Monumento

歴史の道 東海道のご案内

kawa_sanpo

2015/11/03

タグ: 徳川家康 東海道 源頼朝 品川宿 東海道宿村大概帳 宗長 静岡市教育委員会 手越平太家継 丸子宿 静岡県 静岡市駿河区

案内板

auto-translate Guide to the history of the Tokaido road
(History Michi and the SDF if the guidance) This route is the Tokaido road in the Edo period. Maruko (Maruko) accommodation here said origin 0/1189 (1189), Minamoto no Yoritomo, oshu flat surface of Suruga tegoshi heita House passage (to have had no pour) the Samurai Maruko area giving the station house (ekike) established. This is the area that is now 〒355 (motojuku).
Renga has served the Imagawa bonotsu (souchou) "village of Maruko, 5 and 60 homes, capital Kamakura Falstaff should be ' and wrote. During the Edo period and the Tokaido Highway development done by Tokugawa Ieyasu from Shinagawa-Juku Maruko Inn, were established in the town in the 20 th. Because it was a relatively small town from surrounding villages were supplying laborers and horses.

This is with the 助郷 system (sukegouseido). It is here you will find (finding) of the East came into the Maruko Inn place.
Find in the doorways of the town and had a traffic monitoring (eye) to function.
Remember how the Maruko Inn houses Honjin marks, wakimoto's monument and the door remains no remains building, such as Recalling bygone days on the street now known as Harajuku Street homes, frontage, depth, from.
0/1843 (1843), "Tokai road Inn village usually book (thank you do you if worshipful so mostly just) ', in Japanese (not worshipful townscape) East-West, a town 7 1 (so) home number (d) 11 hotels, which one Honjin, wakimoto's two hotels, ryokan (Inn) (d) 795 inhabitants, has recorded four.
Kishu-Han imperial called Maruko Inn,, shichirigahama shop (shichiriya) and by institutions.

Shizuoka city Board of education Is the Maruko Inn of folding screen depicting aspects of the Tokaido road in the early Edo period. Sell something in front of the House. Man holding a sword, who travel wear, people trying to cross the Abe River to the right appears.

auto-translate 指南的东海路历史
(历史米奇和自卫队如果指导)
这条路线是在江户时代的东海路。 丸子 (丸子) 住宿这里说起源 0/1189年 (1189),源没有源赖朝-oshu 平面的骏 tegoshi heita 房子通道 (要有没有倒) 武士丸子地区给派出所 (ekike) 设立。 这是现在是 〒355 (motojuku) 地区。 凡是曾川坊津 (souchou)"村庄的丸子,5 和 60 家,资本镰仓福斯塔夫应该是 ' 和写了。
在江户时期从品川补习丸子客栈,德川家康所做的东海道公路发展在建立了和镇在第 20 届。 因为这是一个相对较小的城镇,从周围的村庄都提供劳动者和马。 这是与助郷系统 (sukegouseido)。

正是在这里你将发现 (发现) 的东走进丸子客栈的地方。 找到在门口的小镇,交通监测 (眼睛) 的功能。
记住如何丸子客栈房子本阵标记,胁本的纪念碑和门仍然是建筑,如回顾往日街上现在被称为原宿街家园、 正面、 深度,从没有遗体。
0/1843年 (1843 年),"客栈村东海路通常预订 (谢谢你,如果尊贵所以大多只是),在日本 (不尊贵市容) 东西方镇 7 1 (所以) 主页数 (d) 11 酒店,哪一本阵,胁本的两个酒店、 旅馆 (Inn) (d) 795 个居民,已录得四。
纪州汉帝国称为的丸子店、 shichirigahama 店 (shichiriya) 和机构。
静冈市教育委员会

丸子客栈的屏风在江户初期描绘东海道道路的方面。 卖东西在房子的前面。 男子手持一把剑,旅行磨损,人们试图向右安倍晋三过河的人出现。

歴史の道 東海道のご案内
(れきしのみち とうかいどうのごあんない)
 この道筋は、江戸時代の東海道 です。ここ丸子(まるこ)宿は文治五(一一八九)年、源頼朝 が、奥州平定の功績により、手越平太家継(てごしへいたいえつぐ)という駿河の武士に丸子一帯を与えて駅家(えきけ)を設けたのが起原といわれています。今の元宿(もとじゅく)といわれる辺りです。戦国時代には今川家に仕えた連歌師宗長(そうちょう)も「丸子という里、家五、六十軒、京鎌倉の旅宿なるべし」と記しています。
 江戸時代になり、徳川家康 によって東海道の整備が行われると、丸子宿品川宿 から数えて二十番目の宿場町に定められました。比較的小さな宿場町であったので、周囲の村々からも人足や馬を供給していました。これを助郷制度(すけごうせいど)といいます。

 ここは東の見付(みつけ)を通り丸子宿に入ってきた所です。見付は、宿場の出入り口にあり、往来を監視(かんし)する機能をもっていました。
 現在、宿通りと呼ばれるこの通りに、往時を偲ばせるような建物は残っていませんが、本陣跡、脇本陣跡の碑や、格子戸の残る家、間口が狭く奥行きの深い家並みなどから、丸子宿のようすを思い起こすことができます。
 天保十四年(一八四三)年の『東海道宿村大概帳(とうかいどうしゅくそんたいがいちょう)』では、宿内町並(しゅくないまちなみ)東西七町、惣(そう)家数ニ一一軒、そのうち本陣一軒、脇本陣二軒、旅籠(はたご)ニ四軒、人口七九五人、と記録されています。
 丸子宿には、お七里屋(しちりや)と呼ばれる紀州藩御用を務める機関もありました。
静岡市教育委員会

 江戸時代初期の東海道の様子を描いた屏風の内の丸子宿部分です。軒先で何かを売っています。刀をさした人、旅装の人、右の方には安倍川を渡ろうとしている人も見えます。

テキスト化

tenma
2015-11-10 09:30 (779)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 徳川家康 東海道 宿場 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 芭蕉 東海道五十三次 丸子宿 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 東海道 一里塚 丸子宿 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 東海道宿村大概帳 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 東海道 道標 高札場 静岡市教育委員会 宿 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 徳川家康 東海道宿村大概帳 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 東海道 丸子宿 滝井勝広 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 静岡県 静岡市駿河区
kawa_sanpo (2015/11/03)
タグ: 東海道 静岡市教育委員会 丸子宿 静岡県 静岡市駿河区