Monumento

興津の歴史

kawa_sanpo

2015/10/10

タグ: 徳川家康 宿場町 東海道 伝馬制度 東海道五十三次 由比宿 江尻宿 興津宿 静岡県 静岡市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate History of Tsu Was also called okitsu village, okitsu, flourished as a post town in the 17 th of the Tōkaidō during the Edo period.
The place now called the okitsu was once called "okutsu" and "breath Tsu" "Oki".
Located downstream of the okitsu River East okitsu River, Satta-toge pass 埵, West from located in the hardest mountain Qing found close to Suruga Bay Kiyomi Guan Qing at Temple Mount below the ancient bando (the Kanto region and theories) preparedness played a role.
The Kamakura era dominate the okitsu said as a millionaire's offices were here as Imagawa said 被官 in the warring States period, established the guard on Satsuma 埵 mountain. 0/1601 (1601) and Tokaido Inn and subsequently developed as a post town.
From okitsu minobu, Koshu road which leads to the Kofu (minobu road) was a strategic branch, transportation.

In the Edo period and Meiji period Meiji era villa as wintering area located nationally is also known, is known as a trading center of paper produced in the okitsu River basin in the late.

On the Tokaido road
0/1600 (1600) became world champion at the battle of Sekigahara Tokugawa Ieyasu did the Tokaido, Nakasendo and Koshu-Kaido, Nikko Highway, including oshu Kaido Road maintenance. Especially especially in the Tokaido road, an important trunk road linking politics with the Imperial Court in Kyoto in Edo, Ieyasu is here to make the station conducted a Tokai road tenma-system. Station number will increase gradually and now counts 53 to 0/1624 (1624).
It is the birth of the Tokaido road.

Since the Tokaido road has grown leaps and bounds development passage travel system called sankin kotai and commoners, merchants, by.

The scale of the okitsu-Juku Tokai Road 17 second stage is YUI-shuku in the East has two RIS junicho formation (9.2 km) away.
Traveler difficult wisdom teeth children do not know the process of "埵-toge pass', to the West is to pass beyond and okitsu-Juku, YUI-shuku in travellers to travel East to set up they stop at okitsu-Juku in beyond the hardest part of the pass.
In addition, ejiri-Juku in the West, one is said to be from d-town (4.2 km), and the hardest part of the rivers and mountains that on flat ground unlike currency used as a flourishing and lower than the okitsu-Juku.
Okitsu-Juku-Juku in the town's East and West to 10 55 (1.2 km) between those who 馬継 Kadoya, 1 at, wholesale two, four elderly people, book with four, horse finger five, laborers between three people, accommodation of horse one hundred hundred 0/1843 (1843) in home number 316 hotels, of which two Honjin, hatago 34 hotels wakimoto team two, 1668 people (809 male 859 women) did.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Tsu 的历史

也叫兴津村,兴津,兴盛起来作为邮政镇在 17 日炮击江户时期。 现在叫兴津的地方曾经被称为"装卸车"和"呼吸 Tsu""Oki"。
位于下游的兴津河兴津东河,萨陀山口通埵,西从位于最难的山清发现附近的骏河湾 Kiyomi 关清在圣殿山下面古代阪东 (关东地区和理论) 备灾方面发挥了作用。
镰仓时代主宰兴津说,作为一位百万富翁的设立了办事处在这里正如川说被官在战国时期,温州蜜柑埵山上警卫。
0/1601年 (1601) 和东海道客栈,后来发展为邮政镇。 从身延兴津,Koshu 路导致甲府 (身延路) 是一个战略的分支,运输。
在江户时代,明治时期明治时代别墅众所周知越冬地区位于全国也,被称为贸易中心兴津河盆地后期制成纸张。

东海道

0/1600年 (1600) 成为了世界冠军在战役中关原德川家康做东海道、 Nakasendo 和 Koshu-街渡,日航公路,包括 oshu 街渡公路养护。
尤其是尤其是在东海路,重要的主干道路,连接在江户,京都朝廷的政治德川家康是在这里,使该站进行东海路天马系统。 车站编号会逐渐增加,现在计数 53 到 0/1624 (1624)。 它是东海道道路的诞生。
因为东海路已经突飞猛进发展通道旅游系统由调用各地和平民,商人,。

