Monumento

「神原宿」案内板 ようこそ蒲原へ!

kawa_sanpo

2015/09/22

タグ: 徳川家康 東海道 一里塚 宿場 品川宿 東海道五十三次 蒲原宿 静岡県 静岡市清水区

案内板

auto-translate Kanbara-Juku "information Board Welcome to the kambara complex!
About kanbara-Juku
Kanbara-Juku, from the Edo period counting from Shinagawa-Juku-37 (148 m), is the 15th post. Open the Tokaido in 1601, Tokugawa Ieyasu, kanbara-Juku was a post town on the Tōkaidō.
Affected by the tsunami (Typhoon) hit the post in the 8/15 0/1699 (1699) was on the South side of the JR Tokaido line current at the time of the great, to 0/1700 (1700) relocated to mountain view (current location).

Scale 0/1839 (1839) of the accommodation within the population of 2439, 488 units, Honjin wakimoto team 3, hatago 45 hotels in the Fujikawa 川留me the when for example, showed a large turnout.
-西木戸 mark Located in the western end of the kanbara-Juku, was also said to be "with Western".
From having introduced the wicket fence at the entrance of the find also between rap, West Kido called "木戸内" and "wicket".
-Pudong high deck Park Trail Close to the sea-kanbara-Juku was sparing maritime traffic through kanbara-Tsu (Harbour).
Pudong high bills, "and fure書ki" sea-going vessels, barge and ship General crackdown in Pudong high Bills place is where you posted this.
-High deck Park Trail
Kanbara-Juku in front of the fencing Hall was said to be high tag field is 4 feet 5 inch (1.2 m) wide between two 5 feet (5.1 m) depth height 1-1 feet (3.3 m) of large scale, the shogunate "and fure書ki" has been posted.
-Palace Road Kambara Palace became a resting place until the age of Hidetada and Iemitsu and Tokugawa Ieyasu and built.
Remain in the cherry blossom "gotenyama" accommodation in the Palace is not clear, "Palace path" absolutely beautiful name. -Honjin mark kanbara-Juku's Honjin, until the middle of the Edo period, was though in the Higashi honganji team (Jack House) and Nishimoto team (Hiraoka home) 2nd houreki (1751-1763) to thereafter until the end of shogunate worked Honjin Hiraoka home the Jack House of Higashi honganji.
The Hiraoka family moved to Kyoto to 0/1878.
There's his palanquin stone said the present building is of the Taisho era to homes now also placed the palanquin daimyo.
-Kiya (Watanabe House) 3-storey warehouse
Under the name "Kiya" with Watanabe family's old Edo period, kanbara-Juku wholesale job worked.
In the storehouses still remain, this 3-storey contains valuable materials in Edo period post town.
-Tonya trail
Tonya will take care of the horses of relaying the luggage of the shogunate, daimyo, laborers, the relaying of the Traveller accommodation and luggage, where was one placed in each accommodation.
-Kanbara-night snow Memorial
In Hiroshige (andō) draw, "Tokai road 五十三次 series" Magnum Opus "kambara night snow said.
Hiroshige painted this picture seems to be anywhere near 0/1960 KAMOHARA, evening snow was international correspondence week stamps to commemorate the monument was built.
-東木 marks Located in the East end of the kanbara-Juku, was also said to be facing East with. 東木 marks to, "Nightlight" at that time (0/1830, 1831) is left. Landmark Inn in safety with the engraved "Nightlight" dusk and kanbara-Juku from here that light was lit. Also, just west of 東木 houses in the road slightly "hook hand";
The Bakufu was made as one of the strategies in this prospect is not effective against enemy invasion, intended to block the flow of the army is so.
-Mark milestone
Milestone 0/1604 (1604) Edo Japan Bridge starting the 36 town's (1里, 4 km) per the mounds that were built. Rent a laborer and horse by this milestone, who know the distance (distance), thisAnd wages were calculated on the basis. First milestone of kambara, and washed away in the tsunami of 0/1699 the current milestone is passed along with the relocation of the town. Not to the life of the time, remains a small shrine now.

