Monumento

植田三十郎と植田新田

kawa_sanpo

2015/09/19

タグ: 徳川家康 静岡県 沼津市

案内板

auto-translate Rice 30 and Ueda Nitta Tokugawa Ieyasu won the battle of Sekigahara (0/1600 = 1600) after the unification of the whole country, establish the Highway 5 and installed 53 station on the Tokaido Highway between Edo and Kyoto.
But at that time fewer families lodging during the shogunate encouraged the new rice field development with the purpose of the consolidation of traffic safety, road maintenance, farmers and crop production. Ueda Nitta is nowadays ipponmatsu Nitta, Nitta 助兵衛 and Nitta was pioneered both in Ueda-30 1 Enshu Ronin (date of birth unknown-0/1668 = 1668 died) build a levee around the reclamation project to measure the floating mud thanks the extremely difficult and unsuccessful.
After 1763 year, Rokuro Imai village hidarimamol gate hand, again, was being developed.
Village name takes the last benefactor of pioneer, named Ueda Nitta, and 30 was called the t. rice field.
30 Tomb (founder's 1 EI mind minorities) is the jingoji Temple 0/1778 (1778) in September, at the hands of the clan, the founder of his (Rinzai Myoshinji Temple sect and Edo period Temple) built in as grave priest, which was both, also the Yakushi South pine woods, "Kaida tomb".
Nishimachi international school mochiduki hiromitsu Chronicles 7/2002 Ueda Association building,

auto-translate 大米 30 和上田新田
德川家康赢得了关原之战 (0/1600年 = 1600年) 后整个国家的统一,建立公路 5 和安装 53 站之间江户和京都的东海道公路上。 但在那个时候少家庭住宿期间,幕府鼓励交通安全、 道路维修、 农民和作物生产的目的是巩固新水稻领域发展。
上田新田是当今 ipponmatsu 新田、 新田助兵衛和新田是率先在田 30 1 远州浪人 (日期出生未知-0/1668年 = 1668 死) 造堤周围填海工程测量浮泥谢谢了,极其困难和失败。 1763 年,六郎今井村 hidarimamol 门手之后, 再一次,正在制定。
村庄的名称将采用的先驱,名叫田新田,去年的恩人和 30 被称为 t.稻田。
30 墓 (创始人 1 EI 头脑少数民族) 是 jingoji 寺 0/1778年 (1778) 在 9 月,被家族中,他 (临济宗院坐禅寺教派及江户时期寺) 的创办人建了作为严重的祭司,是两个,还药师南松树林,"凯达墓"。
Nishimachi 国际学校 mochiduki 弘编年史
7/2002年田协会建设,

植田三十郎と植田新田
 徳川家康 は、関ヶ原の合戦(慶長五年=一六〇〇)に勝利して天下統一後、五街道を整備し、東海道には江戸・京の間に五十三の宿駅を設置した。しかし当時は宿の間は人家が少なく、幕府は通行の安全・街道の整備・農民の定着・収穫の増産等の目的で新田開発を奨励した。
 植田新田は、この頃一本松新田・助兵衛新田と共に開拓された新田で、遠州浪人の植田三十郎(生年不詳-寛文八年=一六六八没)を中心に堤防を築き干拓を計るも、泥の浮動の爲に困難を極め、不成功に終わった。その後宝暦年間に、今井村の六郎左衛門の手で、再び開発が、進められた。
 部落名は開拓の恩人の姓を取り、植田新田と名付けられ、又、三十郎新田とも呼ばれた。
 三十郎の墓(開祖一鑑栄心居士)は、安永七年(一七七八)九月に一族の手で、彼の開基とされる神護寺(臨済宗妙心寺派、幕末に廃寺)内に建てられ、住職の墓と共にあったもので、また、薬師堂南の松林の中には、「開田人の墓」がある。
西町 望月宏充記
平成十四年七月 植田自治会 建之

テキスト化

tenma
2015-09-24 10:05 (444)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 静岡県 沼津市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 富士市教育委員会 龍 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 柴田景浩 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 静岡県 沼津市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 富士市教育委員会 増田平四郎 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 一里塚 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/19)
タグ: 一里塚 静岡県 沼津市