Monumento

三天王 三の宮

kawa_sanpo

2015/09/27

タグ: 東京都 千代田区

案内板

auto-translate Tennozu Miya
Boat town Yakumo shrine
Karita construction speed Susa (takehayasusanoonomicoto)
Festival, 6/6 This shrine is from Edo Castle fukiage Gardens along with the Kanda shrine was moved to this place.
Kobuna-Cho [Toru years (1684-) until the kodenma-Cho, called Tennozu kobuna-Cho, Kariya has the 渡御 portable shrine from.
Era by public order because of plague all Edo town area of Edo Castle, North magistrate, Japan bridge people on to enshrined and the prayer is made. In toto, according Tenno Festival at the time of the 1-at Kariya and covered by a large lantern, ceremonial, 2-8 between here and a silk Mikado is built, as is placed on both sides of length 5-cedar wood studs, bonito stacked barrels stacked high.
3-Chome, Susa and Inada-Hime of the eight large banner-headed serpent lantern, Tenno Festival the Mikoshi saiwai waited. Called Mikoshi on June 10 by litter from Myojin shrine parishioners 180 or city tour, Huan Yu reached during that time Wei 13-13 or 14 days.
For this reason also said 13-heavenly King. Yakumo Festival was changed in recent years, kobuna-Cho city Grand still set up Kariya, brilliant, brave big Mikoshi during the festival time to Osaka line has been.

auto-translate 天王洲米亚
小船镇八云神社
莎乐美式的卡建设速度苏萨 (takehayasusanoonomicoto)
节,6/6
这座神殿是从江户城堡吹上花园和神田神社被搬到这个地方。 小樗町 [彻年 (1684 年-),直至 kodenma 町,所谓天王洲小樗町,刈谷有从渡御便携式神社。
由于瘟疫的江户城,北县长、 日本桥区所有江户镇都人对公共秩序的时代所载和祷告。
1 次全部内容,根据日本国天皇节-在刈谷和鲣鱼由大型彩灯,礼仪,2-8 这里与天皇生成的如放在两边的长度 5 雪松木钉,丝绸堆积桶堆放着高。 3 丁目,苏萨和稻田姬的八个大横幅领导蛇灯节,日本国天皇神舆内幸等。
神舆 6 月 10 日由调用垃圾从明神神社教民 180 或城市游览,环宇期间该时间魏 13 13 或 14 天达成。 为此还说 13 天王。
八云节更名近几年,小樗町市大仍建立刈谷,辉煌,勇敢的大神舆到大阪线节庆期间一直。

三天王 三の宮
小船町八雲神社
御祭神 建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)
祭礼日 六月六日
 この神社は江戸城内吹上御苑より神田神社と共にこの地に遷座された。小舟町[貞享年間(一六八四~)までは小伝馬町]お仮屋を有し神輿が渡御されたことから小舟町の天王と称された。
 明治以前は公命により、江戸全町域の疫病退散の為、江戸城内・北奉行所・日本橋々上に神輿を奉安し祈祷が行われた。
 東都歳時記によれば、当時の天王祭は一丁目にお仮屋ができ大提灯・大注連縄が張られ、二丁目にはなな、八間の絹張りの神門が造られその左右に随神が置かれ長さ五丈の杉の木を植込み、鰹節の樽積みが高々と重ねられた。三丁目には須佐之男命と稲田姫の造り物、八岐大蛇の行灯、天王祭の大幟をたて神輿の神幸を待った。
 神輿は六月十日に明神境内を発輿して氏子百八十か町を巡り還輿するのは十三日か十四日その間の里程は十三里に及んだといわれる。このことから十三里天王ともいわれた。
 近年では、八雲祭と改められ小舟町街中に壮大なお仮屋がたてられ、華麗にして勇壮な大神輿の神幸祭が不定期に斎行されている。

テキスト化

tenma
2015-10-06 08:21 (475)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 力石 千代田区教育委員会 auto-translate 千代田区指定有形民俗文化財 石 大草鞋 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 千代田区教育委員会 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 吉田草紙庵 吉田金太郎 市川三升 英十三 宮川曼魚 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: べったら市 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 関東大震災 千代田区教育委員会 武江年表 東京都 千代田区
sanpocafe (2015/02/24)
タグ: 宮田亮平 少彦名命 えびす様 七福神 東京都 千代田区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 坂 神田文化史 東京都 千代田区
sanpocafe (2015/02/24)
タグ: 銭形平次 銭形平次捕物控 東京都 千代田区
sanpocafe (2015/02/24)
タグ: 千代田区教育委員会 味噌 千代田区指定有形文化財 糀室 甘酒 糀製造 関東ローム層を 煉瓦 auto-translate 東京都 千代田区