Monumento

安倍川の義父の碑

kawa_sanpo

2015/11/03

タグ: 川越人夫 喜兵衛 安倍川橋 静岡県 静岡市

案内板

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate The monument's father-in-law times River This monument is a monument of honest kawagoe laborer. Because kawagoe laborer asked the have money saved and fellow fisherman in Kishu, 0/1738 (1738) in early autumn, 150-car money abekawa, Ferryman, crossed the river yourself. However, it dropped the wallet is important, to take their clothes off. One of the laborers happened to be near (son of riemon Masahiko Kawahara-Cho Hee Samurai) met travelers back in the Valley pass Utsu, chasing after the traveler picked up the wallet and the wallet. Traveler will gladly pay the money, but said the returns that are picked up mainly cleansing is naturally so Kihei is not just delivered to key sunpu magistrate Office. The magistrate is willing Samurai should not receive calls and pass the money but the money returns to the traveler, and instead gave it to Kihei prize money from the magistrate's Office.
0/1929 (1929), by the people of Shizuoka Prefecture and Wakayama Prefecture school and volunteer fundraising abekawa this area near the bridge is a monument built in.
Inscription difficult to 臨mazu I will be loyal subjects without knowing.
臨mazu goods in it without knowing if loyal heart. 1/1985 Shizuoka city.

この内容は機械翻訳によって生成されたものです。校正にご協力ください。

auto-translate 纪念碑的岳父次河

这座纪念碑是一座纪念碑的川越诚实劳动者。 因为川劳动者要求有足够资金保存和同胞渔夫纪州制,0/1738年 (1738) 在早期秋天,150 辆车钱 abekawa,船夫,过河自己。 然而,它把该钱包掉很重要,为了把自己的衣服脱掉。 一个劳动者发生很接近 (利右卫门 Masahiko 上去赵熙武士的儿子) 满足旅行回来在谷通 Utsu,追逐后,捡起钱包,钱包里的旅行者。 旅行者会很乐意支付这笔钱,但说捡起主要为清洁的回报自然是以便基黑不只是传递到关键桑普裁判官办公室。 裁判官是愿意武士应该不接听电话并把的钱,但钱返回到旅行者,,反而把它交给基黑奖金从裁判官的办公室。 0/1929年 (1929 年),由静冈县和和歌山县学校和志愿者筹款 abekawa 人民桥附近地区是建在一座纪念碑。
铭文困难到臨mazu 我会不知道忠臣。
臨myzu 货物在它不知道是否忠诚的心。
1/1985年静冈市。

安倍川の義父の碑

 この碑は、正直な川越人夫 の顕彰碑である。元文三年(一七三八)初秋の頃、紀州の漁夫が仲間と貯めた金百五十両の大金を持って、安倍川を渡ろうと川越人夫を頼んだが、渡し賃が高いため、自分で川を渡った。しかし、着物を脱ぐ際に、大切な財布を落としてしまったのである。たまたま、その近くにいた人夫の一人(川原町彦右衛門の息子の喜兵衛)が財布を拾い旅人のあとを追い、宇津の谷峠で引き返してくる旅人に出会って財布を渡した。旅人は喜んで礼金を払おうとしたが、「拾ったものを落し主に返すのは当たり前の事だ」といって、喜兵衛はどうしても受け取らないので、駿府町奉行所に礼金を届けた。そこで、町奉行が喜兵衛を呼び出し、礼金を渡そうとしたが受け取らないので、その金を旅人に返し、代わりに奉行所からほうびの金を喜兵衛に渡したのである。昭和四年(一九二九)、和歌山県と静岡県の学童や有志の人々の募金によって、安倍川橋 の近くのこの地に碑が建てられたのである。
  碑文         難に臨まずんば忠臣の志を知らず。
              財に臨まずんば義士の心を知らず。
  昭和六十年一月           静岡市

テキスト化

yuraichan
2015-11-12 08:24 (508)
yuraichan

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 十返舎一九 東海道中膝栗毛 由比正雪 駿河志料 宮崎總五 宮崎総五 auto-translate 静岡市教育委員会 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: キリシタン禁教令 駿府キリシタン 原主水 おたあジュリア 正念寺 安倍川原千日堂 ジョアン道寿 auto-translate キリシタン 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 川越人夫 興津川 安倍川 大井川 川会所 静岡県 静岡市
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 平家物語 素戔嗚尊 曽我物語 平頼盛 静岡県 静岡市