Monumento

由来記

kawa_sanpo

2015/08/28

タグ: 1908 石川啄木 白石義郎 北海道 釧路市

案内板

auto-translate Next SL
This building is a restored building of old Kushiro Shimbun 0/1908 (1908) was built. The poet "Takuboku" wielded by talented as a reporter during the 76 days city stay former Kushiro Shimbun was representative at that time Kushiro, located near modern buildings.
This historic building restoration, cooperation as Kushiro Shimbun magazine 45 anniversary, realized. In addition, Kushiro port became the basis for the development of Kushiro city today was construction of Kushiro port repairs budget in the diet of Japan in 0/1909.
At this time, old Kushiro Shimbun President Shiraishi, y. and committed as a member of the House of representatives, since the Kushiro was large starting as a harbor city.
Kushiro city
[Overview]
-Structural reinforced concrete structure brick masonry floor
Scale total surface area first floor 70.2125 m2
Second floor 65.2625 m2 Total 135.4750 square meters

auto-translate 下一个 SL
这栋楼是老钏路新闻 0/1908年恢复的建设 (1908 年) 建成。
"界"挥舞诗人的才华作为一名记者在 76 天市住宿前钏路新闻是代表在那时间钏路,位于附近的现代建筑。 此历史建筑恢复,钏路新闻杂志 45 周年之际,实现了合作。
此外,钏路港成为的基础,发展的钏路市今天为钏路港建设维修预算在日本 0/1909 年的饮食。 在这时间,老钏路新闻主席白石,保华和承诺作为成员的众议院,因为钏路大开始作为一个港口城市。
钏路市
[概述]
-结构钢筋混凝土结构砖砌体楼
规模总表面积一楼 70.2125 m2
二楼 65.2625 m2
合计 135.4750 平方米

由来記
 この建物は、明治四一年(1908)に建設された旧釧路新聞社の社屋を復元したものです。
 詩人「石川啄木」が、七六日間の本市滞在中に記者として敏腕を振るった旧釧路新聞社はこの付近にあり、当時の釧路を代表する近代的な建物でした。この歴史的建造物の復元は、釧路新聞社創刊四五周年記念事業として協力をいただき実現しました。
 また、今日の釧路市の発展の基礎となった釧路港は、明治四二年の日本帝国議会での「釧路港修築予算」によって着工されました。この時、旧釧路新聞社社長「白石義郎 氏」が衆議院議員として尽力し、以来、釧路市は港のまちとして大きく歩み始めることになりました。
釧路市
〔施設概要〕
 ・構造 鉄筋コンクリート造煉瓦積 二階建
 ・規模 延面積 一階 七〇・二一二五㎡
         二階 六五・二六二五㎡
         合計 一三五・四七五〇㎡

テキスト化

tenma
2015-09-01 09:47 (378)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/08/28)
タグ: 石川啄木 旧釧路新聞社 港文館 auto-translate 北海道 釧路市