Monumento

日光御成道と川口宿(にっこうおなりみちかわぐちじゅく)

kawa_sanpo

2015/10/25

タグ: 川口宿 日光御成道宿村大概帳 埼玉県 川口市

案内板

auto-translate Sacred path for the light and Kawaguchi-Juku (Nikko familiar road Kawaguchi cram) Sun gyona was established as a private road for sunshine, see the Tokugawa Shogun, based on medieval Kamakura Kaido centrist (igloos or how well anyway).
HONGO oiwake (book detonation view) in Nakasendo and divided the 5 n. Iwabuchi Iwabuchi, Kawaguchi, hatogaya, Daimon, iwatsuki-Juku through satte oiwake (satteoiwake) in the sunlight on the way (Nikko if China) to join 12 (role of 48 km) of road is. Sunshine, see the Tokugawa Shogun goes to sunlight mountain, East the Toshogu Shrine (Toshogu is gongen) Ieyasu (Ieyasu), is a large core hospital (taiyuuinn) (Iemitsu (Iemitsu)) such as the ancestral mausoleum (ukanmuri:) to visit events. Companies see began from the mousoleum (gennwa) (1617) 2 Bill h. t. (Hidetada), tempo (tenpōzan) fourteen years (1843) twelve generations ieyoshi (ieyoshi) 17th Edition has been made, is h. t. 4 times, Iemitsu counts nine times.
Know that companies see passes Kawaguchi-Juku is six times the scepter Temple (shakujouji) is used as a resting place (oyasumidokoro). Kawaguchi-Juku is a second stage from HONGO oiwake. Features accommodation, transport, communications and accommodation and the most important thing was for official business, the way cargo customer (kakyaku) who offers to transport it. As the sacred path of the sunlight station (shukueki) role, Kawaguchi-Juku had training camp and place of the first one across the Arakawa Iwabuchi-Juku (aijuku).
In training camp, in two different places to 1 accommodation-business accommodation, every half month business in alternation.
"Sunlight feudal Shinjuku Mura usually book (Nikko familiar road worshipful organisation sonndai) ' [0/1843 (1843), the according the 1406 people, has a population of Kawaguchi's home number is 295 hotels, in the Honjin (posing) and Waki-Honjin (wakihonnjinn), ryokan (Inn), various shops and also 10 back alley (uramachi) casting a livelihood (human) and those that are marked.
And rough Kawabata from the original village (motogoumura) and Harajuku area (jukuiki), length 13 towns along the route 57 between (approximately 1522 m) standing houses, houses spread out in the back alley on the West side of the feudal, Yasuyoshi. Kawaguchi-Juku in Sunshine gyona, briefly present the current per, old shops now beheld on the both sides of the street.

auto-translate 神圣之路中的光和川口补习 (日航熟悉道路川口补习班)
太阳 gyona 成立,是一条私家路的阳光,看到德川幕府,基于中世纪镰仓街渡中间派 (圆顶或如何反正)。 本乡追分 (书爆轰视图) 在 Nakasendo 和划分 5; 岩渊岩渊,川口,鸠谷,大门,通过 satte 追分 (satteoiwake) 在阳光的路上槻补习 (日航如果中国) 加入,12 (角色 48 公里) 的道路是。
德川幕府将军去阳光山,东家康的阳光,看到 (东照宫是 gongen) 德川家康 (德川家康),是一大核心医院 (taiyuuinn) (德川家光 (德川家光)) 等的祖先的陵墓 (ukanmuri:) 访问事件。 公司见开始从 mousoleum (gennwa) (1617) 2 比尔 h.t.(秀忠),节奏 (tenpōzan) 十四年 (1843) 十二代家庆 (家庆) 取得了第 17 版,是 h.t.4 倍,德川家光计数九倍。 知道公司看到的通行证川口补习是权杖寺 (shakujouji) 用作休息的地方 (oyasumidokoro) 的六倍。
川口顺子补习是第二阶段从本乡追分。 功能的住宿、 交通、 通讯和住宿和最重要的事情是为公务,提供运输的方式货运客户 (kakyaku)。 作为阳光站 (shukueki) 作用的神圣路径,川口补习了训练营和第一个跨荒川岩渊-补习 (aijuku) 的地方。 在训练营里,在两个不同地方对 1 住宿商务住宿,每半个月业务中交替。
"阳光封建新宿 Mura 通常预订 (日航熟悉公路崇敬组织 sonndai) ' [0/1843年 (1843 年),根据 1406年人,人口的川口的家里的电话号码是 295 酒店,本阵 (构成) 和胁本阵 (wakihonnjinn)、 旅馆 (旅店)、 各种商店和也 10 条后巷 (uramachi) 铸造 (人类) 的生计和那些标记。
粗糙川端康成从原始村庄 (motogoumura) 和原宿地区 (jukuiki),长度 13 城镇沿路线 57 之间 (约 1522 米) 站的房屋,房屋散布在西侧的封建,康好僻静的小巷里。
在阳光 gyona,川口补习简要介绍当前每,现在看见这条街两边的老店。

