Monumento

仲原遺跡の復元整備

ogaworks

2014-08-03

タグ: 縄文時代 仲原遺跡 遺跡 竪穴式住居 沖縄県 うるま市

案内板

auto-translate Reconstruction of the kounakabaru ruins It as the feel of ancient times visit kounakabaru site restoration maintenance is also the oasis of relaxation was developed in purpose and so. Thinking remains protected on the ruins and have over 70 cm thick soil throughout. Restore the building form and location of the underground ruins the information already broken, no wall or roof, restored architectural history and folk practices such as referring to.

Also, choose Adan Woods native to mainly this kurushima type trees around the building is and is planted in the natural forest would.
Overview of the kounakabaru ruins Kounakabaru ruins is the uneven traces of the Jomon period were managed almost flat central part of the island. Probably has a natural spring on the North Coast were used until recent years ( インナガー ) and were used from the Jomon era. Ruins on the whole though and sugarcane fields, pit-dwellings have been found in excavations in advance of land improvement. This has been understood specifically uneven spread of late (around 2500-2000 years ago) and the dwellings, built in Okinawa Prefecture was unknown in the Jomon period.
Also remnants also earthenware pots, urns, Celts, needles made of bone, Plumb Bob, who then eat left Beast, fish unearthed bones and shells.

From the ruins were land reform areas are protected through the cooperation of residents, also on the academic value is extremely high, 0/1986 became a national historic site.
Location yonashiro town ikei-1972,
Specify date of 0/1986 (1986) 8/16.
Specify area of 4758 m²

Maintenance period 0/1987-0/1996 (10 years) Please walk slowly and the Jomon period rooms.

auto-translate Kounakabaru 废墟的重建
这是远古时代的感觉访问 kounakabaru 站点恢复维护也是放松的绿洲开发的目的,所以。思维仍然保护在废墟上,有超过 70 厘米厚的土壤在整个。还原的建筑形式和地下遗址的位置的信息已经破碎,没有墙壁或屋顶,恢复建筑历史与民俗的做法,如指的。此外,选择阿丹树林原产于的主要这来岛类型树周围的建筑,在自然的森林种植会。

Kounakabaru 废墟的概述
Kounakabaru 废墟是不均匀的绳纹时代痕迹的管理几乎平岛的中央部分。大概有一个自然的春天的北海岸使用了直到最近几年 インナガー) 和被用来从绳纹时代。虽然整体上遗址和蔗田坑住宅已经发现在挖掘前土地改良。这已经有了了解具体不均匀扩散晚期 (约 2500年-2000年年前) 和住宅,建在冲绳县是未知的在绳纹时代。此外遗留物也陶壶、 骨灰瓮,凯尔特人,用骨头,铅坠,然后吃掉左边的野兽,做的针鱼出土的骨骼和贝壳。
从遗址地区的居民,也在学术价值上合作通过保护土地制度改革是极高,0 1986 年成为国家历史遗址。

Ikei-1972 年,位置 yonashiro 小镇
指定日期,0/1986年 (1986 年) 8/16。
指定区域的 4758 m ²
维护期 0/1987年-0/1996 年 (10 年)

请走慢和绳纹时代的房间。

仲原遺跡の復元整備
 仲原遺跡 の復元整備は、訪れる方が古代の息吹を感じる学習の場として、またオアシス的憩いの場となるようにとの目的で整備されました。遺跡 の上には、遺構の保護を考えて全体に約70cmの厚さの土をかぶせてあります。復元建物は地下の遺構の位置や形を再現し、既に壊れてなくなった壁や屋根部分については、建築史や民俗事例などを参考に復元しました。また建物の周辺の樹木は、自生するアダン林を中心に本来島にある種類を選び、自然の森になるように植えられています。

仲原遺跡の概要
 仲原遺跡は、島のほぼ中央部の平地に営まれた縄文時代 のムラの跡です。北側海岸に近年まで利用されていた自然湧き水(インナガー)があり、縄文時代から使われていたものと考えられます。遺跡一体はもとキビ畑で、土地改良事業の事前の発掘調査で竪穴式住居 が発見されました。これにより不明であった沖縄県の縄文時代晩期(約2500〜2000年前)のムラの広がりや住居の大きさ、造りなどが具体的に分かってきました。また遺物も土器の鉢、壷、石斧類、骨製の針、錘、他に当時の人が食べ残した獣・魚骨類、貝殻類が出土しました。
 遺跡は土地改良地内にありましたが、住民の協力により保護され、また学問上価値が極めて高いことから、昭和61年に国指定史跡になりました。

所在地 与那城町字伊計1972番地
指定年月日 昭和61年(1986年)8月16日
指定面積 4758㎡
整備期間 昭和62年〜平成8年度(10年間)

どうぞゆっくりと散策し縄文時代の集落をご満喫ください。

テキスト化

monumento
2014-08-30 16:52 (660)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ogaworks (2014/08/05)
タグ: auto-translate 縄文時代 沖縄県 うるま市
ogaworks (2014/08/05)
タグ: 伊計島 水源地 沖縄県 うるま市
gotosheng (2016/07/05)
タグ: 湧水 琉球石灰岩 カー 沖縄県 うるま市
gotosheng (2016/07/05)
タグ: 沖縄県 うるま市