Monumento

伊賀上野城

i947

2014/09/07

タグ: 徳川家康 藤堂高虎 川崎克 奥川吉三郎 白鳳城 三重県 伊賀市

案内板

auto-translate Iga Ueno Castle 0/1608 ( 1608 ) August, tōdō Takatora IGA 100000 stone, in Ise Province in country 100000 country 20000 country became the utsf of Iyo inside.
(Later to be over 323954 stone)
Thicker confidence of Tokugawa Ieyasu and the move is also anti labor of Kii and Daiwa holding and fortification expert, with Toyotomi punitive approaches to the 0/1611 ( 1611 ) honmaru of Iga Ueno Castle new year's day, West extended, with high stone walls is about 30 meters in height.
So end to 0/1614 ( 1614 ) Osaka winter and summer 0/1615 ( 1614 ) and Tokugawa side victory after the shogunate daimyo's Castle construction strictly prohibited under construction five-layer Castle Tower collapsed in the big storm hit this place 9/2, 0/1612 ( 1612 ) Ueno Castle was not rebuilt, but as the castle of IGA province until the Meiji 城代家老, survived. Present donjon is a politician here from Kawasaki, etc. of Kumano forest House Interior River kichisaburo cooperation also sold antiques to cherish their own finance the reconstruction, completed in 10/18 0/1935 (1935), IGA culture and industry Castle and named as IGA industrial Exhibition Hall, from the elegant appearance and hakuho Castle (はくほうじょう) called, is familiar.

auto-translate Iga 上野城堡
0/1608年 1608年) 8 月,tōdō 高虎 IGA 100000 的石头,在 Ise 省在国家 100000 20000 国家国家成为伊予里面的 utsf。(稍后将超过 323954 石)
德川家康和移动的厚信心也反劳工的纪伊和大和银行控股和设防专家,与丰臣惩罚性办法 0/1611年 1611年) 城主的 Iga 上野城堡新一年的一天,西推广,高高的石墙是高度在 30 米左右。
因此,最终到 0/1614年 1614年) 大阪冬季和夏季 0/1615 年 1614年) 和德川方胜利后幕府大名城堡建设严格禁止在建五层城堡塔塌了,在这场大风暴袭击这个地方 9/2,0/1612年 1612年) 上野城堡不被重建了,但是作为城堡的 IGA 省直到明治城代家老,活了下来。
目前 donjon 是一位政治家在这里从川崎、 熊野林的房子室内河 kichisaburo 合作等也卖古董要珍惜自己的财政重建,完成 10/18 0/1935年 (1935),IGA 的文化和产业城堡和命名为 IGA 工业展览大厅,从优雅的外观和横岗城堡 (はくほうじょう) 叫,是熟悉。

伊賀上野城
 慶長十三年(一六〇八)八月、藤堂高虎 は伊賀の国十万石、伊勢国の内で10万国伊予の国の内で二万国に移封となった。(のちに三十二万三千九百五十四石余となる)
 移封は、徳川家康 の信任が厚かったのと、紀伊や大和の反省力の押さえと築城の名手でもあり、目前にせまる豊臣家討伐に備えたもので、慶長十六年(一六一一)正月、上野城の本丸を西に拡張、高さ約三十メートルという高石垣をめぐらした。
 建設中の五層の天守閣は、慶長十七年(一六一二)九月二日、当地を襲った大暴風で倒壊、その後、慶長一九年(一六一四)の大阪冬の陣、元和元年(一六一四)の夏の陣と徳川側の勝利に終わり、幕府は諸大名の城普請を厳しく禁止したので上野城の天守閣は再建されなかったが、伊賀国の城として明治まで城代家老を置いて存続した。
 現在の天守閣は、当地出身の政治家川崎克 氏が、熊野の山林家奥川吉三郎 等の協力を受け、また自らが愛蔵する古美術品を売却して復興資金を調達、昭和十年(1935)十月十八日に落成、伊賀の産業陳列館として「伊賀文化産業城」と名付けられたが、優雅な姿から白鳳城(はくほうじょう)と呼ばれて親しまれている。

テキスト化

monumento
2014-09-08 09:34 (502)
monumento

コメント・周辺画像

あしあと

0 footprints lefted here.

埋め込みタグ

案内板まとめ