Monumento

錫杖寺

kawa_sanpo

2015/10/25

タグ: 徳川秀忠 行基 川口市教育委員会 北条時宗 川口宿 永瀬洋治 川口宿絵図 埼玉県 川口市

案内板

auto-translate Stick Temple Reportedly temple built by 0/717 (717), themselves carved bodhisattva Buddha and then open the. Revived Kamakura music Temple establishment received a devotee of Hojo Tokimune, 願行 St., 0/1460 (1460) well that date due to the Japanese 8th Shogun Ashikaga Yoshimasa, and founder of the Yuu Township Osho s. living made.
Since Daigo 3 Academy directly at the end of one single Kanto 7 Ke-ji Temple, one of the eleven story branch 53 au temple with famous prospered. Become a 0/1622 (1622) and the rest of the Edo shogunate second Shogun Tokugawa Hidetada, light, when the later was used by successive generals.
In addition, 3代 Kaneko, timber and the deign nokyo-20 stone sho Onarimon building, as well as from the Tokugawa Shogun, Iemitsu, "Kawaguchi-Juku" core Temple prospered.

The Saitama Shimbun co. publication "Saitama religious Hall of Fame.
Saitama Prefecture designated cultural (crafts)
Copper Bell (designated 3/20/1958)
Copper Bell is dedicated to the scepter Temple casting and Kawaguchi Smiths Nagase jihei Mamoru h. Udagawa's inscription is engraved across the pond (central part of the bells) and then 0/1641 (1641), Kawaguchi-Juku village headman in September as the ancestors of the family. Copper Bell is shown in the right water (with dissolved metals) divided into four times-infused, is built. Shape h 132 cm, 66 cm and has a beautiful form of is relatively small, but good die. Visor-shaped protrusion to hide the seam of the upper mould shows the characteristics of the casting of the early Edo period, derived from written across the pond.

Also has beautiful, elaborate Crown hands hanging on the early craft is also very important history of the foundry industry in the industry representing the Kawaguchi article.

* Kawaguchi-Juku and Scepter Temple Picture on the left is the "Kawaguchi-Juku ezu" painted on the old Kawaguchi-Juku's Honjin Nagase, Yoji home to 0/1821 (1821). It narrates the marvellously developed from the Sun sacred path from this figure, the shoguns developed sunlight grave for Iwabuchi-Juku in the second stage, old Kawaguchi-Juku. The back alley was formed in the West along the Road Town Hotels, take a look. Currently retains part of the landscape as "book one".
The Kawaguchi as a "Foundry town" is developed around this narrow. Scepter Temple is located in the northernmost part of this hotel.

Just as the keystone of the Kawaguchi-Juku has resign urban development.
Casting of the Bell
I. 外型 manufacturing-(1)
1 soil types (coarse mane lost wax) four, except Crown bells wear down the forge.
Make 2 mane lost wax (clay and sand in a ratio of 1: 1 with clay water mixed with suitable).
3 covet soil types to reverse the mane lost wax smearing while rotating the ground-type stage 1 gradually stacked up to fourth, finishing each, I'll paint the mane lost wax finish in last. 4 air dry then carved patterns and inscriptions.
In addition, set up gas venting holes and pouring spout.
5 dark (as graphite, soot and ash in the clay water beaten) to paint on the surface.

Isolate 4-6 molds, dries in charcoal.
II. stage-(2) Build a prototype, 1 reinforced, with the roughness rope wound around.
Ground plates attached to the spindle, and secure it in place.
Freshly ground coarse mane lost wax, while mane lost wax, finishing mane lost wax on the surface of the 2 cores, while turning the Board order to smear.
Drying with 3.

4 with blackish outer as well.
III. pouring-(3)
1 central axis along cover outer cores.
A type 2 to hot not to effuse to the outside.
3 pouring. Kawaguchi City Board of education

auto-translate 棍子寺
据报道由 0/717 (717),建造自己的寺庙雕刻菩萨佛,然后打开。 复活的镰仓音乐圣殿建立收到一个奉献者的北条 Tokimune,願行圣,0/1460年 (1460) 井,由于日本 8 幕府将军足利吉政和创始人悠乡镇奥修美国生活作出的日期。 自醍醐 3 学院直接在结束了一个单一的关东 7 柯鸡鸣寺,与著名的十一层分支 53 金寺之一蓬勃发展。
成为 0/1622年 (1622) 和其余的江户幕府第二幕府将军德川秀忠,光,当后来采用连续的将军。 此外,3代金子、 木材和设计野花 20 石 sho 御成门大厦,以及从德川幕府将军德川家光,"川口补习"核心寺繁荣。
埼玉县新闻有限公司出版"埼玉县宗教名人堂。

埼玉指定文化 (工艺品)
铜钟 (指定 1958/3/20)
铜钟献给的寺铸造和川口史密斯长濑吉黑卫 h.区宇的碑文刻在池塘 (响铃的中央部分),然后 0/1641年权杖 (1641 年),川口补习村长在 9 月作为家族的祖先。
铜钟显示在正确的水,(与溶解态重金属) 分为四次注入,建。 塑造 h 132 厘米,66 厘米,有一个美丽的形式是相对较小,但好死。 帽舌形突出要隐藏的铸件的早期江户特点期间,来自大西洋彼岸的写上, 模示接缝。 也有美丽,精心皇冠手挂在早期的工艺也是非常重要的历史铸造产业的行业代表川口条。

* 川口补习和权杖寺

在左边的图片是 0/1821年洋二回本阵,长濑产业老川口补习上画着"川口补习 ezu"(1821 年)。 它叙述了奇妙地发达国家从太阳神圣之路从这一数字,幕府开发的日光坟墓为岩渊补习在第二阶段,旧的川口补习。 在西部沿路镇酒店成立了僻静的小巷里,看看。 目前保留景观的一部分,作为"一本书"。 "铸造之乡"围绕着这狭窄的川口。
权杖寺位于最北端的这一家酒店。 正如川口补习的基石有辞职城市发展。