auto-translate 桓原补习"信息板欢迎光临神原复杂啊 !
关于桓原补习
桓原补习,从江户时代计数从品川-补习-37 (148 米),是 15 的帖子。
1601 年,德川家康打开东海道,桓原补习被炮击后的小镇。 受海啸 (台风) 击中门柱 8/15 0/1699年 (1699) 在 JR 东海道线电流很大,到 0/1700年次南侧 (1700) 迁往山景 (当前位置)。
规模 0/1839年 (1839 年) 内的人口 2439年住宿、 488 单位,本阵胁本团队 3、 藤川川留me 哈塔格 45 酒店时,例如,显示投票率很大。

-西木戸马克
位于桓原补习的西部末端,还说要"与西方"。 从检票口栅栏之间说唱也找到入口处介绍了,西城户称为"木戸内"和"威"。
-浦东高甲板公园径
接近海官原补习不遗余力地通过桓原 Tsu (海港) 的海上交通。 浦东高法案"和 fure書ki"出海船只、 驳船及船舶一般镇压在浦东高法案将是你在哪里把这条消息。
-高甲板公园径
在击剑馆据说是高标记字段桓原补习是 4 英尺 5 英寸 (1.2 米) 宽的两个 5 英尺 (5.1 米) 深度高度之间 1 1 英尺 (3.3 米) 的规模大,幕府"和 fure書ki"已过帐。
-宫路
神原宫成为一个休息的地方,直到秀忠和德川家光和德川家康的时代和建造。 留在宫殿里的樱花"gotenyama"住宿都不清楚,"宫"绝对美丽的路径名。
马克桓原补习-本阵本阵,江户时代,中间被虽然东银本愿寺在队中,(杰克的房子) 西元团队 (平冈家) 2 houreki (1751年-1763) 到此后直到最后的幕府上班直到本阵平冈家杰克房子的东银本愿寺。 平冈全家搬到京都到 0/1878 年。
还有他轿石称,目前大楼的大正时代到现在还放轿大名的家园。
-木屋 (渡边房子) 3 层仓库
根据名称"木屋"与渡边家庭旧江户时代,桓原补习批发作业正常工作。
在仓库中仍然存在,这 3 层包含有价值的材料,在江户时期邮政镇。
-谭雅踪迹
托尼亚会照顾马匹的中继幕府、 大名、 劳动者,行李旅客住宿和行李,一个放置在每个住宿的中继。
-桓原夜雪纪念
在广茂 (andō) 绘制,"东海路五十三次系列"巨著"神原夜雪说。
广茂画了这个画面似乎接近 0/1960 KAMOHARA,晚上雪是国际通信周邮票,以纪念这座纪念碑建成。
-東木标志
位于东区的桓原补习,还说要东面对。 東木标志,"小夜灯"(0/1830年,1831年),当时是离开。 地标酒店中刻的"小夜灯"黄昏与桓原补习从这里光安全被点燃。 而且,只是西部東木房子在路上稍"勾勾手"; 幕府作这一前景的策略之一就是没有有效打击敌人的入侵,意在阻止流动的军队是如此。
-马克里程碑
里程碑 0/1604年 (1604 年) 江户日本桥开始 36 镇上的 (1里,4 公里) 每被修造的土墩。
通过这一里程碑,知道距离 (距离),租一劳动者和马这工资计算的基础上。
神原的第一个里程碑和 0/1699 当前里程碑通过城镇的搬迁的海啸冲走。 不到时间的生活,现在仍然是一个小神龛。

「神原宿」案内板 ようこそ蒲原へ!
蒲原宿について
 蒲原宿 は、江戸から37里(148m)品川宿 からかぞえて15番目の宿場です。
 徳川家康 が1601年に東海道 を開き、蒲原宿も東海道五十三次宿場 のひとつになりました。当時の宿場は現在のJR東海道線の南側にありましたが、元禄12年(1699年)8月15日に宿場を襲った大津波(大型台風)により、大きな被害を受け、元禄13年(1700年)に山側(現在地)に移転しました。
 天保10年(1839年)の宿場の規模は、宿内人口2439人、戸数488戸、本陣1、脇本陣3と、旅籠45軒で、富士川の川留めの際などには、大へんなにぎわいを見せました。

