Monumento

東海道「歴史の道」

kawa_sanpo

2015/09/22

タグ: 富士市教育委員会 東海道名所図絵 静岡県 富士市

案内板

auto-translate Hokkaido "path of history"
God of water (Lake lurker)-no-Mori and Fuji Bulletin (tosennba) Senba Edo period, Tokaido across the East Fuji River, has been using the ferry. It was due to a transport policy that this torrent Fujikawa is heard in the world, and many water and shogunate Tokugawa Ieyasu.
According to Station Road, ferry system was held between the villages of Iwabuchi and Iwamoto and ferry. Ferry across the East coast of the most out of Matsuoka from among the 20 towns downstream, bow (kamifuna), in the ship (nakafuna), 3 points of disembarkation (shimofuna), which under Kawase and re-entry vehicle (oukann) of the top, middle and bottom ran from there. Water still was as the remnants of the time of disembarkation of forest area is called "Senba".
Aboard using a constant passed Japanese ships, ship Takase (たkasebune), Deputy Mayor (joyaku) ships are usually of constant ferry and sembikiya¡ × 4 to 30 people, the boatmen got five. Ferry service was responsible for in the iwafuchi village is 0/1633 (1633 after 1 / 3 of ships has been allotted Iwamoto village.
This is because business has grown with the increase of traffic, ninaimashita Iwamoto village was an important ferry role. Water-and pray for safety in the Woods enshrines the God of water, marked by a prominent "Tokai road attractions drawn (Kazue) also outcrops of lava and rock-solid in ground, furukori said father and son a huge Goose Ridge (kariganedzutsumi), and Mt. Iwaki 々裾 built from here.
In addition, precinct located monument of the climbing mountain road signs and homecoming Ridge (kikyoudzutsumi).
10/1985 Fuji City Board of education

auto-translate 北海道"历史之路"
神水 (湖潜伏者)-不-森喜朗和富士公告 (tosennba) 南船场
江户时代,东海道东富士河一直在使用的渡轮。 正是由于运输政策,在世界中,听到了这洪流藤川和许多水和幕府的德川家康。 根据车站路轮渡系统的岩渊和 Iwamoto 村庄和渡轮举行。
渡东海岸最大的 20 个乡镇下游,弓 (kamifuna),在这艘船 (nakafuna),从松冈的 3 个点的登岸 (shimofuna),这下川濑和重返汽车 (oukann) 的顶部,中部和底部跑从那里。 水仍然是时间的残余的森林面积登岸被称为"仙波"。 使用船不断传递日本船只,高濑船 (takasebune),副市长 (joyaku) 船通常是恒定的渡轮和 sembikiya¡ × 4 到 30 人,船夫有五。
渡轮服务是负责在 iwafuchi 村是 0/1633年 (1633 后 1 / 3 船舶拨给 Iwamoto 村庄。 这是因为业务增长随着流量的增加,ninaimashita Iwamoto 村庄是重要渡口作用。
水-和祈求安全在树林里供奉的神水,标志着由著名"东海路景点绘制 (卡) 也露头的熔岩和坚如磐石的地面,furukori 说,父亲和儿子从这里建造巨大的鹅岭 (kariganedzutsumi) 和山磐 々裾。 此外,分局位于纪念碑的攀爬的山道路标志和归国岭 (kikyoudzutsumi)。
10/1985
富士市教委

東海道「歴史の道」
水神(すいじん)ノ森と富士川渡(とせんば)船場
 江戸時代、東海道を東西富士川を渡るには渡船を利用しました。これは富士川が天下に聞えた急流であり、水量も多いことと、幕府を開いた徳川家康の交通政策によるものでした。街道の宿駅整備にあわせ渡船の制度を定め、渡船は岩渕村と岩本村との間で行なわれました。
 東岸の渡船場は松岡地内の一番出しから川下二十町の間で、上船(かみふな)居、中船(なかふな)居、下船(しもふな)居の三箇所があり、川瀬の状況で使い分け、そこから上、中、下の往還(おうかん)が通じていました。今でも当時のなごりとして、下船居のあった水神ノ森辺りを「船場」と呼んでいます。用いた船には定渡(じょうと)船、高瀬船(たかせぶね)、助役(じょやく)船があり通常の定渡船には人を三十人、牛馬四疋を乗せ、船頭が五人つきました。
 渡船の業務は岩渕村で担当していましたが、寛永十年(一六三三以後船役の三分の一を岩本村が分担しました。これは交通量の増加に伴って業務が拡大したためで、岩本村が渡船に重要な役割をにないました。
 水神ノ森には安全を祈願し水神社を祀り、著名な「東海道名所図絵(ずえ)」にも記され、溶岩の露頭は地盤堅固であり、古郡氏父子の巨大な雁堤(かりがねづつみ)は、ここから岩木山々裾にかけて構築されています。このほか、境内には富士登山道標や帰郷堤(ききょうづつみ)の石碑が建っています。
昭和六十年十月
富士市教育委員会

テキスト化

tenma
2015-09-25 12:38 (621)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 富士市教育委員会 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 富士市教育委員会 常盤弥兵衛 斎藤縫左衛門 斎藤億右衛門 太田蜀山人 駿国雑誌 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 渡辺彦太郎 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 東海道 一里塚 静岡県 富士市