Monumento

国有形文化財登録 第二十二-〇〇一四号(平成十年九月二十五日登録)

kawa_sanpo

2015/09/22

タグ: 富士市教育委員会 常盤弥兵衛 斎藤縫左衛門 斎藤億右衛門 太田蜀山人 駿国雑誌 静岡県 富士市

案内板

auto-translate Tangible cultural properties registered 22-0014 No. (registered 9/25/1998)
Old small closed Honjin "Tokiwa main house.
Scale
Main house
Longitudinal 49 and 2 feet (14.9 m) beam line 45.0 feet (13.6 m)
Total floor space of 75.38 Tsubo (d 49.13 m2)
Structure

Wood storied, gabled, rail tile (sannkawarabuki), main shop front hotel Segui making
History of the Tokiwa House and mansion Edition 1 of the House (tokiwayaheike) keicho (keichou) 7 years was (160 d) to Saito ERW "served as the ferry village headman from Fuji County fluvial island on the other side of Iwabuchi village aboard the ferry when the (and crawfish when it comes Doraemon) House, Emon Saito billion (and Doraemon Rinku PISCES) and moved home with village, village headman ferry elementary closed base (posing here or fillet) served. Tokiwa House small closed base when around from, but I do not know what worked for Tokiwa House document "kanei (kannei) 24 (16 d 4-1644) to was 仰se付ke your small closed Honjin (onnko or corner posing)" phrase that worked for small closed base in the early Edo period and will be put.
In addition to "inasmuch trip (kaigennkikou)" OTA Shu mountain 0/1802 (1801) (OTA color sannjinn), tempo (tenpōzan) 14 years (1843) "Shun country magazine (sunnkokuzatshi) also contains Standard Edition home. 0/1997, Fuji River Board of education (at the time) conducted a survey of the present building.
As a result, and was built after the earthquake found painted clouds from the manuscripts of the Tokiwa part figure (kasouzu) (6 discs) and historical and current residence (monumentin) 1854 (Ansei 1) was determined.
The scale of the building structure and features This building is a building seen in the General House combined form of farmhouses and townhouses that.
And garden (DOMA) is the floor before DOMA (maedoma) with a parallel room sections 6 floor type further (d) between the floor plan that increased the. Is the room called between jadin daimyo such as VIPs (hinnkyaku) sat on the inside of the building. This room is posh and floor about 10 cm higher than in the next room, alcove and different racks were installed around the hold building.
Also, and presumed original arrangement of columns and structural elements, say the end of Edo period to preserve the historically valuable buildings.
This building is doing renovation 15 years from 0/2000.
3/2012 Fuji City Board of education

auto-translate 有形文化财产登记 22-0014 号 (注册 1998/9/25)
旧的小关闭本阵"常盘主屋。
规模
主要的房子
纵向 49 和 2 英尺 (14.9 m) 束线 45.0 英尺 (13.6 米)
75.38 津保 (d 有 49.13 m2) 总建筑面积
结构
木材层、 山墙,铁路瓦 (sannkawarabuki),主要商店前台酒店色鬼制作

