Monumento

弥勒町(みろくちょう)

kawa_sanpo

2015/11/03

タグ: 十返舎一九 東海道中膝栗毛 由比正雪 駿河志料 宮崎總五 宮崎総五 auto-translate 静岡市教育委員会 静岡県 静岡市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate Shule City (mirokuchou) Suruga will charge topography of the Edo period, current Maitreya town at abekawa River old "opened in 1617, during the Edo period introduction keicho, itinerant priest named 弥勒院 conversions (gennzoku) and, now sell cakes at the Riverside of the Abe River. This rice cake is called "安倍川餅".
This was the origin of the name "Maitreya", and is documented here.
By Hall 19 (same. Pen kojirou. go) of tōkaidōchū hizakurige (hizakurige) the "shortly after Maitreya said is here to change name turning in the specialty of 安be川mochi teahouse on both sides of not characteristically beautiful flowers and quite ' and can watch the hustle and bustle wire is noticeable, was called the"Maitreya-Chaya teahouse.
Maitreya-Cho, Hayao, located in front of the West of the castle town of the Prefecture should shun Government was receiving treatment according to the 96 months town. Abe River in the modern age, as Walker pass (kachiwarari) River had been installed for kawagoe River Association.
There are, however, greatly evolved a new change Maitreya town along with the change of the way of Abe River from the 0/1871 pass boat (watashibune) and provisional bridge (karibashi), liquid ammonia 0/1874 Miyazaki Taicang (miyazakisougo) to (annsui) bridge bridge.
Remains of many historical town of Maitreya, appeared in early modern and modern history textbooks of grade 4 YUI shōsetsu (yuishousetsu) tombs ruins monument, Showa early "abekawa Yoshio monument", "monument" for drowning and tsurugi difficult honor Miyazaki General v from the Edo period to the Meiji period widely to society did atsuyuki (tokukou) "people (Shotoku) monument" and monument of the Abe River Bridge, says Maitreya since the Edo era is now obsolete.
7/1995
Edited by Shizuoka city Board of education – – – Total Miyazaki-5

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 疏勒市 (mirokuchou)

骏将收取的江户时代,在 abekawa 河老当前弥勒镇地形"打开在 1617 年,期间江户时期介绍河内,巡回牧师名叫弥勒院转换 (gennzoku),现在卖饼在安倍晋三河河畔。 这个大米蛋糕被称为"安倍川餅"。 这是"弥勒佛",名字的由来,记录在这里。
通过大厅 19 (相同。 笔幸.转) tōkaidōchū hizakurige (hizakurige) 的"不久弥勒说是这里改变后的名字安be川mochi 茶馆两边都不典型地美丽的鲜花和相当专业车削 ' 可以看喧嚣线是引人注目,被称为"弥勒蔡茶馆。
弥勒町、 宫崎骏,位于市中心以西的城堡的自治州的前面应顺政府接受治疗根据 96 个月镇镇。
安倍晋三在现代的时代,作为沃克已为川河协会安装了通 (kachiwarari) 河河。 有,不过,大大进化新变化的安倍晋三河从 0/1871年通船 (watashibune) 和临时桥 (karibashi) 方式的变革弥勒镇液氨 0/1874年宫崎太仓 (miyazakisougo) (annsui) 桥。
许多弥勒的历史小镇的一书中,仍然出现在早期近代和现代的历史教科书的等级 4 YUI shōsetsu (yuishousetsu) 墓葬遗址纪念碑、 早期的昭和"abekawa 雄纪念碑"、"纪念碑"溺水和剑难荣誉宫崎一般 v 从江户时代到明治时期向社会广泛期做笃行 (tokukou)"的人 (等) 纪念碑"和纪念碑的安倍晋三河上的桥,说弥勒自江户时代现已过时。
7/1995
静冈市教育委员会编辑
— — — — — — 共宫崎 5

弥勒町(みろくちょう)

 江戸時代の地誌「駿河志料」には、現在の弥勒町一帯は、古くは安倍川の河原で『正保年間にひらかれ、江戸時代のはじめ慶長年間に、弥勒院という山伏が還俗(げんぞく)して安倍川の河原で餅を売るようになった。この餅を”安倍川餅”という。これが「弥勒町」の名の由来となった』と記されています。
 十返舎一九(じっぺんしゃいっく)の「東海道中膝栗毛(ひざくりげ)」には、『ほどなく弥勒といへるにいたる ここは名におふ安べ川もちの名物にて 両側の茶屋いづれも綺麗に花やかなり』と著され ”弥勒茶屋”と呼ばれた茶店の賑わい振りをうかがうことができます。
 弥勒町は、駿府の城下町の西の見付の前面に位置し、駿府九十六ヶ町に準じた扱いを受けていました。
 近世の安倍川は、歩行渡(かちわらり)の川として川越のための川会所が設けられていました。しかし、明治四年の渡舟(わたしぶね)と仮橋(かりばし)、明治七年の宮崎總五(みやざきそうご)の手になる安水(あんすい)橋の架橋からの安倍川の通行形態の移り変りと共に、弥勒の町も大きく変化を遂げてきました。
 弥勒の町には、近世以降の歴史の中で「由比正雪(ゆいしょうせつ)墓址碑」、昭和初めの小学四年の教科書に載った「安倍川の義夫の碑」、溺死や劒難者のための「慰霊碑」、幕末から明治にかけて広く社会に尽くした宮崎總五の篤行(とくこう)を称える「頌徳(しょうとく)の碑」と「安倍川架橋の碑」をはじめ、近世以降の弥勒を語る多くの歴史の跡が残されています。
平成七年七月
監修 静岡市教育委員会
---
宮崎総五

テキスト化

tenma
2015-11-17 11:23 (1)
tenma
tenma
2015-11-17 11:23 (672)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: キリシタン禁教令 駿府キリシタン 原主水 おたあジュリア 正念寺 安倍川原千日堂 ジョアン道寿 auto-translate キリシタン 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 川越人夫 喜兵衛 安倍川橋 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 川越人夫 興津川 安倍川 大井川 川会所 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 平家物語 素戔嗚尊 曽我物語 平頼盛 静岡県 静岡市