Monumento

小梳神社

kawa_sanpo

2015/11/03

タグ: 徳川家康 平田篤胤 今川義元 駿府城 小梳神社 少将井宮 なをりその記 松平左近太夫 新庄道雄 静岡県 静岡市葵区

案内板

auto-translate Small carding shrine
Small carding shrine is popularly abbreviated Narai Maj. Gen. Wells Corp., called the Admiral's and was worshiped as a deity of sunpu Castle construction speed Susa, odd rice field life, of his precious life, Amaterasu is enshrined. Tokugawa Ieyasu left Castle small carding Shrine at sunpu Castle construction is year of kan'ei (1624-1643), again, was moved to its present location in 0/1675 (1675), and transferred from the Castle. Ieyasu, as a hostage of Imagawa Yoshimoto, Shun that to this shrine as a place of memories when I was in the Office, often played in elementary carding shrine. ", And the notation" to Ieyasu, according as a hostage Hayao reportedly came into Office, first of all, stop by this shrine, changed clothes, and offered a prayer for the place after facing Imagawa Yoshimoto and. Conucilor hit the building at the time, the Matsudaira Sakon Tayu, 6/1676, ritual of Mikoshi starts.
Up every two years a large Mikoshi circumambulation city is becoming one single summer tradition, celebration, 7/27, this practice is now, between the parishioners was taken over.
Strong in faith met since the Meiji era, over the repeated fire damage, but each building is, the more local residents near the shrine.

Furthermore in the Shun by Hirata, atsutane 撰文 Michio Miyagi Prefecture wounded shinjo's monument is.
1/1985 Shizuoka-Shi

auto-translate 小梳神社

小梳神社是普遍缩写那莱少将井公司,被称为海军上将的敬拜神的桑普城堡施工速度苏萨,奇数水稻领域生活,自己的宝贵生命作为载天照大神。
德川家康左的城堡小梳神社在桑普城堡建筑是 kan'ei (1624年-1643 年),年再次感动到其目前的位置在 0/1675 年 (1675 年),和转移从城堡。 德川家康,作为人质川善本,顺,到这座神殿充满回忆的地方作为时在办公室里,经常玩在初步梳理神社。 ",表示"到德川家康,照人质宫崎骏据说走进办公室,首先,停在这座神殿,改变了衣服,和后面临川善本为地方祈祷和。 Conucilor 击中建筑物时当时,Matsudaira 左近大禹,6/1676年,神舆仪式开始。 大神舆朝圣城市成为一个单一夏季的传统,庆祝,7/27 每隔两年,这种做法是现在,教区居民之间被接管。
具有较强的信心自明治时代,遇到重复的火的损害,但每一幢楼房,祠附近多本地居民。
此外在由平田舜,笃胤撰文道雄宫城县受伤 shinjo 纪念碑是。

1/1985
静冈市

小梳神社

 小梳神社は、俗に少将井宮(少将井社)、略して「少将さん」と呼ばれ、駿府城 の守護神として崇められていた建速須佐之男命、奇稲田姫命、大己貴命、天照皇大神が祭神である。
 徳川家康 は、駿府城造営の時も小梳神社を城内に残したが、寛永年中(一六二四~一六四三)には、城内から移転し、再度、延宝三年(一六七五)に現在の地に移された。家康は、今川義元の人質として駿府にいた時、小梳神社境内でよく遊んだ思い出の場所として、この神社を大切にしたという。「なをりその記」によると、家康が人質として駿府に来た時、まず、この神社に立寄り、服装を改め、武運長久の祈願をして、その後に今川義元 と対面したと伝えられている。当時、造営に当たった城代は、松平左近太夫 で、延宝四年六月、神輿渡御の神事がはじまった。例祭日の七月二十七日、この風習は、今なお、氏子の間に引き継がれ、隔年に大神輿が市内を巡行する姿は、夏の風物詩の一つとなっている。
 明治以来、再三にわたる火災の被害に会ったが、その都度造営されるほど、地域住民が寄せる当神社の信仰には根強いものがある。
 なお境内には、平田篤胤 撰文による駿府の国学者新庄道雄 の石碑がある。

昭和六十年一月
静岡市

テキスト化

yuraichan
2015-11-14 01:30 (526)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 徳川慶喜 小川治兵衛 伊藤博文 静岡大火 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/10/10)
タグ: 伝馬町 静岡宿 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: 勝海舟 徳川慶喜 西郷隆盛 山岡鉄太郎 鉄舟 静岡市教育委員会 有栖川宮熾仁親王 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: 駿河記 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 徳川家康 駿府鳥瞰図 呉服町 伴野宗善 auto-translate 駿府九十六ヵ町 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: 静岡県 静岡市葵区
kawa_sanpo (2015/12/27)
タグ: 静岡県 静岡市葵区