Monumento

上十条一丁目観音堂の由来

hanacoco

2015/11/13

タグ: 庚申塔 馬頭観音 東京都 北区

案内板

auto-translate Article 1-Kannon Temple This temple is Kannon (towards the left) and we enshrined the Koshin Tower.
0/1812 (181 d) communicated even with the founded aspects in the tower "tempo 15th [Jia] Dragon" (1845) of are inscribed. Hayagriva was faith as the guardian deity of the village deity cattle, and farming, koshin Tower.
Seems that Edo period, this region is in the rural fields of that even the Kannon-abundance and well-being to pray for, was erected in a corner of the village. This temple is the current bus staff, was held at the fair. 0/1921 (19 d 1) according to local volunteers submitted at OJI police station, restart the fair in years, until it lost temporary "stalls stalls hope" (currently, Kita-ku, Asuka Mountain Museum), a fair monthly 9.19 pm 6-is assumed to be held at 11 am, from crossing over to more than 100 meters towards the Prince, though street vendors.
This fair is was held 0/1925 until then. Current Temple was rebuilt by volunteers of 0/1986 (1986), is.
It is our Kannon Edo since jizo defend keeps has me continue forever and enshrined and I want.
0/2010 (2010) in January present On article 10 1-goddess of mercy Chapel preservation society

auto-translate 文章 1 观音寺
这座寺庙是观音 (向左) 和我们所载 Koshin 塔。 0/1812 (181 d) 甚至相通的成立方面在塔"节奏 15 [家] 龙"(1845) 的都刻。
明王是作为村神牛和耕作,koshin 塔的护法神的信仰。 似乎那江户时代,这个地区是在乡村的田地里的即使观音丰度和福祉祷告,被架设在村子的一角。
这座寺庙是当前总线工作人员,在博览会举行。 0/1921 (19 d 1) 根据当地志愿者,在王子警察局,提交在年,直到它失去了临时的"档档希望"重新启动公平 (目前,北谷,飞鸟山博物馆),一个公平每月 9:19 下午 6-假定举行 11 上午,从跨越到 100 多米对王子,虽然街头小贩。 这次博览会是在那之前举行了 0/1925年。
当前寺庙重建由志愿者 0/1986 年 (1986 年),是。 它是我们观音江户由于菩萨捍卫保持了我永远继续下去和庄严,我想。
2010 年 0 月 (2010 年) 在 1 月的礼物
第 10 1-观音教堂保存社会条

上十条一丁目観音堂の由来
 当観音堂は、馬頭観音(向かって左側)と庚申塔 を安置しております。文化九(一八一ニ)年の創建とも伝えられ、庚申塔の側面には「天保十五[甲]辰」(一八四五年)の銘が刻まれています。
 馬頭観音は牛馬の、ひいては農耕の守り神、庚申塔は集落の守り神として信仰されました。江戸時代、このあたり一帯は畑が広がる農村で、この観音堂も豊穣と安寧を祈願するため、集落の一隅に建立されたものと思われます。
 当観音堂は、古くは現在のバス通りに面しており、縁日も開かれていました。大正十(一九ニ一)年、それまで一時途絶えていた縁日を再開すべく、地元有志が王子警察署に提出した「露店出店願」(現在、北区飛鳥山博物館所蔵)によると、縁日は毎月九・十九日の午後六~十一時に開催され、踏切際から王子方面へ百メートル以上にわたり露店が立ち並んだものと推測されます。こうした縁日は、その後、昭和十年代初めまで開かれていたようです。
 現在の観音堂は、当地の有志によって昭和六十一(一九八六)年に建て替えられたものです。江戸時代以来、地蔵を守りつづけてきてくれた当観音堂を、今後も末永くお祀りしていきたいものです。
平成二十二(二〇一〇)年一月吉日
上十条一丁目観音堂保存会

テキスト化

tenma
2015-11-17 11:31 (530)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 加賀藩 前田家 野口遵 軍工場 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 参勤交代 板橋宿 板橋区教育委員会 松平容保 加賀藩 前田家 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 1905 1923 電気軌道 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 日露戦争 1905 東京都北区教育委員会 東京都 北区
hanacoco (2015/12/28)
タグ: 東京都 板橋区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 北区教育委員会 河東碧梧桐 寺野守水老 小林鶯里 東京都 北区
kawa_sanpo (2015/08/16)
タグ: 石神井川 北区教育委員会 東京都 北区
shijia (2016/06/14)
タグ: 東京都 北区