Monumento

国指定重要文化財

hamanobakeneko

2015/09/19

タグ: 国指定重要文化財 旧筑後川橋梁 筑後川昇開橋 筑後川昇開橋観光財団 大川市教育委員会 福岡県 大川市

案内板

auto-translate Country specification important cultural property

Earlier chikugo River Bridge (chikugo River lift bridge)
With our landscape is featured in the chikugo River lift bridge was completed in 5/1935 as the bridge of the former Japan national railways saga line torrent in vessels with easy to capture the lifting bridge, is construction.
And 507 meters in elevating the movable bridge, tower height is about 30 meters moving digits in length boasts a number of 24 meters, as the existing bridge is known as one of the oldest.
Along with car culture, rapid growth since the opening of the bridge is along the areas and residents as symbol of hometown with special loved has been combined with the construction of large bridges, saga line and 0/1982 railway No. second retirement eligible and finish the mission as a railway bridge with the abolition of the Japanese national railways saga line 3/1987.
But local residents drawn to this lift bridge attachment and nostalgia of 止mi難ku, morotomi-Cho, Okawa-Shi ai携e fruit preservation movement as a symbol of the historical resources and regional development, 4/1996 chikugo River rising open bridge tourism Foundation was founded, was reborn as walkway.
Reasons and 12/1996 registers of registered cultural property of the country first team, in addition to technical 5/30/2003 and historically high value was specified was designated.
10/2003 Okawa City Board of education

auto-translate 国家规范重要文化财产
早些时候筑后河桥 (筑后河电梯)

与我们的景观精选的筑后河电梯大桥建成 5/1935 年作为前日本国家铁路传奇线洪流中船只的桥梁与容易捕获升降桥,是建设。
507 米在升降可移动的桥梁,塔的高度是约 30 米的移动位数长度拥有数目既有桥梁的 24 米,被称为最古老的。
随着汽车文化,开业以来快速增长,对桥梁是沿地区和居民与特别爱家乡的象征已结合建设的大型桥梁、 佐贺线、 铁路 0/1982年号第二次退休资格和完成特派团作为铁路桥梁与日本国有铁道传奇线 3/1987年废除。
但当地居民提请这电梯桥附件和怀旧的止mi難ku、 诸富町、 大川石 ai携e 水果保存运动作为一个符号的历史资源和区域发展,4/1996年筑后河: 发源于开放桥旅游基金会成立,转生为走道。
原因与注册文化财产的第一团队,除了技术的 2003/5/30 和历史最高值被指定的国家 12/1996年寄存器被指定。
10/2003
大川市教委

国指定重要文化財
旧筑後川橋梁筑後川昇開橋

 筑後川昇開橋は、旧国鉄佐賀線の鉄橋として昭和十年五月に竣工しましたが、急流の中に船の航行を容易にするため、昇降式可動橋を取り込み架設されている点に特色のある景観を添えております。
 この昇降式可動橋は全体で約五〇七メートルあり、鉄塔の高さは約三〇メートル、可動桁の長さは約二四メートルで東洋一の規模を誇り、さらに現存する可動橋としては最古のものといわれています。
 開通以来、この鉄橋は沿線の地域や住民に故郷のシンボルとして格別の愛着をもって親しまれてまいりましたが、急激な自動車文化の進展に伴い大型橋梁の建設と相俟って、佐賀線も昭和五七年の国鉄第二次廃止対象路線となり、昭和六二年三月国鉄佐賀線の廃止とともに鉄道橋としての使命を終えるところとなりました。
 しかし、この昇開橋に寄せる地元住民の愛着と郷愁の念は止み難く、大川市・諸冨町があい携え、歴史的資源並びに地域発展のシンボルとしての保存運動が実り、平成八年四月財団法人筑後川昇開橋観光財団 が設立され、遊歩道として生まれ変わりました。
 また、平成八年十二月に国の登録文化財の第一陣に登録され、さらに平成十五年五月三十日に技術的に優秀かつ歴史的に価値が高いとの理由により、国指定重要文化財に指定されました。
 平成十五年十月
      大川市教育委員会

テキスト化

yuraichan
2015-11-13 09:49 (578)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hamanobakeneko (2015/09/19)
タグ: 佐賀藩 三重津海軍所跡 鍋島直正 長崎海軍伝習所 幕府伝習生 凌風丸 佐賀市教育委員会 佐賀県 佐賀市