Monumento

「犬名河」由来記

ogaworks

2014-08-03

タグ: 伊計島 水源地 沖縄県 うるま市

案内板

auto-translate Dog name River from above
"Dog name River" is ikei village northwest about one from now are hundreds of years old, have field work farmer, and near the coast of the 150 steps down from 粁 where further steep stone steps down the cliff and dog soaked in shall wonder coming up from the shore, shivering subject had been bathing in the thirsty dog and go.
Since then referred to as "dog name River", had sustained the lives of people as the only water source ikei island.
But far from the village road, 150 over stairs climbing up and down the to the inhabitants and shall's considerable labor ceased.
Ikei who married and not 欲しゃ or draw dog name river water Reed gone slack in the shallows in
Is still excellent song at that time said that daughters feelings to be carried out.
The cowards of this water and ikei Island ancestors is two years old, and costs 10500 yen, which eased water situation in laying water-supply system in the village 12/1935.
After World War II, the United States Coast Guard stationed along the extended expansion boosted pumping machines, water storage tanks, water etc. by dog name river water situation improved further.

Then and 4/1982, along with the opening of the ikei bridge waterworks will be introduced and shall be that came to the mission as a living water for residents ' dogs name River "tells the demise, but future takes even a new mission for agricultural irrigation, will continue with deeply ikei residents living a mere. 12/1984

auto-translate 上面的狗的名字河
"狗名称河"是 ikei 村西北约一从现在已经有几百年的老,有外地工作的农夫,在 150 台阶从粁在那里进一步陡峭石阶下的悬崖和狗浸泡在海岸附近应不知道从岸边一上来,颤抖着主题了一直沐浴在口渴的狗和去。
自那时以来被称为"狗名称河",蒙受了人作为唯一的水来源 ikei 岛的生活。
但远离村庄道路,150 的攀爬的台阶向上和向下的居民,并须的停止了相当大的劳动。
Ikei 人结了婚并不欲しゃ 或画的狗的名字河水芦苇在浅滩中消失可宽延时间
在当时说是仍然很优秀歌曲那女儿感情来进行。
这水和 ikei 岛祖先的懦夫是两岁,和成本 10500 日元,缓和了村里 12/1935年铺设供水系统的水情况。
二次世界大战,美国海岸警卫队驻扎沿扩展扩张推动了抽水机,储水箱后, 水等由狗名称河流水情况进一步改善。
然后和 4/1982 年,随着的来到特派团,随着居民生活水狗的名称河 ikei 桥水厂将引入和应开放"告诉灭亡,但未来需要甚至农业灌溉的新任务,将继续与深深 ikei 居民生活只。

12/1984

「犬名河」由来記
 「犬名河」は伊計部落より北西約一粁の処から更に急勾配の石段を百五十段も下りた崖下の海岸近くにあり今から数百年も昔、農夫が畑仕事をしていると 犬がずぶぬれになつて身震いしながら海岸から上がってくる 不思議に思って従いて行くと犬が湧き出る泉で水浴びをしていたという。
爾来「犬名河」と呼ばれ伊計島 唯一の水源地 として人々の生活を支えて来た。
 しかし 部落からの道程が遠く、百五十余の石段の上り下りは、住民にとつてかなりの労働だつた。
 伊計人の嫁や ない欲しゃやあしが 犬名河の水の 汲みぬあぐで
 という当時の娘達の心情を吐露した名歌が残されている。
 この水汲みの労苦を救わんとして 伊計島の先人達は二ケ年の才月と壱万弐千五百円の工費をかけて、昭和十年十二月部落内に簡易水道を敷設して一気に水事情を緩和させた。
 戦後、米国沿岸警備隊の駐留に伴い揚水機の増力、貯水タンクの増設、水源地の拡張等により、犬名河の水事情は更に改善された。
 時代は移り 昭和五十七年四月、伊計大橋の開通と共に上水道が導入されることとなつて「犬名河」の住民に対する生活用水としての使命は終焉を告げるに至ったが、今後は農業用水として更に新しい使命を担って、伊計住民の生活と深くかかわり続けていくことでありましょう。

昭和五十九年十二月

テキスト化

ogaworks
2014-08-10 01:41 (559)
ogaworks

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

ogaworks (2014/08/05)
タグ: auto-translate 縄文時代 沖縄県 うるま市
ogaworks (2014/08/05)
タグ: 縄文時代 仲原遺跡 遺跡 竪穴式住居 沖縄県 うるま市
gotosheng (2016/07/05)
タグ: 湧水 琉球石灰岩 カー 沖縄県 うるま市
gotosheng (2016/07/05)
タグ: 沖縄県 うるま市