兴津补习的规模

东海路 17 第二阶段是 YUI 珠玖在东部有两个 RIS junicho 形成 (9.2 公里) 远。 旅行者难智齿孩子不知道的过程"埵山口 pass',向西是超越传递和兴津补习,YUI-珠玖在旅客旅行东树立他们停止在兴津-补习中超越最难通过。
此外,在西方,江后补习一个据说是从 d-小镇 (4.2 公里),最难熬的河流和山脉,在平面上与货币作为一片繁荣景象不同接地,并且低于兴津补习。
兴津-补习-补习在小镇的东部和西部 10 55 (1.2 公里) 之间那些谁馬継角屋,1,批发两个、 四个老人,书与四、 马手指五,劳动者之间三人,住宿的马 1 万
0/1843年 (1843) 家的电话号码 316 酒店,其中两本阵,哈塔格 34 酒店胁本团队两,1668年人 (809 男 859 妇女) 做。

興津の歴史

 興津は、江戸時代の東海道五十三次 のうち十七番目の宿場町 として栄え、興津郷とも称されていました。現在興津と呼ばれている地名はかつて「奥津」「息津」「沖津」とも呼ばれていました。
興津川の下流部にあり、東は興津川、薩埵峠、西は清見寺山が駿河湾に迫る難所に位置することから、古代より清見寺山下の清見関は坂東(関東地方・諸説ある)への備えの役割を果たしました。
 鎌倉時代以降には、興津氏が宿の長者として支配し、戦国時代には今川氏被官としてここに居館を構え、薩埵山に警護関を設置しました。
 慶長六年(1601)東海道 の宿となり、以後宿場町として発展しました。興津からは身延、甲府へ通じる甲州往還(身延街道)が分岐、交通の要衝でした。
 江戸時代中~後期には興津川流域で生産される和紙の集散地として知られ、明治以降は明治の元勲の別荘が建ち避寒地として全国的にも知られています。
 
東海道五十三次について

 慶長五年(1600年)に関ヶ原の戦いで天下の覇者になった徳川家康 は、東海道、中山道、甲州街道、日光街道、奥州街道など街道の整備を行いました。
 なかでも特に東海道は、朝廷のある京都と政治の拠点である江戸を結ぶ重要な幹線道で、家康は、ここに宿駅をもうけ、東海道伝馬制度 を実施しました。宿駅の数は次第に増え、寛永元年(1624年)に五三を数えるようになりました。東海道五十三次の誕生です。
 以来、東海道五十三次は、参勤交代制度の大名行列や庶民の旅、商人の通行などによって飛躍的な発展を遂げました。

興津宿の規模

 東海道一七番目の宿場ですが、東の由比宿 には二里十二町(9.2km)の距離があります。その過程に親知らず子知らずの難所「薩埵峠」があり、西に至る旅人は峠を超えてほっとするのが興津宿 であり、東に旅する旅人は興津宿で旅装を整え、峠の難所を超え由比宿に至ります。
 また、西の江尻宿 には一里ニ町(4.2km)ですが、川や山の難所とは異なり平地であることから通過の宿場として興津宿よりも繁華性は低いといわれています。
 興津宿の宿内、町並みは東西に十町五十五間(1.2km)人馬継門屋場一ヶ所、問屋二軒、年寄四人、帳附四人、馬指五人、人足差三人、宿立人馬百人百匹
 天保十四年(1843)宿内家数三百十六軒、うち本陣二軒、脇本陣二軒、旅籠三十四軒、人数千六百六十八人(男八百九人女八百五十九人)でした。

テキスト化

tenma
2017-03-02 14:10 (1010)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/10/10)
タグ: ocr-generated 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/10/10)
タグ: ocr-generated 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/10/10)
タグ: ocr-generated 静岡県 静岡市
wawa (2017/04/19)
タグ: ocr-generated 静岡県 静岡市