Monumento

高村光太郎旧居跡(たかむらこうたろうきゅうきょあと)

hanacoco

2015/11/24

タグ: 新詩社 東京美術学校 文京区教育委員会 高村光雲 高村光太郎 明星 パンの会 長沼智恵子 東京都 文京区

案内板

auto-translate Midori Mitamura taro old residence of (Kotaro Takamura would be kyuukyo later)
Sendagaya 5-22-8 Kotaro Takamura [0/1883 (1883)-0/1956 (1956)], sculptor, poet, and poet.
Sculpture homes village Koun (plowing forward's eldest son (chounann) as born in shitaya Taito-ku (shitaya), during the 10-year-old, from here where he grew up, he moved near (currently, sendagaya wood 5-20-6). Graduated from sculpture Department of Tokyo art school (now Tokyo University of Arts) studying in Europe and America, they are wholly devoted to Rodin.
As a poet, studying at the ' new poetry company (shinnshisha) joined, Meisei (myoujou) to articles (kikou) and, took part in the "bread Board". The wooden 0/1912 (1912) into the housing in this area from the father's House, designed by myself and look wacky Atelier blacked-out was completed. Since then, numerous sculptures and poems and other works was born here.
Naganuma, Chieko (Chieko) married 0/1914 (1914), 0/1938 (1938) lived alone after the bereavement. 0/1945 (1945) dwellings destroyed in the April war, and Iwate Prefecture, hanamaki (hanamaki) in hesaka were. 0/1952 younger Nakanishi Toshio Nakano-Ku, Peach Orchard (momozono) town Studio. 0/1956 (1956) in April, with 73-year-old's death.
Cemetery is somei cemetery in komagome, Toshima-Ku (someireienn).
Cultural folk love to bring up
Board of education of bunkyo-Ku 3/1995

auto-translate Midori 北关芋头的故居 (高村光太郎 kyuukyo 稍后会)
千驮谷 5-22-8
高村光太郎 [0/1883 年 (1883年)-0/1956 年 (1956 年)],雕刻家、 诗人和诗人。 雕塑家园村浩运 (犁向前是长子 (chounann) 出生于 shitaya 上野 (shitaya),在 10 岁大的孩子,从这里他长大的地方,他靠近 (目前,千驮谷木 5-20-6)。
毕业于雕塑系东京美术学校 (现东京艺术大学) 学习在欧洲和美国,他们是完全致力于罗丹。 作为一个诗人,在学习新诗歌公司 (shinnshisha) 加入,明星 (myoujou) 的文章 (kikou),并参加了"面包板"。
木制 0/1912 年 (1912 年) 入这一领域从父亲的房子的屋,由自己和古怪工作室涂黑了完成的外观设计。 自那时以来,许多雕塑和诗歌及其它作品出生在这里。 长沼,千惠 (千惠) 结婚 0/1914年 (1914 年),0/1938年 (1938) 独自一人后丧亲之痛。
0/1945年 (1945) 住宅毁于 4 月战火,和岩手县花卷 (花卷) 户坂中了。 0/1952年年轻中西俊男中野町,桃果园 (桃园) 城工作室。 0/1956年 (1956 年) 四月,73 岁的死亡。 公墓是来公墓在驹込,丰岛 (someireienn)。
文化的民间爱情造就
文京教育理事会
3/1995

高村光太郎旧居跡(たかむらこうたろうきゅうきょあと)
千駄木5-22-8
 高村光太郎〔明治16年(1883)~昭和31年(1956)〕は彫刻家・詩人・歌人。彫刻家高村光雲(こううん)の長男(ちょうなん)として台東区下谷(したや)に生まれ、10歳の時に、ここからすぐ近く(現・千駄木5-20-6)に移り、そこで育った。
 東京美術学校(現・東京芸大)彫刻科を卒業して欧米に留学、ロダンに傾倒する。詩人としては、在学中「新詩社(しんししゃ)」に加わり、「明星(みょうじょう)」に寄稿(きこう)し、「パンの会」にも参加した。
 明治45年(1912)に住居を父の家からこの地に移し、自分で設計した木造・外観は黒塗りの風変りなアトリエが完成した。以後、ここで数多くの彫刻・詩などの作品が生まれた。大正3年(1914)長沼智恵子(ちえこ)と結婚、昭和13年(1938)死別後は一人で暮らした。
 昭和20年(1945)4月の戦災で住居は焼失し、岩手県花巻(はなまき)に疎開(そかい)した。昭和27年中野区桃園(ももぞの)町の中西利雄のアトリエに仮寓。昭和31年(1956)4月、73歳で没。墓地は豊島区駒込の染井霊園(そめいれいえん)。
郷土愛をはぐくむ文化財
文京区教育委員会
平成7年3月

テキスト化

tenma
2015-11-27 11:48 (542)
tenma
hanacoco
hanacoco

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

hanacoco (2015/11/25)
タグ: 高村光雲 高村光太郎 旧町名案内 上野寛永寺 徳川家霊廟 宮本百合子 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/25)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/24)
タグ: 文京区教育委員会 坂 天狗 狸 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/24)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/25)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/25)
hanacoco (2015/11/25)
タグ: 東京都 文京区
hanacoco (2016/08/23)
タグ: 黄檗宗 東京都 文京区
hanacoco (2015/11/24)
タグ: 坂 森鴎外 御府内備考 夏目漱石 高村光太郎 東京都 文京区