日光御成道と川口宿(にっこうおなりみちかわぐちじゅく)
 日光御成道は、中世の鎌倉街道中道(かまくらかいどうまかみち)をもとにして、徳川将軍が日光社参を行うための専用道として整備されました。本郷追分(ほんごうおいわけ)で中山道と分かれ、岩淵(いわぶち)、川口、鳩ヶ谷、大門、岩槻の5宿を経て、幸手追分(さっておいわけ)にて日光道中(にっこうどうちゅう)に合流する12里余(役48km)の道です。
 日光社参は、徳川将軍が日光山に赴(おもむ)き、東照大権現(とうしょうだいごんげん)(家康(いえやす))、大猷院(たいゆういん)(家光(いえみつ))といった先祖の霊廟(れいびょう)を詣(もう)でる行事です。社参は元和(げんわ)3年(1617)二代秀忠(ひでただ)から始まり、天保(てんぽう)14年(1843)十二代家慶(いえよし)まで17回行われており、その中でも秀忠が4回、家光が9回を数えます。社参が川口宿を通ったことが分かっているのは6回で、錫杖寺(しゃくじょうじ)が御休所(おやすみどころ)として使われました。
 川口宿 は、本郷追分から二つ目の宿場です。宿(しゅく)の機能には、運輸・通信・宿泊などがあり、最も重要なのは、公用で通行する貨客(かきゃく)に対して人馬を提供し、これを輸送することでした。日光御成道の宿駅(しゅくえき)の役割としては、川口宿は荒川を挟んだ一つ目の宿である岩淵宿との合宿(あいじゅく)になっていました。合宿とは、二つの宿で一宿分の業務を行う宿のことで、半月ごとに業務を交替で行いました。
 『日光御成道宿村大概帳(にっこうおなりみちしゅくそんだいがいちょう)』[天保14年(1843)]によると、当時の川口宿の人口は1,406人、 家数が295軒で、この内、本陣(ほんじん)・脇本陣(わきほんじん)、旅籠(はたご)、諸商店などがあり、また裏町(うらまち)には鋳物を生業(なりわい)とするものが10数名いると記されています。
 荒川端から元郷村(もとごうむら)までを宿域(じゅくいき)とし、長さ13町(ちょう)57間(けん)(約1,522m)の道筋に家並みが立ち、御成道の西側の裏町、横小路にも家並みが広がっていました。
 川口宿内の日光御成道は、現在の本一通りにあたり、今も通りの両脇には当時を偲ばせる古い商店などがあります。

テキスト化

tenma
2015-10-28 21:32 (975)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 徳川秀忠 行基 川口市教育委員会 北条時宗 川口宿 永瀬洋治 川口宿絵図 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 菅原道真 川口天満宮 天満大神 武蔵風土記稿 錫杖寺 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 源義経 義経記 埼玉県 川口市
shijia (2014/08/30)
タグ: auto-translate 埼玉県 川口市
sanpocafe (2014/09/05)
タグ: 隅田川 荒川 放水路 auto-translate 岩淵水門 水門 近代化産業遺産 経済産業省 近代産業遺産群 日本の近代土木遺産 東京都選定歴史的建造物 北区景観百景 国土交通省 荒川下流河川事務所 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 櫛稲田姫命 牛頭天王 風土記稿 素盞鳴命 明細帳 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 隅田川 水門 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 北区教育委員会 真言宗智山派 薬師如来像 宥鎮和尚 新編武蔵国風土記稿 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/09/27)
タグ: 道標 北区教育委員会 日光御成道 了雲 東京都 北区