铸造的钟声
一、 外型 manufacturing-(1)
1 土壤类型 (粗的鬃毛,失去了蜡) 四,除了冠钟声拖垮了铁匠铺。
使 2 鬃毛失去蜡 (粘土和砂的比为 1:1 与粘土混合与之相适应的水)。
3 觊觎土壤类型扭转鬃毛失去了蜡涂抹同时旋转地面类型舞台 1 逐渐堆积达第四,整理每个,我要画失去了蜡完成最后的鬃毛。
4 空气干燥然后雕刻图案和铭文。 此外,设置气体排气孔和流槽。
5 暗 (如石墨、 烟尘、 灰殴打粘土水中的),表面烤漆。
隔离 4 6 模具,在木炭烘干。

二.stage-(2)
构建一个原型,1 钢筋,用粗糙度绳子缠绕。 地面板附加到主轴,并确保它在的地方。
刚地面粗鬃毛失去了蜡,而失去的鬃毛蜡,同时车削板订做,涂片整理 2 芯的表面上的鬃毛失去了蜡。
干燥与 3。
4 与黑以及外。

三、 pouring-(3)
1 沿盖外核液态铁的中轴线。
类型 2 到热也不向外涌出。
3 浇注。
川口市教委

錫杖寺
 養老元年(717)に行基 が本堂を建立、自ら地蔵菩薩を刻み本尊とし開基したと伝えられています。のち、北条時宗 の帰依を受けた鎌倉長楽寺開創の願行上人が再興、寛正元年(1460)には、室町幕府8代将軍 足利義政 により七堂伽藍が整備され、中興の祖 宥鎮和尚 を晋住させました。以降、醍醐三法院直末関東七ケ寺の一つ、十一談林所の一つとして末寺53ケ寺を有する名刹として栄えました。
 元和8年(1622)には江戸幕府2代将軍徳川秀忠 の日光参社の際の休息所となり、以降歴代将軍により利用されました。また、3代将軍家光からは金子、材木を拝領し、御成門を建立するとともに、御朱印20石を賜るなど、“川口宿”の中核寺院として繁栄しました。
埼玉新聞社刊 「埼玉県宗教名鑑」 を一部改編

埼玉県指定有形文化財(工芸品)
銅鐘 (昭和33年3月20日指定)
 この銅鐘は、池の間(鐘の中央部分)に刻まれている銘文から、寛永18年(1641)9月、川口宿 名主である宇田川氏が先祖供養の施主として川口鋳物師長瀬治兵衛守久が鋳造し、菩提寺である錫杖寺に奉納したものです。
 銅鐘の製法は右に示すとおり湯(溶解した金属のこと)を型に4回に分け流し込んで造られています。形状は、総高132cm、口径66cmと比較的小型ですが、型抜きの良い細身の美しい形をしています。上部の鋳型の継ぎ目を隠すための庇状の突起は江戸時代初期の鋳法の特徴を示し、池の間には由来が記されています。また、吊り手の竜頭は精巧で美しい形をしており、近世初期の工芸品として、また、川口を代表する地場産業である鋳物業の歴史をたどる上でも大変重要な資料です。

*川口宿と錫杖寺

左の図は、旧川口宿の本陣であった永瀬洋治 家に伝わる文政4年(1821)に描かれた『川口宿絵図』です。この図からは、将軍家が日光墓参のために整備した、日光御成道の岩淵宿につぐ第二の宿場として発達した、旧川口宿の往時の姿をうかがうことが出来ます。街道に沿って町屋が軒を並べ、その西側には裏町が形成されていたことも見てとれます。現在「本一通り」として、その景観の一部を残しています。なお、「鋳物のまち」としての川口は、この裏町を中心に発達しました。
 錫杖寺は、この宿の北のはずれに位置しています。まさに川口宿のかなめとして、まちの発展を見守り続けてきました。

梵鐘の鋳造工程
Ⅰ外型づくり-①
1土型(粗真土)を四つに区切り、竜頭部分を除いて鐘身を逆にして作り上げていく。
2真土(粘土と川砂を1対1の割合で粘土水で混ぜ合わす)をつくる。
3出来上がった真土を土型に逆にして塗りつけ、挽き型を回転させながら第一段目から次第に4段目まで積み上げ、それぞれ仕上げ、最期に仕上げ真土を通しで塗りあげる。
4自然乾燥の後、模様や銘を刻む。また、注湯の湯口とガス抜き穴を設ける。
5黒味(黒鉛やスス・灰を粘土水で溶いたもの)を表面にぬる。
6鋳型を4段に分離し、炭火で乾燥する。

Ⅱ中子づくり-②
1鉄筋等で原型を造り周囲を荒縄で巻き付ける。定位置に固定し、挽き板を主軸に取り付ける。
2中子の表面に荒真土、中真土、仕上げ真土を挽き板を回しながら順に塗りつける。
3炭火で乾燥する。
4外型同様黒味をぬる。

Ⅲ注湯-③
1中心軸にそって、中子に外型を被せる。
2型をしめ、湯が外に流れ出さないようにする。
3注湯。
川口市教育委員会

テキスト化

tenma
2015-10-28 21:20 (1406)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 菅原道真 川口天満宮 天満大神 武蔵風土記稿 錫杖寺 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 川口宿 日光御成道宿村大概帳 埼玉県 川口市
wawa (2017/11/10)
タグ: 埼玉県 川口市
kawa_sanpo (2015/10/25)
タグ: 源義経 義経記 埼玉県 川口市