Monumento

夏目漱石旧居跡(区指定史跡)

hanacoco

2015/11/24

タグ: 文京区教育委員会 森鴎外 夏目漱石 観潮楼 東京都 文京区

案内板

auto-translate His stone house mark (cultural heritage,)
Japan Medical University Alumni Hall, bunkyo-Ku towards Hill 2-20-7 Stone of Natsume Soseki's real name, kinnosuke. 0/1867-0/1916 (1867-1916). Novelist. Had the House until this Soseki in England from returning home after the 3/1903 12/39, current nishikata 1-move from 3 years and 10 months.
(The landlord AKAN fixture Saito of Tokyo synchronization) Soseki was, as Tokyo Imperial University English Department, primary school teachers teaching in this area first took creative writing.
The work of "I am a cat ' as the stage is called"Cat House", was popular. Masterpieces such as "London towers (ronndonntou) ' and 'boy' kusamakura announced one after another, the representation name to literary fame.
In Soseki's works of the birthplace. More than a year from about 13 years before settling down in Soseki's 10/1890 live ogai Mori and to literary activity.
Ogai is moved from here to the dumpling Sakagami tide watch tower. As a residential two-writer, Soseki literature originated in important historical sites modern literary history.
Former is store was moved to Meiji-Mura in Inuyama-Shi, Aichi.
Cultural folk love to bring up
Board of education of bunkyo-Ku 3/1995

auto-translate 他的石头房子马克 (文化遗产)
日本医学大学校友霍尔,文京对山 2-20-7
石头的夏目漱石的真实姓名,kinnosuke。 0/1867年-0/1916 (1867年-1916)。 小说家。 有房子直到英格兰这漱石从回家后 3/1903年 12/39,当前西片 1 移动从 3 年 10 个月。 (房东阿寒湖夹具齐藤的东京同步)
东京帝国大学英语系,第一次在这一领域教学的小学教师花了创意写作是漱石。 工作的"我是一只猫 ' 的阶段被称为"猫屋",是最受欢迎。
如杰作"伦敦塔 (ronndonntou) ' 和 '男孩' 漱宣布一个接一个,表示名称文学成名。 在漱石的作品的诞生地。
一年多从 13 年前定居在漱石的 10/1890年活森鸥外和文艺活动。 鸥是从这里搬到饺子坂上潮监视塔。
作为住宅两个作家,漱石文学起源于重要的历史遗迹现代文学史。 前者是商店被移到明治村在爱知县犬山仕。
文化的民间爱情造就
文京教育理事会
3/1995

夏目漱石旧居跡(区指定史跡)
日本医科大学同窓会館 文京区向丘2-20-7
 夏目漱石 本名・金之助。慶応3年〜大正5年(1867〜1916)。小説家。この地に漱石がイギリス留学から帰国後の、明治36年3月から39年12月、現在の西片1丁目に移るまで、3年10か月住んだ家があった。(家主は東大同期の斉藤阿具氏)
 当時、東京帝大英文科、第一高等学校講師として教職にあった漱石は、この地で初めて創作の筆をとった。その作品『吾輩は猫である』の舞台として、“猫の家”と呼ばれ親しまれた。
 この地で、『倫敦塔(ろんどんとう)』『坊っちゃん』『草枕』などの名作を次々に発表し、一躍文壇に名をあらわした。漱石文学発祥の地である。
 漱石が住む13年程度前の明治23年10月から1年余り森鴎外 が住み、文学活動に励んだ。鴎外は、ここから団子坂上の観潮楼 へ移っていった。
 二大文豪の居住の地、漱石文学発祥の地として、近代文学史上の重要な史跡である。旧居は、愛知県犬山市の「明治村」に移築保存してある。
郷土愛をはぐくむ文化財
文京区教育委員会
平成7年3月

テキスト化

tenma
2015-12-03 12:13 (469)
tenma

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/11/24)
タグ: 森鴎外 夏目漱石 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/24)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/24)
タグ: 太田道灌 森鴎外 太田摂津守 太田資次 東京都 文京区
kunitenten (2016/07/20)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/24)
タグ: 御府内備考 新編武蔵風土記 auto-translate 日本武尊 東京都 文京区
hanacoco (2015/12/30)
タグ: 東京都 文京区
sanpocafe (2014/11/24)
タグ: 講 庚申塔 庚申 青面金剛 三猿 文京区教育委員会 民間信仰 根津神社 寛文 1668 庚申供養 元禄 1692 延宝 1680 梵字 寛永 1632 宝永 寛永九年 庚申信仰 道教 猿田彦 道祖神 auto-translate 元和九年 東京都 文京区
hanacoco (2015/12/23)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2015/12/04)
タグ: 文京区教育委員会 近衛天皇 東京都 文京区