Monumento

史跡 江戸城外堀跡 赤坂御門

sanpocafe

2014/09/05

タグ: 江戸城 auto-translate 赤坂御門 見附 枡形門 田安門 桜田門 黒田忠之 加藤正直 小川安則 千代田区教育委員会 東京都 千代田区

案内板

auto-translate Historical Edo Castle moat marks Akasaka Mikado Stone wall on the front part of the Akasaka gate, one of the Edo Castle Guo gate in the this area as a site of Edo Castle moat is provided nationally. Takes the two gates placed at a right angle, is called "Mitsuke (finding) and also because the gate of Edo Castle is a hotel to discover the enemy invasion" masugata-gate (ますがたもん) of form.
Akasaka gate does not leave its traces most, still see the tayasu gate of the old Edo Castle and sakuradamon gate of the same format. The Akasaka gate to 0/1636 (1636) Fukuoka feudal Lord chikuzen-Kuroda, this square was reconstructed stone wall built by Hiroyuki, was completed by masanao Kato Mikado's magistrate, Yasunori Ogawa Gates said 16 years ( 1639 ).
This gate in Edo period also was an important point of big mountain to visit the present Kanagawa Prefecture Oyama. Ground stone was discovered by the excavations by Teito rapid transit authority subway No. 7 line construction work associated with 0/1991 and elimination of the gate since the Meiji era, but also its stone walls largely dismantled as shown in figure.
Currently, discovered by the excavations beneath this stone wall stone wall present store.
Chiyoda-ku, Education Committee Donated by Teito rapid transit authority

auto-translate 历史江户城堡护城河,标志着日本天皇赤坂
石墙壁上的赤坂的大门,在此的江户城堡郭城门之一的前面部分地区作为的江户城堡护城河遗址全国范围内提供。需要两个大门放置在正确的角度,称为"见附 (发现),也因为江户城堡的门是一个酒店,发现敌人的侵略"masugata 门 (ますがたもん) 的形式。赤坂门不最离开它的踪影,仍然看到的相同的格式旧江户城堡和 sakuradamon 门田安门。
赤坂门到 0/1636 年 (1636) 福冈封建主筑前黑田,这个广场是重建石头墙建造的裕之,是完成由政直加藤天皇的裁判官,廉则小川盖茨说,16 年 1639年)。在江户时代这个门也是座大山,参观目前神奈川县大山的重要起点。
地面的石头被发现由帝都的挖掘与 0/1991年和门自明治时代,消除相关的快速轨道交通管理局地铁 7 号线建设工作但其石墙也很大程度上拆除如图所示。目前,由下面这石头墙石头墙目前商店挖掘发现。
千代田区教育委员会
捐赠的帝都快速轨道交通管理局

史跡 江戸城外堀跡 赤坂御門
 正面にある石垣は、江戸城外郭門のひとつである赤坂御門 の一部で、この周辺は「江戸城外堀跡」として国の史跡に指定されています。江戸城 の門は、敵の侵入を発見する施設であるため「見附(みつけ)」とも呼ばれ、ふたつの門が直角に配置された「枡形門(ますがたもん)」の形式をとっています。赤坂御門はその面影をほとんど残していませんが、現在でも旧江戸城の田安門桜田門 には同じ形式の門を見ることができます。
 赤坂御門は、寛永13年(1636)に筑前福岡藩主黒田忠之 により、この枡形石垣が造られ、同16年(1639)には御門普請奉行の加藤正直小川安則 によって門が完成しました。江戸時代のこの門は、現在の神奈川県の大山に参拝する大山道の重要な地点でも有りました。
 明治時代以降、門が撤廃され、その石垣も図のように大部分が撤去されましたが、平成3年に帝都高速度交通営団による地下鉄7号線建設工事に伴う発掘調査によって地中の石垣が発見されました。現在、この石垣の下には、発掘調査によって発見された石垣が現状保存されています。
千代田区教育委員会
寄贈 帝都高速度交通営団

テキスト化

monumento
2014-09-05 15:10 (489)
monumento
monumento
2014-09-05 15:02 (14)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2016/07/19)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2016/06/15)
タグ: 坂 新撰東京名所図会 東京都 千代田区
hanacoco (2016/07/19)
タグ: 東京都 千代田区
hanacoco (2016/07/19)
タグ: 東京都 千代田区