の碑を建立し 三十年間に亘る関係者の御苦労を偲び 芳名を刻して 後世に其の功績を傳えんとす 
昭和五十年霜月
宮司 荒木昌彦 之を記す

テキスト化

tenma
2015-09-10 08:30 (658)
tenma

コメント・周辺画像

kochizufan kochizufan 7年弱

昭和復興

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kochizufan (2015/08/16)
タグ: 兵庫県 姫路市
kochizufan (2015/08/16)
タグ: ocr-generated 兵庫県 姫路市
kochizufan (2015/08/16)
タグ: 源頼光 兵庫県 姫路市
kochizufan (2015/08/16)
タグ: ocr-generated 兵庫県 姫路市