Monumento

赤レンガ倉庫

monumento

2014-01-30

タグ: レンガ 神奈川県 横浜市中区

案内板

Aka-Renga Soko
These warehouses were built on the first modern pier constructed in the East Asia called "Shinko Pier" for Yokohama Customs to control import and export of goods through the Port of Yokohama. These warehouses were the most advanced warehouses at the time being constructed with earthquake-resistant and fireproof structures.
Yokohama Customs had controlled imported goods such as leaf tobacco, wool and optional instruments in these warehouses until World War II began. During the war, the Japanese Army and Navy used them. Then, the U.S. forces controlled them after the war. At the end of the U.S. forces' requisition, No.1 warehouse was returned to Yokohama Customs and No.2 was left to the City of Yokohama.
However, they were no longer to be used as the warehouses since 1989, because of expansion of the containerization of the marine transport.
The City of Yokohama restored them by acquiring from National Government to preserve as one of the important historical buildings and make them as a symbol of the lively and cultural port. In April 2002, these warehouses welcomed its grand open as Aka-Renga Soko.

auto-translate 红砖仓库
红砖仓库,仓库,当时通过抗震性能的艺术结构是作为出口的货物至神钢码头为现代码头建成于东部第一次在海关仓库,建立由国家财务)。
从原横滨海关直到前第二次世界大战世界是处理导入的产品,如葉煙草、 羊毛、 和光学设备,但期间第二次世界大战世界管理运输指挥的军队在战争以后作为端口命令的美国部队使用。美国军队征用后 1 号仓横滨海关,但 2 号仓库横滨市管理。
然而,以及货物海运集装箱装卸量减少,使用作为过时 0/1989 年的仓库。
在横滨红砖仓库作为宝贵的历史古迹保存和利用的空间作为文化创意和喧嚣和热闹的港口 0/1992年从国家得到,促进养护和利用项目,2002 年 4 月开幕,作为一个商业和文化设施。

从海见过侧建成 2 号仓库图片后不久。照片背景是 1 号仓。)

你可以看到那部分 1 号仓、 红砖仓库从神钢码头后销毁地震现场,照片的中心。

1905
更多的横滨海关和部财务 12/1905年神钢码头完成了第一阶段建设 (海平面垃圾填埋场建设)。
1911
由神钢码头为第二阶段的建设 (海平面垃圾填埋场建设) 3/1911年财政部已完成。
1911
5/1911年号 2 的红砖仓库已完成 (管理横滨海关)
1913
完成了 3/1913年红砖 1 号仓库 (管理横滨海关)
1917
11/1917 由财政部神钢码头陆上设施建设已完成 (神钢墩已完成)
1923
9 1923 由伟大的关东大地震部分被毁号 1 仓库,然后到当前大小
1945
9/1945 年战争结束美国军事神钢码头年底是
1956
0/1956年 5-8,神钢码头被征用大部分已解锁
1989
0/1989年使用过时作为红砖仓库,仓库
1992
3/1992年横滨市从部财务红砖 1 号和 2 号仓库和获取两个建筑物之间的广场
2002
2002/4/12 红砖仓库隆重开幕

赤レンガ倉庫
 赤レンガ倉庫は、東洋で初めて築造された近代ふ頭である「新港ふ頭」に、輸出入される貨物を税関が管理する倉庫として、国(大蔵省)によって建設されたもので、耐震・耐火構造を採用した当時最新鋭の倉庫でした。
 創建時から戦前までは横浜税関が管理し、葉煙草、羊毛、光学機器などの輸入品を取扱っていましたが、戦時中は陸軍の輸送司令部が管理し、戦後は米軍の港湾司令部として使用されました。米軍の接収解除後は、1号倉庫を横浜税関が、2号倉庫を横浜市が、それぞれ管理していました。
 しかし、海上貨物のコンテナ化とともに次第に取扱量が減少し、平成元年に倉庫としての用途が廃止されました。
 横浜市では、この赤レンガ 倉庫を、貴重な歴史的建造物として保存し、「港の賑わいと文化を創造する空間」として活用するため、平成4年に国から取得し、保存・活用工事を進め、平成14年4月に商業・文化施設としてオープンしました。

海側から見た創建直後の2号倉庫(写真手前。写真奥は1号倉庫。)

震災後の新港ふ頭の様子・写真中央部より右側に赤レンガ倉庫があり、1号倉庫が半壊している様子が分かる。

1905
明治38年12月 横浜税関及び大蔵省により新港ふ頭第一期工事(海面埋立工事)竣工
1911
明治44年3月 大蔵省により新港ふ頭第二期工事(海面埋立工事)竣工
1911
明治44年5月 赤レンガ2号倉庫竣工(横浜税関が管理)
1913
大正2年3月 赤レンガ1号倉庫竣工(横浜税関が管理)
1917
大正6年11月 大蔵省により新港ふ頭陸上設備工事竣工(新港ふ頭の完成)
1923
大正12年9月 関東大地震により、1号倉庫が半壊し、現在の大きさに
1945
昭和20年9月 終戦により新港ふ頭が米軍に接収される
1956
昭和31年5〜8月 新港ふ頭の大部分が接収解除される
1989
平成元年 赤レンガ倉庫、倉庫としての用途廃止
1992
平成4年3月 横浜市が大蔵省から赤レンガ1号、2号倉庫及び2棟間広場を取得
2002
平成14年4月12日 赤レンガ倉庫グランドオープン

テキスト化

monumento
2014-04-13 12:56 (778)
monumento
monumento
2014-04-13 12:55 (750)
monumento
monumento
2014-04-08 20:50 (11)
monumento
monumento
2014-02-20 23:32 (337)
monumento
monumento
2014-02-20 23:29 (106)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

monumento (2014/02/18)
タグ: レンガ Brick 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2015/01/18)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2015/01/18)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
monumento (2014/02/18)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2015/01/18)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2015/01/18)
タグ: 第2次世界大戦 昭和天皇 香淳皇后 行幸啓 神奈川県 横浜市中区
monumento (2014/02/18)
タグ: 台場 岩倉具視 象の鼻 神奈川台場 伊予松山藩 勝海舟 神奈川県 横浜市中区
monumento (2014/02/18)
タグ: 神奈川県 横浜市中区
hamanobakeneko (2014/09/17)
タグ: 中居屋重兵衛 生糸 中居屋 横浜開港見聞誌 auto-translate 神奈川県 横浜市中区