Monumento

交通の要衝 中河原

yaonyaosuke2

2014/09/06

タグ: 西国街道 参勤交代 中河原 山陽道 山崎通 白井河原の戦い 中川清秀 大阪府 茨木市

案内板

auto-translate Transportation hub nakagawara
Nakagawara along West, Temple River South from Shirai River at the confluence of Saho River and Temple of fine Highland Village has been formed. Western Highway runs East-West Village, Nara heijo-Kyo (NARA) and road is called linking Kyushu yōdō (Dazaifu road), leading to Kyushu from Heian-Kyo (Kyoto) in the Heian period, Kamakura era and beyond was traffic army during the war is noble or high priest.
In addition, during the Edo period Yamazaki and as a side road, a connecting Nishinomiya with Fushimi during their sankin kōtai daimyos and officials, as well as a West country 33, Mairi who relied upon.
清坂-etsu Expressway between Fukui and the Ninja Temple, Oiwa, 清坂 pass and southward from the Kameyama Mishima road leading to the Sanyo Expressway, on the other hand, Naniwa Palace Street after the passing of the Nagara and Suita city unobe and Tamba (present Kameoka City) two North-South roads ( Meiji 25 years new Kameoka road ) nodal point.
Historical birthplace was fresh in Shirai Kawahara 0/1571 only became the biggest battle in Ibaraki city in 1571, the battle deeds of arms, with the place territory of the 40400 stone as the sengoku daimyo Ibaraki Castle Nakagawa kiyohide ( Castle State theory of 100th and ) even there.
Nakagawara village separated from Fukui village 0/1617 (1617), 0/1888 1888, again Fukui village after the merger, 0/1955 (1955) by merger with Ibaraki-city has reached today.
Originally, this place, as the town involved the exchange of people, goods and culture have evolved Fukui village and sibling relationships.
Ibaraki City Board of education

auto-translate 交通枢纽 nakagawara

Nakagawara 沿西,寺河南从特性河格河的交汇处和精细海兰村寺已经形成。
西部公路跑村东-西、 奈良平城京 (奈良) 和道路被称为链接从平安京 (京都) 通往九州的 yōdō 九州 (太宰府路),在平安时期,镰仓时代,超越了交通军队在战争期间是高贵的或大祭司。此外,在江户时期山崎和作为一侧的道路,连接与羟 kōtai daimyos 和官员,期间伏见西宫,一个西方国家 33,玛莉依赖的人。
清坂-越高速公路的福井和忍者寺、 地、 清坂通行证和向南从龟山岛通往三洋高速公路,另一方面,长良和吹田市 unobe 通过后浪速宫街和 · 坦巴 · (目前山阴城) 两个南北道路明治 25 年新山阴路) 节点点之间。
历史的出生地是新鲜的特性上去 0/1571年只成为了最大的战役在茨城县市 1571 年,武器,与 40400 石头作为仙谷由人大名茨城县城堡中川清秀城堡国家理论的第 100 和 () 甚至那里的地方境内的战斗事迹。
Nakagawara 村庄分开福井村 0/1617年 (1617) 0/1888年 1888 年,再次福井村合并后,0/1955年 (1955 年) 通过与茨城县市合并已达到今天。
原来,这地方,因为镇所涉及的人、 货交流文化进化福井村和同级的关系。
茨城县市教委

交通の要衝 中河原

 中河原 は、佐保川と勝尾寺川が合流する白井河原から西、勝尾寺川南沿いの微高地に集落が形成されています。
 集落を東西に「西国街道」が走り、奈良時代には平城京(奈良)と九州を結ぶ山陽道(太宰府道)と呼ばれ、平安時代には平安京(京都)から九州に通じる道となり、鎌倉時代以降も貴族や高僧が、戦乱期には軍勢が往来していました。また、江戸時代には山崎通 と称され、伏見と西宮を結ぶ脇街道として参勤交代 の際の諸大名や役人のほか、西国三十三ヶ所参りの人たちが利用していました。
 一方、難波宮から長柄や吹田の渡しを経て、市内宇野辺を通り山陽道に通じる三嶋路と、丹波の亀山(現亀岡市)から南進して清坂峠を越え、忍頂寺、大岩から福井を結ぶ清坂越道の2本の南北道(明治25年新設の亀岡街道)の結節点となりました。
 茨木市域内では唯一最大の合戦となった元亀2年(1571年)の白井河原の戦い で武勲をたて、戦国大名として4万400石の所領をもつ茨城城主となった中川清秀 が生まれた由緒地(城州生誕説あり)でもあります。
 元和3年(1617年)福井村から分かれた中河原村は、明治21年(1888年)再び福井村に合併後、昭和30年(1955年)茨木市との合併で今日に至っています。
 もともと、当地は福井村と兄弟姉妹の関係で、人、物、文化の行き交う町として発展してきました。
茨木市教育委員会

テキスト化

monumento
2014-09-06 16:48 (597)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 西国街道 中川清秀 茨木市教育委員会 亀岡街道 郡山宿本陣 太田茶臼山古墳 新屋坐天照御魂神社 大阪府 茨木市
yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 西国街道 五街道其他分間見取延絵図 茨木市教育委員会 江戸時代 auto-translate 五街道 脇街道 大阪府 茨木市
yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 徳川幕府 江戸時代 一里塚 参勤交代 三条実美 大阪府教育委員会 高槻市教育委員会 大阪府 高槻市