Monumento

万葉集 防人の歌(さきもりのうた)

kawa_sanpo

2015/09/22

タグ: 万葉集 大日本史 静岡県 静岡市清水区

案内板

auto-translate Manyo-Shu fsenin song (sakimorinouta)
A general idea of the lyrics is "and-muraji-away under the mother away from ISO-ISO to go far for homeland defense, sad to say.
Author's primary road ASA (Afghanis stamens of Marshmallow) is fsenin (soldiers) to defend the Kyushu, Japan during the Nara period, as have most is a person from the country of Roses (ihara-gun (ihara)) draft (drafted) were. C (muraji) ISO said seems to refer to the coast from the vicinity of kanbara-Cho-Ku Golden YUI River on the left bank. It is the third gold taken from TAGO URA (tagonoura) Beach (until Satsuma vertical (babies) pass East foot of shore from the Fuji River right bank) 0/750 (750), was presented to the Imperial Court to use continuous pure feet (one of spotty inbetween yotari) (Japan-Japan) praised considered, was named.
And where, in the "history of Japan" from Golden was named "Golden beetle" () (put away) and are listed.
There are about away from ISO ISO yuigahama Beach earlier hiraiwa, 前岩 and rock from near the left bank of the river of YUI sticks out into the sea and form the ISO and offshore boulders (Ooiwa) only now that retains surface.
Considered had a deep connection with powerful clan in his youth away from shore, overlooking optical Temple in around of Tomb room-Valley burial mounds and live in this area is the author of the song, here lies the Mayo monument was erected here.
In the ancient times to achieve a sense of mission while shaking to the spirit of fsenin will defend the land and parent-child affection between pulled back hair in young people, Eve.
4/2001 Kambara Lions Club

auto-translate 万叶舒 fsenin 歌 (sakimorinouta)
歌词的大意是"和-邑次-离开下母亲从 ISO ISO 去远的地方国土防御,伤心地说。
作者的主要道路 ASA (阿富汗雄蕊的棉花糖) 是 fsenin (士兵) 保卫九州,日本奈良时期,因为有最是从该国的玫瑰 (井原枪 (井原)) 草案 (起草) 的人。
C (邑次) ISO 说似乎指海岸从桓原 Cho-堀金 YUI 河左岸的附近。 它是取自 TAGO 建 (tagonoura) 海滩 (直到温州蜜柑垂直 (婴儿) 通过从富士河右岸岸东脚) 的第三个黄金 0/750 (750),提交给朝廷使用连续的纯英尺 (参差不齐 inbetween yotari 之一) (日本) 赞扬认为,被评为。 并在哪里,在"历史上的日本"黄金从命名的"金甲虫"() (收起) 列出。
有关于 ISO ISO 由比滨海滩较早的老前辈、 前岩和从附近的岩石 YUI 河的左岸伸出到海和形式的 ISO 和离岸巨石 (Ooiwa) 只有现在,保留表面。
考虑离岸边有深的连接与强大氏族在他的青年时期,俯瞰周围光寺的墓室谷冢和生活在这一领域是歌曲的作者,这里躺着的梅纪念碑被竖立在这里。
在远古的时代,要实现同时摇到 fsenin 的精神使命感将捍卫土地和父母与子女之间的感情拉回头发的年轻人来说,平安夜。
4/2001
神原狮子俱乐部

万葉集 防人の歌(さきもりのうた)
歌詞の大意は「連(むらじ)が磯(いそ)の離れ磯のように母のもとを離れて、国土防衛のために遠くへ行くのは悲しいことである」と言う意味です。
作者の生部道麻呂(あふしべのみちまろ)は奈良時代に九州地方を防衛する防人(さきもり)(兵士)として、いほはらの国(庵原郡(いはら))から応召(おうしょう)された者です。
「連(むらじ)が磯(いそ)」とは蒲原町黄金区付近から由比川左岸に続く海岸を指すものと思われます。それは、天平勝宝二年(七五〇)多胡浦(たごのうら)の浜(富士川右岸から薩垂(さった)峠東麓までの海岸)から黄金を採取して朝廷に献上した三使連浄足(みつかいのむらじきよたり)(続日本紀)の功績を讃えて命名されたと考えられます。なお、「大日本史」には黄金の採れた場所を「黄金(こがね)」(小金)と名付けたと記載されています。
「離れ磯」について以前の由比海岸には磯があって平岩・前岩・大岩が由比川左岸近くから海中に突出して磯を形成しており、沖合の「大岩(おおいわ)」だけが今もその姿を海面に残しています。
この離れ磯を見下ろす本光寺境内にはその頃の豪族の墳墓「室ケ谷古墳」があり、歌の作者もこのあたりに住む青年で、ここに眠る豪族達とも深いつながりがあったと思われここに万葉歌碑を建立しました。
当時の防人が国土を守る気概と親子の情愛のはざまに揺れながら、後ろ髪を引かれる思いで使命感を達成する古代の若者の心情に思いを巡らせてください。
平成十三年四月
蒲原ライオンズクラブ

テキスト化

tenma
2015-10-06 08:03 (648)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 蒲原城 北條新三郎 白蓮阿闍梨 日興 妙福尊尼 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 七里飛脚 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 井戸 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 明治天皇 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 徳川家康 由比町教育委員会 由比宿 由比助四郎光教 今川義元 桶狭間の戦い 権蔵光宏 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 由比町教育委員会 慶安事件 由比正雪 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 由比町教育委員会 静岡県 静岡市清水区
kawa_sanpo (2015/09/22)
タグ: 駿州銀行 清水銀行 静岡県 静岡市清水区