常盘房子和豪宅的历史
房子 (tokiwayaheike) 河内 (keichou) 版 1 7 年 (160 d) 齐藤战争遗留爆炸物"担任渡轮村长从富士县河流岛乘坐的渡轮岩渊村的另一边时 (和小龙虾当哆啦 a 梦) 房子,Emon 齐藤亿 (和哆啦 a 梦 Rinku 双鱼座) 和移动的家园与村庄,村庄村长渡轮基本封闭的底部 (在这里摆姿势或圆角) 送达。 常盘屋子小关闭基地时周围,但我不知道什么工作常盘房子文档"到兼 (kannei) 24 (16 d 4-1644年) 井是仰se付ke 你的小关闭本阵 (onnko 或角落摆姿势)"短语,在江户初期工作为小封闭的底部,并将会。 除了"因为旅行 (kaigennkikou)"OTA 蜀山 0/1802年 (1801) (OTA 颜色 sannjinn),节奏 (tenpōzan) 14 年 (1843)"舜国家杂志 (sunnkokuzasshi) 也包含标准版首页。
0 至 1997 年,富士河教育委员会 (在当时) 调查了目前的建筑物。 其结果是,建成后地震发现云朵从常盘部分图 (kasouzu) (6 盘) 的手稿和历史和当前居住 (纪念碑) 1854 (安赛尔 1) 决心。
规模的建筑结构和功能
这座建筑是看到的农舍和联排别墅一般房子结合形式建设的。 花园 (DOMA) 是地板之前婚姻保护法 》 (maedoma) 与平行房间部分 6 楼键入进一步 (d) 之间增加的平面图。
房间里称为之间雅丹大名等贵宾 (hinnyau) 坐在大厦的里面。 这个房间是豪华和地板约 10 厘米高于在隔壁房间、 壁龛和不同机架都装上举行建设。 此外,假定原安排的列和结构元素,说结束了江户时代,保护具有重要历史意义的建筑物。
这栋楼正在装修 15 年的 0/2000年。
3/2012
富士市教委

国有形文化財登録 第二十二-〇〇一四号(平成十年九月二十五日登録)
旧 小休本陣「常盤家住宅主屋」
規 模
主屋
 桁行 四九・ニ尺(一四・九m) 梁行 四五・〇尺(一三・六m)
 総建坪 七五・三八坪(ニ四九・一三㎡)
構造
 木造平屋建、切り妻造り、桟瓦葺(さんかわらぶき)、主屋正面軒セガイ造り

常盤家と邸宅の歴史
 常盤弥兵衛 家(ときわやへいけ)は、慶長(けいちょう)七年(一六〇ニ)に対岸の富士郡川成島から岩渕村に渡船役が移った時、渡船名主を勤めた斎藤縫左衛門(さいとうぬいざえもん)家、斎藤億右衛門(さいとうおくうえもん)家とともに移住し、村方、渡船名主、小休本陣(こやすみほんじん)を勤めました。常盤家が小休本陣をいつごろから勤めたかはわかりませんが、常盤家の文書の中に「寛永(かんえい)年中(一六ニ四~一六四四)に御小休本陣(おんこやすみほんじん)を仰せ付けられた」とあることから江戸時代初期には小休本陣を勤めていたものとかんがえられます。他に享和元年(一八〇一)の「改元紀行(かいげんきこう)」太田蜀山人(おおたしょくさんじん)著、天保(てんぽう)十四年(一八四三)の「駿国雑誌(すんこくざっし)」にも常盤家の記述があります。
 平成九年、富士川教育委員会(当時)は現建物の調査を行いました。その結果、常盤家所蔵の古文書から安政年間に描かれた家相図(かそうず)(六枚組)と古文書が発見され、現在の邸宅が安政(あんせい)元年(一八五四)にあった大地震以後に建築されたものと判明しました。
建物の規模・構造と特徴
 この建物の特徴は農家と町家の形態を併せた一般の民家には見られない建物であることです。その間取りは通り庭(土間)と前土間(まえどま)を併用し、居室部分は並列六間取り型にさらにニ間増やした特色のある間取りといえます。
 建物の内部には大名など賓客(ひんきゃく)が座った「ジョウダンの間」と呼ばれる部屋があります。この部屋は隣の部屋よりも床を一〇cmほど高くし、床の間と違(ちが)い棚(だな)を設け、長押(なげし)を廻す格式の高い作りとなっています。また、柱の配置や構造材は建築当初のものと推定され、江戸時代末期の姿を残す、歴史的価値の高い建物といえるでしょう。
 この建物は、平成十二年から十五年にかけて修復工事を行っています。
平成二十四年三月
富士市教育委員会

テキスト化

tenma
2015-09-25 12:41 (986)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 富士市教育委員会 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 東海道 一里塚 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 富士市教育委員会 東海道名所図絵 静岡県 富士市
osawagase (2014/09/09)
タグ: 田中傳四郎 地蔵 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 渡辺彦太郎 静岡県 富士市
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 富士市