Monumento

東京都指定史跡「神田下水」

kawa_sanpo

2015/09/27

タグ: 石黒五十二 auto-translate 東京都 千代田区

案内板

auto-translate Kyoto designated "Kanda sewage. "Kanda sewage' Tokyo Metropolitan historic site on down this road has been buried.
This 'Kanda sewage"is believed to be Japan's first modern sewerage system was built based on modern engineering designed to 0/1884 to improve the public health and urban environment.
It is specified in Tokyo, designated 3/1994, was recognized as an important modern civil engineering heritage to be fully plays its function even today was built on solid piled up with bricks Unlike current drainage, over 100 years after completion, the. Moved from the Edo period to the Meiji era, resulted in cholera due to international exchange. Especially remarkable in Kanda area of dense population for the damage suffered.
The Meiji government realized that some of sewage ago the devastation is 4/30/1883 more of Arawa Yamada of Home Affairs Lord name, Tokyo has forwarded the heading indicator of water ditch improvement encourage sewage facilities for the Government. Seeking a response, civil engineer of the Ministry of the Interior, responsible for designing Ishiguro 52, hired engineering master at Interior Ministry civil residence in the Netherlands who Johannes-de Rijke's opinion is put together design. And to 0/1884, pot, Kanda-Ku kajicho West, dragons leave bridge muscle new River North, (present JR Kanda Station) started for no. 1 construction further, in 18 as no. 2 during this period, in the East of the phase 1 work area construction was held. However, it stopped further construction was mostly halted due to financial reasons, will result in brick masonry Canal 900 meters, ceramic tube is approximately 3100 m, total approximately 4000 meters sewer pipes will be built.
Nationally designated "Kanda sewage" is a portion of the brick masonry duct remains current on proper maintenance. After that, through the efforts of the 3/1995 sewer penetration of central Tokyo generally 100 percent.
"Kanda sewage", tell the achievements of this ancient historic civil engineering facilities in good storage and management and will continue.
Brick masonry tube (egg-shaped), with double winding diameter 4 Shaku five ' Sun (136.4 cm) from three shakus (90.9 cm), width from three shakus 2 Shaku (60.6 cm) outside concrete, has been hardened. The crest's brick pile pipe from the surface from approximately 2.3 3.1 m deep.

auto-translate 京都议定书指定"神田污水。

"神田污水 ' 东京都市历史遗址上的沿着这条路已经被埋葬。 这 ' 神田污水"被认为是日本的第一次现代化的下水道系统建立了基于现代工程到 0/1884 年旨在改善公共卫生和城市环境。
东京,指定指定的 3/1994 年,被认定为重要现代土木工程遗产完全是其功能甚至今天实心砖不同于当前的排水,堆满了 100 多年后完成,建成的戏剧。
从江户时代到明治时代,导致霍乱由于国际交流。 神田地区的人口稠密,遭受的损失尤其显著。 明治政府发现有些污水前造成的破坏是 1883/4/30 更多的阿拉山田家里事务耶和华名的东京已经转发标题指标的水沟改善政府鼓励污水处理设施。
寻求的响应,内政部,负责设计在内政部雇用工程硕士石黑浩 52 土木工程民用住宅在荷兰人约翰内斯 · 德里克的意见是放在一起设计。 到 0/1884 年,壶,神田町 kajicho 西,龙假肌肉新河桥北,(目前 JR 神田站) 开始号 1 施工进一步,在 18 号 2 在此期间,作为在阶段 1 工作区建设东部举行。 然而,它进一步停止建设主要是因为财政原因暂停将结果在砖砌体中的运河 900 米,陶瓷管是约 3100 米,共约 4000 米下水道管道将建成。 国家指定的"神田污水"是砖砌体管部分仍然是当前对适当的维修。
在那之后,东京市中心的 3/1995年下水道渗透的努力通过一般 100%。 "神田污水",告诉这个古代历史土木工程设施良好的存储和管理的成就,并将继续。
砖砌体管 (蛋形),与双绕组直径 4 释五 ' 太阳 (136.4 厘米) 从三个 shakus (90.9 厘米),宽度从三个 shakus 2 释 (60.6 厘米) 混凝土,外面已经硬化。
顶砖桩管从表面从大约 2.3 3.1 米深。

東京都指定史跡「神田下水」

 この道路の下には、東京都指定史跡である「神田下水」が埋設されています。この「神田下水」は、明治17年に、一般市民の衛生や都市環境を改善することを目的に、近代工学に基づいて建設された我が国初の近代下水道といわれています。
 現在の下水道管と異なりレンガで積まれ強固に築かれており、完成後100年以上を経過した今日でも、その機能を十分に果たしていることから、現存する重要な近代土木遺産として認められ、平成6年3月に東京都指定史跡に指定されたものです。
 江戸から明治に移り、海外との交流によりコレラがもたらされました。当時の神田地区は、人口稠密であったためとくに著しい被害に見舞われました。その惨状を前に、下水道整備の必要性を痛感した明治政府は、明治16年4月30日に、内務卿山田顕義の名により、東京府にたいして上下水道の整備を促す「水道溝渠等改良の儀」を示達しました。
 これを受けて、内務省の土木技術者、石黒五十二 が設計を担当し、当時の内務省土木寮の雇工師であった、オランダ人ヨハネス・デレーケの意見を求めて設計をまとめ上げたものです。そして、明治17年に神田区鍋町・鍛冶町以西、竜閑橋筋新川以北、(現在のJR神田駅周辺)を対象とした第一期工事が開始さら、翌18年には第二期工事として、第一期工事区域の東側で工事が行われました。しかし、これ以降の工事は、主に財政上の理由により中止され、結果的にはレンガ積み管が約900メートル、陶管が約3,100メートル、計約4,000メートルの下水道管が建設されるに止まりました。史跡に指定された「神田下水」は、適切な維持管理のもとに現在まで残っているレンガ積み管の部分です。
 その後、多くの先人の努力により、平成7年3月には東京都区部の下水道普及率が概ね100パーセントとなりました。これからも、この先人たちの偉業を伝える歴史的土木施設である「神田下水」を良好に保存・管理してまいります。
レンガ積み管(卵形管)は、二重巻きで内径は高さ四尺五寸(136.4cm)から三尺(90.9cm)、幅は三尺から二尺(60.6cm)で外側をコンクリートで固められています。
 レンガ積み管の天端は地表面から約2.3から3.1mの深さにあります。

テキスト化

tenma
2016-10-06 07:26 (1)
tenma
tenma
2016-10-06 07:26 (945)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 源頼朝 佐竹義宣 藤原泰衡 佐竹秀義 auto-translate 千代田区町名由来板 東京都 千代田区
kunitenten (2016/08/04)
タグ: 神社 東京都 千代田区
hanacoco (2016/08/17)
タグ: 江戸買物独案内 椎名山城 auto-translate 東京都 千代田区
hanacoco (2016/08/17)
タグ: 千代田区町名由来板 江戸古町 多町 神田青物市場は 多町二丁目町会 auto-translate 東京都 千代田区