Monumento

小机城について

kawa_sanpo

2015/10/04

タグ: 豊臣秀吉 太田道灌 北条早雲 長尾景春 矢野兵庫助 笠原信為 笠原重政 神奈川県 横浜市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate About the desk Castle It seems in the 12 century's castle was built is not clear, perhaps this is developed.
Around this area is under the forces of the Uesugi clan, from enoki Shimojo under its control in the West, it seems to the Castle.
At revolt, the yamanouchi Uesugi vassal Nagao Deluxe spring patrimony disputes rooted in the landscape spring battled troops led by Ōta dōkan of Uesugi Yano hyogonosuke favor from the carapace of the turtle mountains north of the booming fresh (current Nippa-Cho 亀no子 bridge near) band's Castle. Castle 攻me落tosa 0/1478 (1478) and Uesugi clan is soon chased by Hōjō Soun, Odawara Hōjō territory, 40 years had become a deserted Castle. 0/1524 (15 d 4) Kasahara Echizen Mamoru Makoto tamejiro revived as conucilor and Hojo Mr. Takashi's family Castle.
Kozukue located geographically, between the various castles, such as Edo rope balls, enoki, under, this ground will thereafter play a pivotal role in both military and economic.
攻me落shi Odawara Castle, Hideyoshi Toyotomi, eventually Odawara Hojo ruin by the 4 Hokage Castle next jubei kozukue Castle was Castle, its history, closing, shigemasa was given 200 chiko as a retainer of Tokugawa houses, living in one village near (Midori-Ku, one village).
--- Kasahara Shin for Kasahara shigemasa

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 关于书桌城堡
它似乎在 12 世纪的城堡建尚不清楚,也许这开发。 在这一带是下 Uesugi 氏族,从金针 Shimojo 在西方,其控制下的部队似乎到了城堡。
在反抗,山之内 Uesugi 附庸长尾豪华春植根于与的部队为首的 Ōta dōkan 的 Uesugi 矢野兵库之介忙从海龟的背甲山北部蓬勃发展新鲜 (当前 Nippa Cho 亀no子桥附近) 乐队的城堡景观春天的遗产纠纷。
城堡攻me落tosa 0/1478年 (1478) 和 Uesugi 氏族很快就被追赶的宝城江舜,小田原宝城江领土,40 年来已成为一座空无一人的城堡。 0/1524年 (15 d 4) 笠越前守 Makoto 为二郎恢复作为 conucilor 和德郡豪生先生隆家庭城堡。 Kozukue 坐落在地理上,之间的各种的城堡,如江户绳球,金针菇下,,这地面此后将在军事和经济中发挥关键作用。
攻me落shi 小田原城堡,丰臣秀,最终小田原北条毁于 4 代火影城堡下车陂 kozukue 城堡是座城堡,它的历史,关闭,重理给 200 地子的家臣德川的房子,住在一个村庄附近 (Midori-Ku,一个村庄)。
---
笠原繁理的笠 Shin

小机城について
 築城の年代は明らかではありませんが、おそらく、このあたりがひらけた十二世紀以降ではないかと思われます。その頃は、このあたりは上杉氏の勢力下にあり、西方には、その支配下の榎下城があったことから、それとかかわりのある城と思われます。
 その後、山内上杉家の家臣長尾景春 が、家督争いに端を発して反乱を起こした時、景春に味方した矢野兵庫助 らが城にたてこもり、北方の亀之甲山(現在の新羽町亀ノ子橋付近)に帯陣した上杉方の太田道灌 の率いる軍と戦いました。
 城は文明十年(1478)攻め落とされ、上杉氏もやがて北条早雲 に追われ、小田原北条の領地となり、四十年間廃城となっていました。大永四年(一五ニ四)一族の北条氏堯の城となり、笠原越前守信爲を城代として再興しました。小机は地理的に、江戸、玉縄、榎下などの諸城を結ぶ位置にあり、この地は以後軍事、経済の両面で極めて重要な役割を果すことになります。
 豊臣秀吉 が小田原城を攻め落し、やがて小田原北条氏が亡び、四代目城主の弥次兵衛重政が徳川家家臣として二〇〇名の知行を与えられ、近くの台村(緑区台村)に住むことになり、小机城は廃城、その歴史を閉じることになりました。
---
笠原信為 笠原重政

テキスト化

tenma
2015-10-08 08:40 (529)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/10/04)
タグ: 神奈川県 横浜市
kawa_sanpo (2015/10/04)
タグ: 神奈川県 横浜市
kawa_sanpo (2015/10/04)
タグ: 神奈川県 横浜市
wawa (2017/05/29)
タグ: 梅林 横浜市大倉山記念館 大倉山公園 神奈川県 横浜市