Monumento

西国街道・髭の渡し

yaonyaosuke2

2014/09/06

タグ: 西国街道 兵庫県 尼崎市

案内板

auto-translate Saigoku-Kaido and beard passing by There was Western Highway over MUKOGAWA River during the Edo period around this ferry. Said beard passing and named after was engaged in elderly bearded bearded West Kunyang village along the road and. Made 0/1806 (1806) by order of the Edo shogunate "Yamazaki fractions between rolled drawings ', across the MUKOGAWA River road route of cross-strait BTW is choppy, but passing was here.
The ferry is not portrayed, but along the highway of Amagasaki note bearded Chaya and 'position (Institute for laborers to rest) and building are drawn. This pass is from the East River to the West beyond Tsunematsu villages and West Kunyang 2 months village once doesn, from West River to the East crossed the improving village, on kamioichi village. Under the great city village ( none Nishinomiya City's current ) of 3 months village was manned by both.
Every year from mid-October the following year until the spring equinox, Itabashi bridge was, was passing across the shoulders of laborers by during the time has swollen, but later was made passing by in a boat.
This pass has been used on numerous people, such as sankin kotai daimyo and traffic travelers are Jia Wu Bridge bridge downstream at the end of the Meiji era lasted saigoku-Kaido Shindo (now route 171 lines) that can.
Hyogo Prefecture Nishinomiya public works Office Amagasaki City

auto-translate Saigoku 街渡和路过的胡子
在武库川河在江户时期这个渡口周围没有西部公路。长者胡子胡子西昆阳村的道路上从事说的胡子传球和命名为和。作 0/1806年 (1806) 江户幕府的命令"山崎分数之间热轧图纸 ',武库川河路对面的两岸路线顺便说一句是波涛汹涌,但路过这里。渡船不被描绘,但尼崎公路沿线注胡子查雅和 ' 绘制位置 (劳动者休息研究所) 和建筑。
这张通行证是从东河向超越恒松乡村和西部昆阳 2 个月村西一旦不能,从西部河向东跨过改善村庄,在 kamioichi 村上。在伟大的城市村庄下没有一个由两个把守西宫市当前 () 的 3 个月的村庄。每年从次年春分、 板桥桥了,路过由劳动者的肩上,在时间期间直到 10 月中旬已经肿了,但后来写了路过的一艘船。
这张通行证已被无数的人,如羟各地大名和交通旅行是杨家坞桥桥下游在明治时代的结束持续了可以的 saigoku 街渡兴东 (现在路线 171 线)。
兵库县自治州西宫公共工程办公室
尼崎市

西国街道・髭の渡し
 この付近には江戸時代に武庫川を超える西国街道 の渡し場がありました。街道沿いの西昆陽村に髭をはやした老人が営む茶屋があったことから「髭の渡し」と名づけられたといわれています・。江戸幕府の命令によって文化3年(1806)に作られた「山崎通分間延絵図」を見ると、武庫川の河原をはさんで街道の道筋が両岸の堤のところで途切れていますが、ここに渡しがありました。渡し場の様子は描かれていませんが、尼崎側の街道沿いに「髭茶屋」や「立場(人足が休息する所)」と注記された建物が描かれています。
 この渡しでは東から西への川越えは常松村と西昆陽村の2カ村が月番で受け持ち、西から東への川越えは、段上村、上大市村。下大市村(いずれも現在は西宮市)の3カ村が月番で受け持っていました。例年10月中旬から翌年春の彼岸までは、板橋が架けれら、水量が増した時には人足の肩越えによる渡しが行われていましたが、後には船での渡しが行われるようになりました。
 参勤交代の大名や往来の旅人など数多くの人々に利用されてきたこの渡しは、明治の終わりに下流に甲武橋が架けられ、西国街道の新道(現国道171号線)ができるまで続きました。
兵庫県西宮土木事務所
尼崎市

テキスト化

2014-09-06 23:30 (519)
yukip

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ

周辺の案内板

yaonyaosuke2 (2014/09/06)
タグ: 坂上田村麻呂 坂上是則 三十六歌仙 藤原道長 大覚僧正 坂上頼泰 坂上宗清 津国屋勘三郎 auto-translate 西国街道 大鹿景観形成協議会 兵庫県 伊丹市
wawa (2017/04/09)
タグ: 遺跡 史跡 auto-translate 資料館 兵庫県 尼崎市
wawa (2017/06/10)
タグ: 兵庫県 尼崎市
wawa (2017/06/13)
タグ: 兵庫県 尼崎市