Monumento

馬の背洞門

itog

2015-09-19

タグ: 海蝕洞窟 大町桂月 神奈川県 三浦市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate The stratum
This is what spending eons in the natural coastal erosion caves, waves, wind and rain eroded, such spectacular form. Belong to the tertiary, the Pliocene strata in the Miura group formations, soil or gravel rock of soft rock quality.
Height 8 meters, 6 meters, thickness animator in the land people call "Cave Tour", "glasses (spectacles) of the cave" and "UMA" as well.
All its name also recommend from the shape of the cave is named. Is the writer of the Meiji era, Omachi Katsura, visit here, said the following. "-To the back of a horse, chew the raging lower Iwao, left boshu, right Izu, ago fading a little peak of peak mountain's clouds, the clouds are from Oshima beasty, horse back, soon became the horse's neck, very long yan from.
Blah blah blah "
* Avoid because of the risk of falling rocks. Miura-Shi

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 地层
这是什么支出亿万年自然海岸侵蚀洞穴中、 海浪、 风和雨水侵蚀,这种壮观的形式。
属于第三纪上, 新世地层三浦组地层中的,土壤或砂砾岩软岩质量。 高度 8 米、 6 米、 厚度动画师在陆地上的人叫"溶洞之旅","洞穴的眼镜 (眼镜)"和"乌玛"。
所有它的名字也建议从洞穴的形状得名。
明治时代,町太郎,作者访问了是在这里,说以下。 "-回一匹马,嚼肆虐的低温厚,左勃舒,权利,伊豆前褪色峰山云,云小高峰, 均从大岛贝斯,马背,很快成为了马的脖子,很长一段燕来自。 等等等等等等"
* 避免因落下的岩石的风险。
三浦石

馬の背洞門
 これは自然が作った海蝕洞窟 で長い年月をかけて波浪、風雨等に侵食されてこのような見事な形となったものです。
 地層は第三紀層、鮮新統、三浦層群に属し土質は凝灰質砂礫岩という軟かい岩質です。高さ八メートル、横六メートル、厚さニメートルで、土地の人は「馬の背洞門」のほか「めぐりの洞門」、「眼鏡(めがね)の洞門」などと呼んでいます。
 そのどの名前もみな洞門の形から推(お)して名付けたものです。
 明治の文豪、大町桂月 はここに訪れて次のように述べています。「-馬の背に至る、怒涛脚下の巌を噛む、左は房州、右は伊豆、前には雲の峰聳ゆ、その雲の峰少し薄らぎいて中より大島あらわる、馬の背はやがて馬の首となり、長厳海に突出す。 云々」
*落石等の危険があるため近づかないでください。
三浦市

テキスト化

tenma
2015-10-13 21:04 (345)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2016/02/24)
タグ: ウミウ ヒメウ クロサギ 神奈川県 三浦市
itog (2015/09/20)
タグ: 三浦半島八景 八景 近江八景 金沢八景 神奈川県 三浦市
wawa (2019/06/02)
タグ: 資料館 城ヶ島 分校 廃校 漁撈 神奈川県 三浦市
kawa_sanpo (2016/02/24)
タグ: 神奈川県教育委員会 ウミウ ヒメウ クロサギ 三浦市教育委員会 神奈川県 三浦市