●西木戸跡
 蒲原宿の西の端にあり「西見付」ともいわれました。見付の入り口に木戸の柵を設けたことから「木戸」ともいわれ、東西木戸の間を「木戸内」とよびました。
●浦高札場跡
 海に近い蒲原宿は、蒲原の津(港)を経由する海上交通もさかんでした。浦高札は、海船、川船など船舶一般の取締りの「おふれ書き」で、これを掲示したところが「浦高札場」です。
●高札場跡
 柵会館の前にあったといわれる蒲原宿の高札場は、幅2間5尺(5.1m)奥行4尺5寸(1.2m)高さ1丈1尺(3.3m)の大きな規模のもので、ここには幕府の「おふれ書き」が掲示されました。
●御殿道
 徳川家康が造営し、秀忠、家光の時代まで休憩所となった「蒲原御殿」。御殿の位置はあきらかではありませんが、桜の名所”御殿山”宿内に残る”御殿道”に、その優美な名前をとどめています。
●本陣跡 
 蒲原宿の本陣は、江戸時代の中頃までは、東本陣(多芸家)と西本陣(平岡家)の2家でつとめていましたが宝暦年間(1751年~1763年)に東本陣の多芸家が絶え、以後幕末まで平岡家が本陣をつとめました。平岡家は明治11年に京都に転居しました。
 現在の建物は大正時代のものですが、邸内には今も、大名が駕籠を置いたといわれる「御駕籠石」が残っています。
●木屋(渡辺家)の3階建ての土蔵
 「木屋」の屋号をもつ渡辺家は、江戸時代末期、蒲原宿の問屋職をつとめていた旧家。
 今も残るこの3階建ての土蔵の中には、江戸時代の宿場の貴重な資料が保存されています。
●問屋場跡
 問屋場とは幕府の荷物のとりつぎ、大名の馬、人足の世話をはじめ、旅人の宿泊や荷物のとりつぎをしたところで、各宿内に1ヶ所ずつ設置されていました。
●「蒲原夜之雪」記念碑
 歌川(安藤)広重描く、”東海道五十三次シリーズ”の中でも「蒲原夜之雪」は最高傑作といわれています。
 広重がこの絵を描いたと思われる場所の近くに昭和35年「蒲原夜之雪」が国際文通週間の切手になったのを記念して、碑が建てられました。
●東木戸跡
 蒲原宿の東の端にあり、「東見付」ともいわれました。東木戸跡には、当時の「常夜燈」(文政13年、1831年)が残っています。「宿内安全」と刻まれた「常夜燈」には夕暮れになると、ここから「蒲原宿」にはいるという目印の灯がともされました。また、東木戸のすぐ西側のところで、道路がわずかに「鈎の手」になっています。これは幕府が戦略のひとつとして作ったもので、敵の侵入に備えて見通しがきかないように、また、軍勢の流れを阻止するためのものです。
●一里塚跡
 一里塚 は、慶長9年(1604年)江戸日本橋を起点として、36町(1里・4㎞)ごとに築かれた塚です。
この一里塚によって、人夫や馬を借りる者は里程(距離)を知り、これを基準に賃金も算定されました。
 蒲原の最初の一里塚は、元禄12年の大津波で流失し、現在の一里塚は宿場の移転にともなって移されたものです。当時のおもかげはなく、今は小さな祠が残っています。

テキスト化

tenma
2017-03-10 10:17 (1544)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 1909 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 参勤交代 旅籠 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 安政の大地震 旅籠 上旅籠 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 歌川広重 安藤広重 東海道五十三次 蒲原夜之雪 八朔御馬献上 庄野の白雨 亀山の雪晴 静岡県 静岡市清水区