Monumento

中河原の道標

yaonyaosuke2

2014/09/06

タグ: 西国街道 中川清秀 茨木市教育委員会 亀岡街道 郡山宿本陣 太田茶臼山古墳 新屋坐天照御魂神社 大阪府 茨木市

案内板

auto-translate Nakagawara signpost This area is the intersection West country road Ibaraki city, runs east to West and Kameoka road runs North-South.
History is said to be born nakagawara-Cho, h.w. as Ibaraki castle town Nakagawa kiyohide. Nakagawa kiyohide was born as the eldest son of the Duke of Sado Mamoru Nakagawa shigekiyo.
According to Nakagawa of Shu, 0/1542 Mibu Tora-San (1542 years) "Kami Castle State Institute without was dedicated with the birth name Toranosuke, quarrying by Lieutenant ' and besides three explaining toutozou was born, and detail where I don't know, but in the Qing Su Temple library located here from nakagawara perturbation in island County and is also considered. And go about 1.5 Km to the East, and kōriyama-Juku Honjin ( Camellia Honjin ) famous as accommodation to stay shougun during the Edo period, when the daimyo of the Western countries go from here saigoku-Kaido approximately 1 Km to the West, and "OTA chausuyama tumulus ( 26 times of Emperor Ling ) ', such as may.
Also Araya mounds Kameoka Road North go approximately 0.8 Km and the deus ex machina of Nakagawa kiyohide, Fukui 'Araya heaven light soul of your shrine"and late Kofun period (late 6th century), also 0/748 (784 years) line that is based on open" kylin Dragon Temple ", may.
Streets of scenic mountains to the North, and continues into Kameoka city, Kyoto Prefecture. Ibaraki City Board of education

auto-translate Nakagawara 路标
这一领域是交叉口西国家道路茨城县市,跑东部到西部和山阴路运行南北。历史上据说是出生的 nakagawara 町,作为茨城县城堡镇中川清秀 h.w.。
中川清秀出生作为公爵的茶道中守川镇清的长子。蜀中川昭一,0/1542年三生 Tora-San (1542 年) 根据"Kami 城堡国家研究所没有专门的诞生名字 Toranosuke,由中尉采石 ' 和除了三个解释 toutozou 出生,和细节在哪里我不知道,但在清苏寺库位于此处从 nakagawara 中岛县摄动和也被认为是。
去约 1.5 公里至东和福岛补习本阵山茶本阵) 著名的住宿,留在江户时期,当西方国家的大名去从这里 saigoku-街渡约 1 shougun 公里到西部,和"OTA chausuyama 古墓 26 倍的皇帝岭) ',如 5 月。也阿瑞亚丘山阴路北走大约 0.8 公里,鬼使神差的中川清秀,福井威夫 ' 阿拉亚天堂光灵魂的你靖国神社"和晚坟时代 (6 世纪后期),也基于"麒麟龙寺",开放的 0/748 (784 年) 线可能。
向北,山上风景的街道,并持续到京都府府龟冈市。
茨城县市教委

中河原の道標
 この地は、茨城市内を東西に走る西国街道 と、南北に走る亀岡街道 が交差するところです。町名を「中河原町」といい、茨城の城主として名を連ねている「中川清秀」が生まれたといわれる由緒地です。
 中川清秀は、中川佐渡守重清公の長男として生まれました。『中川史料集』によると、天文十一年壬寅(一五四二年)「城州所詳らかならずに於て、御誕生御名虎之助、後瀬兵衛尉と称し奉る」とあり、生まれた詳しい場所はわかりませんが、清秀の菩提寺である梅林寺の蔵書に、摂州島下郡中河原とあることから、この辺りであるとも考えられています。
 ここから西国街道を、西へ約一Km 行くと、江戸時代の参勤交代などの時に、西国の大名が宿泊する宿として有名な「郡山宿本陣(椿の本陣)」があり、東へ約一・五Km行くと、「太田茶臼山古墳(第二十六代継体天皇陵)」などがあります。また亀岡街道を、北へ約〇・八Km行くと、中川清秀の氏神である福井の「新屋坐天照御魂神社」や古墳時代後期(六世紀後半)の「新屋古墳群」、また天平二十年(七八四年)行基の開基といわれる「麒麟山真龍寺」などがあります。
 さらに北へは、風光明媚な山地部を通り、京都府の亀岡市へと続いています。
茨木市教育委員会

テキスト化

monumento
2014-09-06 19:05 (530)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 西国街道 参勤交代 中河原 山陽道 山崎通 白井河原の戦い 中川清秀 大阪府 茨木市
yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 西国街道 五街道其他分間見取延絵図 茨木市教育委員会 江戸時代 auto-translate 五街道 脇街道 大阪府 茨木市
yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 徳川幕府 江戸時代 一里塚 参勤交代 三条実美 大阪府教育委員会 高槻市教育委員会 大阪府 高槻市